花燃ゆ 第37話「夫の忘れがたみ」 ~版籍奉還~

 前話で高杉晋作が死んだと思ったら、あっという間に明治編。それも、版籍奉還まで話が進んじゃいました。晋作の病没が慶応3年(1867年)4月14日で、明治政府によって版籍奉還が行われたのが明治2年(1869年)6月17日のことですから、今話で2年以上の月日が流れたことになります。物語の都合上、月日の流れが早くなったり遅くなったりするのは当然だと思いますし、主人公に直接関連の薄い出来事がスルーされるのもやむを得ないと思いますが、ただ、この2年間というのは、普通の2年間ではありません。

 大政奉還から王政復古の大号令、その後、鳥羽伏見の戦いから戊辰戦争に突入し、西郷隆盛勝海舟の歴史的会談から江戸無血開城を経て、会津戦争の最中に元号を明治に改元。皇居を東京に移し、そして新政府の目指す中央集権化の手始めとして、版籍奉還が実施されます。日本史上、最も世の中が動いた時期といえるでしょう。これをいちいち詳細に描いていたら、主人公の美和の描きどころがないのかもしれませんが、だとしても、あまりにもスルーしすぎですよね。これでは、まるで歴史がつながらない。久坂玄瑞の忘れがたみがどうのこうのと言ってるあいだに、2年も経ってしまいました(笑)。ちょっとひどすぎませんか?

 これまでわたしは、巷で酷評されているほど酷いドラマだとは思っていませんでした。伊勢谷友介さんの演じる吉田松陰像も好きでしたし、松蔭を中心とした松下村塾系の志士たちひとりひとりにスポットをあて、彼らの思い誇りなど、上手く描かれていたと思います。長州藩内の政局もリアルに描かれていましたし、名君か暗君か意見の分かれる藩主・毛利敬親の本作品での人物像も、わたしは好きです。という女性のことはよく知りませんが、無理に歴史を歪曲するような絡め方をせず、長州藩史を描く視点として無理のない描かれ方だったと思います。

 ところが、久坂が死んでから、どうも迷走している感が否めません。物語前半、ほとんど松蔭や玄瑞の物語のようになっていて、文の存在感が薄かったためか、奥御殿編に入ってから、なんとか文(美和)のドラマを作ろうと必死になっているように思えます。でも、途中から急に方針を変えたため、いったい何が描きたいのか意味不明になってきました。なんか、やる気なくなってきたなぁ・・・。

 気を取り直して、少しだけ解説します。幕府を倒した薩摩、長州藩士を中心に出来上がった新政府でしたが、これを守る軍隊は存在せず、一方で各藩には幕藩体制から続いた兵力がそのままとなっていて、新政府からすると危なくてしょうがない状態でした。そこで、まず新政府のやるべきことは、藩をつぶし、中央政権としての軍隊を持つことでした。しかし、それは容易なことではありません。

 そんなとき、姫路藩主の酒井忠邦が、「藩の名称を改め、すべて府県と同じにし、中興の盛業を遂げられたい」との提案を持ち込みます。この案に木戸孝允が飛びつきます。諸藩から無理やり権力を奪い取るのではなく、皇国日本をつくるためという名目で、藩主自ら領地と人民を朝廷にお返しする。その代わり、藩主は旧領地の知藩事(現在の知事)になり、行政を担います。つまり、小国の国王から、大国の役人になるということですね。木戸は、300年続いた封建制を打破するには、この方法しかないと立ち上がり、これを実現するには、まずは新政府の中心的藩である長州藩と薩摩藩が率先してやらねばならないと考え、藩主・毛利敬親を説得します。この進言を受けた敬親は、ドラマのように「そうせい!」とは、言わなかったようですよ。

 これが、今話で描かれていた版籍奉還の流れです。前話まで幕府と戦っていたのに、急に版籍奉還なんて言われても、この時代の歴史に疎い人は、わけわかんないですよね。来週はどんな展開になるのか心配です。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-09-15 00:11 | 花燃ゆ | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/23675559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 大坂の陣400年記念ゆかりの地... 大坂の陣400年記念ゆかりの地... >>