三木合戦ゆかりの地めぐり その23 ~太閤岩~

志方城から南西に5kmほど離れた場所にある岩山に、「太閤岩」と名付けられた岩があると聞き、足を運んでみました。
伝承によると、羽柴秀吉が志方城を攻めたとき、本陣を置いた山肌にある岩に腰を下ろし、采配をとったとのこと。
ネットで場所を調べると、加古川市西神吉町辻の北側の岩山の中腹ということで、たぶんこの山だと予想して登ってみることに。

e0158128_18534452.jpg

e0158128_18535884.jpg

登山口を見つけるのに苦労したのですが、高御位山の登山道の途中にあるとの情報を得て見つけました。
目印はこの地蔵堂で、この向かい側から入山します。

e0158128_18564057.jpg

登山道は整備されていて歩きやすくなっていましたが、傾斜はかなりキツくつづら曲がりの山道で、登山に慣れていないわたしには結構ハードでした。

e0158128_18565223.jpg

で、ようやく開けた場所にある岩肌を見つけたのですが・・・どうも様子が違うようで、目的の岩はまだ先のようです。
さらに奥に進んでみると、山道は下り始めました。

e0158128_1858461.jpg

どうやら、その向こうに見える山のようで、せっかく登ったのに、また下って登るのか・・・と思うと、どっと疲れが・・・。

e0158128_18593734.jpg

望遠レンズで見てみると、中腹にそれっぽい岩と、看板らしき白い板が見えます。
どうやらあそこのようですね。
目標が定まったので、気を取り直して進みます。

e0158128_1904198.jpg

で、ようやく目標の岩にたどり着きました。

e0158128_192136.jpg

e0158128_1921137.jpg

白い板は、予想どおり看板でした。
やはり、思ったとおりここが太閤岩でした。

e0158128_1934796.jpg

岩からの眺望は見てのとおり絶景です。

e0158128_195471.jpg

南は高砂の浜から加古川市全域、200度以上の大パノラマで、写真では霞んで見えませんが、はるか南東の向こうには、明石海峡大橋淡路島まで見渡せます。

e0158128_1912218.jpg

北東は志方地区全域を一望でき、たしかに、この岩に立てば、志方城のみならず、神吉城、野口城、中道子山城など、この一帯の敵方の城がすべて見渡せます。
本陣を置くには持ってこいの場所だったでしょうね。
ここは「その21」で紹介した生石神社から2kmほど北上した場所で、あるいは、生石神社から陣所の申し出を断られ、代わりに陣を置いたのがこの場所だったのかもしれません。

e0158128_19152834.jpg

ただ、調べてみると、志方城攻めに秀吉が参陣していたという記録は残っていません。
記録によると志方城を包囲していたのは織田(北畠)信雄軍で、このとき秀吉は、本陣を置いた書写山に詰めていたようです。
まあ、書写山はここからそう遠くありませんから、記録に残っていないだけで、1日くらい顔見せに来たかもしれませんけどね。

e0158128_19162790.jpg

本当に太閤さんが座ったかどうかはわかりませんが、太閤気分になって岩に腰掛けてみるのもいいものです(少々怖いですが・・・)。
まあ、いいハイキングでしたね。

次は、太閤岩からも見えた中道子山城を訪れます。



「三木合戦ゆかりの地めぐり」シリーズの他の稿は、こちらから。
   ↓↓↓
三木合戦ゆかりの地


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-06-12 19:00 | 三木合戦ゆかりの地 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/23203763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 花燃ゆ 第24話「母になるため... 酒鬼薔薇聖斗の手記出版について思う。 >>