人気ブログランキング |

真田丸 第5話「窮地」 ~神君伊賀越え~

 本能寺の変が起きたとき、徳川家康にいました。この少し前に織田信長の招きで安土城を訪れていた家康は、その後、わずかな家臣のみを共に従え、京都、そして堺を遊覧中だったといいます。安土城での会見で織田家との同盟関係はさらに強固となり、ちょっとした慰安旅行だったのかもしれませんね。その最中、信長横死の報が届きまました。さあ、えらいこっちゃです。

 織田家と同盟関係である徳川家は、明智光秀からみれば敵といえます。もし、明智軍に遭遇すれば、衝突は避けられません。しかし、弔い合戦が出来るような兵力を引き連れておらず、かといって、逃げるにも主な街道はすべて明智軍が抑えているだろう、さりとて、道なき道を進めば、土民の落武者狩りに遭うことは必至。まさに、四面楚歌の状態に陥ります。現代と違って、国と国を結ぶ街道というのは、限られていましたからね。絶体絶命のピンチに狼狽した家康は、土民の槍に掛かって果てるよりは信長の後を追って切腹しようと決意しますが、従っていた本多忠勝に思いとどまるよう説得され、翻意したと伝わります。このとき家康に同行していたメンバーは、酒井忠次、石川数正、本多正信、本多忠勝、榊原康政など錚々たる顔ぶれで、もしこのとき彼らが家康と共に切腹していたら、信長の横死以上に歴史が大きく変わっていたでしょうね。

 結果を知っている後世のわたしたちから見れば、このときの光秀に家康を執拗に追撃するような余裕はなく、狼狽する家康がむしろ滑稽にすら思えますが、しかし、新聞もテレビもない当時の情報網で、信長横死という知らせだけが届き、その経緯も、そして光秀方の勢力も何もわからないなか、戦々恐々となって当然のことだったでしょう。まったくもって寝耳に水の出来事だったでしょうしね。

 逃げると決めた家康一行は、険しい山道の続く伊賀国越えを選びました。その理由は、明智軍の目を掻い潜るには道なき道を行くしかないという結論だったのでしょう。少人数だったから可能だったともいえるでしょうね。家康一行のとった行程は諸説あってハッキリしませんが、一般的には、河内国の尊延寺村(現在の大阪府枚方市)から宇津木越えをして、山城国の宇治田原(現在の京都府宇治田原町)に入り、そこから近江の信楽(現在の滋賀県甲賀郡信楽町)に入って、そして、甲賀南部から伊賀北部に向けて「伊賀越え」をしたものと推測されます。柘植村(現在の三重県阿山郡伊賀町)から加太越えをし、関宿亀山を経て白子浜(現在の鈴鹿市)に抜け、そこから海路、三河国(現在の愛知県岡崎市)に帰還しました。

e0158128_10494596.jpg 家康の伊賀越の道案内として活躍したのが、伊賀国出身の服部半蔵正成と、豪商・茶屋四郎次郎だったといいます。服部半蔵は後世の物語などで忍者として出てくる人物と混同しがちですが、実際には忍者ではありません。ただ、半蔵が道案内したという逸話は、『伊賀者由緒忸御陣御伴書付』には書かれているものの、徳川家正史である『徳川実紀』には記されておらず、眉唾ものです。半蔵は三河国の岡崎で生まれ育ったともいいますから、伊賀の山中を庭のように熟知していたとは思えません。一方の茶屋四郎次郎は、道中で土民たちに銀子をばら撒き、道案内を雇ったといいます。こっちの方が、現実味のある話ですね。

ちなみに、現在の新名神高速道路での堺~岡崎間は220kmほどだそうです。山道ということを考慮すれば、家康一行の通った道のりの距離はもっと多かったでしょうね。時を同じくして行われていた羽柴秀吉中国大返しは、約200km。しかも、秀吉のそれは、士気高揚とした天下取りへの道のりなのに対し、家康の方は、戦々恐々とした逃避行。ある意味、こっちの方がスゴイかもしれません。よく逃げおおせたなあ・・・と。

 信長横死の報が家康の耳に入ったのは、6月2日の午前中だったといいます。京都で起きた事件が、数時間後には堺の家康の元に届くとは、当時の情報網のレスポンスも結構進んでいたようですね。一方で、関東の上野国にいた滝川一益の元に情報が届いたのは、事変から5日後の6月7日だったといいます。たぶん、そんなもんでしょうね。だから、ドラマで一益が事変のことを知らなかったのは、間違いではありません。むしろ、その前に真田昌幸のもとに明智の使者が来たという方が、無理があるでしょうね。たぶん、昌幸たちが知ったのも、一益と同じ頃かと・・・。

 「ちくしょう! せっかく頭まで下げて、馬までやって、ようやっとこれで落ち着けると思ったのに・・・。何で死んでしまうかのう! 信長め! あの男に賭けたわしの身はどうなる!」

 まさに、台詞どおりの心境だったでしょうね。昌幸も家康も秀吉も、そして光秀も、まさに今話のタイトルどおり「窮地」に立たされていました。このピンチをチャンスに変えた者だけが、勝ち組として生き残っていけるんですね。今も昔も同じです。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2016-02-08 19:38 | 真田丸 | Comments(2)  

Commented by mm at 2016-02-11 10:44 x
「真田丸」が始まってからこちらのサイトを見つけ、読ませていただいております。さて、半蔵が道案内したという逸話は『徳川実紀』には記されていないということですが、それでは茶屋四郎次郎が道案内を雇ったという逸話は何かの文献にしるされているのでしょうか。ネットで見ている限り、それにも確かな文献があるようには見えないのですが…。
Commented by sakanoueno-kumo at 2016-02-12 00:15
> mmさん

コメントありがとうございます。
いつも読んでいただいているとのことで、恐悦至極に存じます。

茶屋四郎次郎の件は、『茶屋由緒記』という史料のなかに記されているそうですが、半蔵と同じく『徳川実紀』には載っていません。
ただ、これを機に四郎次郎は家康に重用されるようになりますから、このとき何らかの手助けをしたのは事実なんじゃないでしょうか。
商人が協力できることといえば、金銭面だったでしょうしね。
遭遇した土民や山賊といちいち闘いながらでは、とても短期間で200km以上の逃避行は無理だったでしょうから、金をバラまいて取り込むという方が、真実味のある話かと・・・。

<< 白鷺の天守閣がよみがえった姫路... 白鷺の天守閣がよみがえった姫路... >>