真田丸 第24話「滅亡」 ~小田原城落城~

 北条氏の居城・小田原城は、当時、関東一の規模の惣構えを誇る堅城でした。それだけに、北条氏政・氏直父子の目算に誤りが生じたといえるでしょう。特に氏政は、小田原城と支城の防衛力過信し、同時に豊臣軍の力を侮っていました。当初の氏政の作戦では、まず進軍する豊臣軍を箱根の山で防ぎ、さらに、関東一円に配置された100ヶ所以上ある支城に豊臣軍を引きつけて兵力を分散させ、そこを攻めあぐんでいるところを、小田原城の本軍が背後から攻撃するというもので、さらには、同盟関係にあった奥羽の伊達政宗の援軍や、徳川家康の離反も視野にあったといいます。そのため、小田原城には2、3年分の兵器や食料が運び込まれていました。

e0158128_21204350.jpg 籠城兵は約5万6千。その2、3年分の食料を備蓄していたということですから、その規模の大きさがわかりますね。城攻めが得意な豊臣秀吉でしたが、たとえば、かつてその秀吉が兵糧攻めで落とした三木城攻めでは、籠城兵は約7千500、支城は30ヶ所にも満たない数でした。それでも、三木城を落とすのに約2年という月日を費やしたのです(もっとも、当時、織田信長傘下の一武将に過ぎなかった秀吉と、天下統一を目前にした小田原城攻めの秀吉とでは、軍事力の違いは歴然としていましたが)。そんな経験値からか、小田原城攻めは1年から2年はかかると、秀吉自身も覚悟していた様子が当時の書簡などからもうかがえます。

 ところが、総勢20万以上の大軍を結集した秀吉は、北条氏の誇る箱根の山の堅城・山中城をあっけなく1日で落とすと、陸と海から小田原城を完全に包囲します。そのため、小田原城に籠る兵たちはどこにも援軍を出せなくなり、そして、100ヶ所以上ある北条氏自慢の支城は、援軍が期待できなくなったため兵の士気が下がり、豊臣軍の前に次々と落城していきました。

e0158128_22054082.jpg そんななか、北条氏が最も頼みにしていた伊達政宗が、小田原城を包囲する秀吉の下に屈します。政宗は、北条氏が名胡桃城を乗っ取ったときにも連絡を取り合い、出兵準備をしていたほどでしたから、氏政は伊達軍の応援を大いに期待していたんですね。しかし、秀吉としてもそんな両者の関係を捨て置くはずがなく、前田利家浅野長政を介して調略の手を伸ばしていました。両者の板挟みとなった伊達家内部では、重鎮の伊達成実は豊臣軍との合戦を主張し、正宗の重臣・片倉景綱は秀吉への恭順を唱えるなど、意見が真っ二つに分かれていました。これが、伊達家の小田原への遅参の原因でした。

 ちなみに余談ですが、正宗の重臣・片倉景綱の嫡子・重綱が、後年(たぶん最終回)、真田信繁深い縁を持つことになりますので、知らない方は覚えておいてください。

 結局、正宗は景綱の意見に従い、打首覚悟で小田原に参陣。秀吉に下りました。この事実は北条方にとっては大打撃となり、一気に戦意を萎えさせました。これが、北条氏の降伏に繋がった最大の出来事だったといっていいでしょう。秀吉はこの機を逃さんとばかりに側近の黒田官兵衛孝高を交渉役として小田原城に送り(信繁ではありません)、降伏を促します。そして、小田原城籠城からわずか3ヶ月の天正18年(1590年)7月6日、ついに小田原城は開城し、氏政とその弟で主戦論を唱えていた八王子城主の北条氏照切腹。氏直は家康の嘆願もあり死罪を免れるも、高野山へ送られました。ここに、北条早雲以来、5代、100年に渡って関東に覇を唱えた北条氏は滅亡します。

 北条氏の滅亡、伊達氏の降伏をもって、秀吉の天下統一事業はほぼ完成しました。ちなみにドラマでは、天下統一のことを「天下一統」といっていましたが、時代考証担当の黒田基樹氏の解説によれば、「天下統一」という言葉が使われだしたのは江戸時代以降のことだそうで、この時代は、「一統」といっていたそうです。なかなか、細部にこだわってますね。しかし、その天下一統が実現したときから、すでに豊臣政権は崩壊の道をたどり始めていました。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2016-06-20 22:08 | 真田丸 | Trackback(1) | Comments(2)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/24472398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ショコラの日記帳・別館 at 2016-06-26 14:47
タイトル : 【真田丸】第24回感想と視聴率「滅亡」
「滅亡」 <6/26(日)追記> 第24回の北海道の視聴率は、前回の15.9%よ... more
Commented by heitaroh at 2016-06-23 10:42
今年の大河ドラマは見事に「軍師官兵衛」は出てきませんねえ。サプライズで岡田くんが出てくればいいのに。
Commented by sakanoueno-kumo at 2016-06-23 21:06
> heitarohさん

わたしもそう思ったのですが、本ドラマの時代考証担当の丸島和洋氏のツイッターによると、この物語は東国を中心に展開されており、西国の話はナレーション処理となっているため、これまで黒田官兵衛が登場する余地はなく、ここで突然官兵衛を出すのは、前後の話からいって無理がある、と。
小田原城開城の交渉役は黒田官兵衛というのが一般的なイメージですが、官兵衛はオフィシャルな使者であって、非公式な使者は他にもたくさんいたはず、と。
秀吉は馬廻りを使って再三降伏勧告をしていたそうで、信繁が使者として入城した可能性は否定出来ない、と。
つまり、官兵衛を描かなかっただけで、官兵衛の手柄を信繁にやらせたわけではない、と。
ではなぜ官兵衛を出さないかというと、このドラマはあくまで真田家の話であって豊臣政権を描くものではなく、官兵衛をここで登場させると、以後の政局の描写が複雑化してしまうため、とのことです。
納得できるようなできないような・・・まあ、他にもいろいろ大人の事情があるんじゃないでしょうか。

<< 山崎合戦のまちを歩く。 その3... ついに前人未到のピート・ローズ... >>