花燃ゆ 第33話「花となるために」 ~革命成立~

 高杉晋作を中心に立ち上がった反乱軍は、日に日に勢力を増していき、やがて藩政府軍を圧倒。椋梨藤太を首領とする俗論党は、政権運営の後ろ盾となる軍事力をほぼ失います。こうなると、あとは革命軍の連戦連勝、政権交代は時間の問題となるのですが、ここで登場するのが中立の立場をとる集団で、そのほとんどが萩の上士団のなかからあらわれ、かれらは自らを「鎮静会議員」と称しました。中立といっても、その主張は晋作ら反乱軍と変わらず、諸隊が武力に物をいわせた過激派というのに対し、鎮静会議員たちは、事の荒立てずに穏便に鎮静させようという調停勢力でした。その数は革命軍が勢力を増すのと並んで膨れ上がり、絵堂・大田の戦いで藩政府軍が敗れたあとは、約200人に及んでいました。ちなみに、「議員」という呼称が日本史に初めて登場したのは、このときだそうです。

 鎮静会議員の代表者たちは、内戦の終息をはかるべく和平交渉に動き始めます。そのなかには、吉田松陰の実兄・杉梅太郎(民治)もいました。梅太郎は温厚篤実を絵に描いたような人物だったといわれ、調停役にはもってこいの存在だったのでしょうね。梅太郎らは元治2年(1865年)1月16日に萩城に赴き、藩主・毛利敬親に対して、反乱軍の主張をのむよう諌言します。

 一方で、反乱軍が占拠する山口には、香川半介、桜井三木三、冷泉五郎、江木清治郎の4名が和平交渉の使者として赴きます(ドラマでは、このメンバーにも梅太郎が入っていましたが)。そこで彼らは、藩主の説得を約束するとともに、ひとまず萩には突入しないよう休戦を促します。ところが、その帰路、彼らは和平を良しとしない藩政府軍の刺客に襲撃され、香川、桜井、冷泉は絶命、江木も深手を負います。

 これを知った晋作らは激怒し、休戦勧告を無視して海上からさかんに空砲を放ち、藩政府を威嚇します。また、これまで中立的立場をとってきた鎮静会議員の主張もどんどん過激になっていき、「藩政府の首領、椋梨藤太、岡本吉之進らを罷免せよ」と、もはや反乱軍の別働隊のような働きをはじめました。こうなると、藩主・敬親も彼らの要求を無視できなくなり、とうとう椋梨らは罷免され、俗論党は藩の中枢から追放されます。革命は成りました。

 罷免された椋梨ら12名は萩を脱出して石州津和野藩領まで逃げ、吉川監物を頼って岩国に向かおうとしましたが、途中で捕らえられて萩に護送されました。そして同じ年の5月、かつて松蔭や晋作が投獄されていた野山獄にて処刑されます。死に際して椋梨は、「私一人の罪ですので、私一人を罰するようにお願いします」と懇願したといわれ、他の者が切腹の刑を申し付けられるなか、椋梨だけが斬首だったといいます。

 「あの人は城から逃げたのではない。ただ、己が巻き込んだ者たちを逃がしてやりたかったのです。そういう人です。」

 椋梨の妻・美鶴が、寿に言った台詞ですが、あるいは、そうだったのかもしれませんね。ほころびが出ても秘書の責任にして生き残ろうとする現在の政治家とは、雲泥の差です。

 その潔さでいえば、藩主・毛利敬親もまたそのひとりで、佐幕派に推戴されたことを公式に後悔し、「すべては自分の不徳不明により起こったこと」と、封建時代の大名としてはおよそ異例の諭告文を、藩内の士民に対して発しています。敬親のような藩主だったから、長州は革命集団たり得たのでしょう。

 で、主役の美和についてですが、ちょうどこの時期に誕生した毛利家の世子・興丸(のちの毛利元昭)の守役を務めた、と彼女の関連本などに記されているだけで、その奮闘ぶりなどは一切わかりません。正直、どうでもいいかな・・・と(笑)。

 そして時代は、いよいよ慶応年間に入ります。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-08-17 19:55 | 花燃ゆ | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/23572782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by フシ鳥 at 2015-08-20 23:59 x
「正直どうでもいいかな」に笑いました(笑)
Commented by sakanoueno-kumo at 2015-08-21 12:36
< フシ鳥さん

恐縮です(笑)。
奥御殿話を楽しみにされている方には、申し訳ありません。

<< 大坂の陣400年記念大坂城攻め... 花燃ゆ 第32話「大逆転!」 ... >>