人気ブログランキング |

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その40 ~伝・徳川家康の墓(南宗寺)~

シリーズ最終稿です。
徳川家康の墓所といえば、日光東照宮に立派な廟所がありますが、実は大阪府堺市にある南宗寺にも、家康の墓と伝えられる古い墓石があります。

e0158128_15433660.jpg

家康が死去したのは、大坂夏の陣から1年足らずが過ぎた元和2年(1616年)4月17日と言われていますが、ここ堺のまちには、家康は大坂夏の陣討死していたという伝承があります。
それによれば、夏の陣最終決戦の茶臼山の戦い真田信繁(幸村)の猛攻を受けた家康は、駕籠に乗って逃亡しますが、その途中、後藤又兵衛基次に駕籠の上から槍で突かれます。
その後、辛くも堺まで落ち延びますが、駕籠を開けてみると家康は絶命していた・・と。
しかし、混乱を避けるために家康の死はふせられ、家康とそっくりだった古川城主の小笠原秀政影武者として立て、家康の遺骸はここ南宗寺に埋葬された・・・と。
その墓が、これ。↓↓↓

e0158128_15435958.jpg

これが家康の墓?・・・と言いたくなるような、小さな墓石です。
碑文も何も刻まれていません。

e0158128_15441225.jpg

でも、それは極秘で建てられた墓だから、という理由は成り立たなくもないです。

e0158128_15442389.jpg

そんな荒唐無稽な話、にわかに信じられるはずがないと言いたくなりますが、この伝承には、いくつかの根拠があるんですね。
まずは、これ。↓↓↓

e0158128_1544354.jpg

「坐雲亭」という茶室の建物ですが、このなかに、元和9年(1623年)7月に第二代将軍・徳川秀忠が、同年8月に第三代将軍・徳川家光が参拝したことを記した板額が掛かっているそうです。

e0158128_15444878.jpg

なぜ、将軍が相次いでこの地を訪問したのか・・・。
通説では、大阪夏の陣の翌年に駿府城において死去した家康の遺体は、はじめ久能山に葬られ、一周忌を経た元和3年(1617年)春に日光東照宮に改葬されたと言われますが、本当は、ここ南宗寺から日光に改葬された・・・と、堺では伝わるそうです。
だから、秀忠、家光が相次いて来訪した・・・と。
そう言われれば、もっともらしい気もします。

e0158128_1545520.jpg

上の写真は南宗寺禅堂の屋根ですが、よく見ると・・・

e0158128_15451690.jpg

三葉葵の御紋ですね。
これが、徳川家の紋であることは説明するまでもないでしょう。
ここ南宗寺は三好氏の菩提寺なんですが・・・。

e0158128_15453117.jpg

その三好一族の墓です。
菩提寺のはずなのに、なぜか隅っこのほうに追いやられています。
で、境内のど真ん中にあるのが、これ。↓↓↓

e0158128_15454497.jpg

「徳川家康の墓」と刻まれています。

e0158128_1546298.jpg

この綺麗な墓石は近年建てられたものですが、第二次大戦時の空襲で焼ける前には、この場所に東照宮があったそうです。
墓堂の基礎部分は、東照宮時代のものだそうです。

e0158128_15464939.jpg

とまあ、そんな具合に、伝承にはそれなりの根拠があって、まったくもって荒唐無稽な話でもないんですね。
ただ、ツッコミどころはあります。
家康を槍で突いたとされる後藤又兵衛基次は、茶臼山決戦の前日の道明寺の戦いで討死していますし、堺のまちも、紀州攻めの途中に豊臣方の大野治胤らによって焼き払われており、この南宗寺も例外ではなかったと思われます。
面白い話ではありますが、やはり、伝承の域を超えるものではないでしょうね。

e0158128_15471633.jpg

でも、火のないところに煙は立たぬで、徳川方の誰かがこの地に葬られたのかもしれません。
で、ここからは、わたしの勝手な想像ですけど、討死してこの地に葬られたのは、家康の影武者の方だったんじゃないかと・・・。
だから、徳川家はその後、手厚く弔ったのではないかと・・・。
そう考えれば、二人の将軍が相次いで参ったことも、三葉葵の御紋も東照宮も、すべて説明がつくんじゃないかと・・・。
いかがでしょうか?

さて、9月から40回にわたってめぐってきた大坂の陣ゆかりの地シリーズ、その前の大坂城シリーズも入れれば約半年間お付き合いいただいた大坂の陣400年記念シリーズですが、本稿をもって終わりにしたいと思います。
なんとか大坂の陣400年記念の間に終われてよかった(笑)。
当ブログを見て興味を持たれた方は、ぜひ史跡をめぐってみてください。
自分の足で現地を歩いて、そのあと、小説やドラマを見返すと、面白さ倍増ですよ。



大坂の陣400年記念大坂城攻め その10 ~豊臣秀頼・淀殿ら自刃の地~

大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その1 ~三光神社(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その2 ~心眼寺(真田丸跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その3 ~鴫野古戦場跡・佐竹義宣本陣跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その4 ~白山神社(本多忠朝物見のいちょう)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その5 ~野田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その6 ~本町橋~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その7 ~御勝山古墳(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その8 ~大和郡山城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その9 ~忍陵古墳・岡山城跡(徳川秀忠の陣跡)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その10 ~徳川家康星田陣営跡・旗掛け松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その11 ~岸和田城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その12 ~樫井古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その13 ~塙団右衛門直之の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その14 ~淡輪六郎兵衛重政の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その15 ~法福寺(お菊寺)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その16 ~大野治胤(道犬斎)の墓
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その17 ~今井宗薫屋敷跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その18 ~若江古戦場・木村重成の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その19 ~木村重成菩提寺・蓮城寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その20 ~木村重成本陣跡・銅像~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その21 ~木村重成表忠碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その22 ~山口重信の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その23 ~飯島三郎右衛門の墓・若江城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その24 ~長宗我部盛親物見の松~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その25 ~常光寺・八尾城跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その26 ~小松山古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その27 ~玉手山公園(道明寺古戦場)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その28 ~誉田古戦場・薄田隼人碑~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その29 ~真田幸村休息所跡・志紀長吉神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その30 ~権現塚・中村四郎右衛門正教宅跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その31 ~樋ノ尻口地蔵・全興寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その32 ~安藤正次の墓・願正寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その33 ~桑津古戦場跡・柴田正俊の墓~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その34 ~茶臼山古墳古戦場跡~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その35 ~安居神社(真田幸村終焉の地)~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その36 ~一心寺~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その37 ~玉造稲荷神社~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その38 ~方広寺大仏殿の梵鐘~
大坂の陣400年記念ゆかりの地めぐり その39 ~淀殿の墓(太融寺)~


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2015-12-29 15:54 | 大坂の陣ゆかりの地 | Comments(0)  

<< 徹夜仕事明けで迎えた2016年... 大坂の陣400年記念ゆかりの地... >>