おんな城主 直虎 第38話「井伊を共に去りぬ」 ~武田信玄死去~

 三方ヶ原の戦い徳川家康をこてんぱんにやっつけた武田信玄は、まさに破竹の勢いといえる快進撃で西上を進めますが、その途中、信玄は血を吐いて倒れ、そのまま病死したと伝わります。歴史は武田信玄を時代の覇者に選びませんでした。


 ドラマでは突然死のように描かれていましたが、通説では、信玄は若い頃からたびたび体調を崩すことがあったといわれ、このときも、三方ヶ原の戦いから約1ヶ月半後の野田城の戦いあたりからたびたび喀血するなど持病が悪化し(一説では、三方ヶ原の戦いの首実検のときに喀血が再発したとも)、武田軍の突如として進撃を停止して長篠城療養するために軍を返します。そこで近習や一門衆によって話し合われ、甲斐への撤退が決まりますが、その帰路、甲斐に戻ることなく没したと伝わります。享年53。


e0158128_17253063.jpg

 信玄の死因については様々な説がありますが、大きく2つにわけて、胃がん説肺結核説があります。胃がん説は『武田三代記』『甲陽軍鑑』に見られる説で、現在最も有力視されています。胃がんは末期には吐血下血などの症状が激しくなるといいますから、血を吐いて倒れたという伝聞にも一致します。しかし、信玄はかねてから血を吐く持病があったともいわれ、この説を信用すると、当時の医学で胃がんを患った人が何年も生きているなんてことは考えづらく、そうなると、同じく血を吐く症状のある肺結核説のほうが真実味があるかもしれません。もっとも、肺結核は感染しますから、もし信玄が何年も前から肺結核を患っていたとすれば、家臣たちに感染らないよう隔離されていて、とても上洛できるような身体ではなかったんじゃないかと・・・。たしか、中井貴一さんが演じた大河ドラマ『武田信玄』では、結核説を採っていましたね。

 ちなみに胃がんだと「吐血」、肺結核だと「喀血」というそうです。「吐血」は食道などの消化管からの出血で、黒っぽい血を吐くことが多いそうですが、「喀血」は、からの出血のため、真っ赤な鮮血を吐くそうです。ドラマの信玄が吐いた血は真っ赤でしたね。ということは、結核でしょうか? でも、だったらあんなに寸前まで元気なはずがないですし、少なくとも遊び女を抱くような体力はないような・・・。やっぱ、寿桂尼の呪いだったのでしょうか。あの局面で寿桂尼が床に入ってきたら、誰でも卒倒して血を吐くかもしれません(笑)。おお、コワっ!


 信玄はその死に際して、自らの死を3年間秘匿するよう遺言したと言われています。ところが、ドラマではすぐに情報が飛び交っていましたね。実際、当時も信玄の死はすぐに知れ渡っていたようで、徳川家康上杉謙信織田信長も、かなり早い段階で信玄の死を確信していたようです。テレビも新聞もインターネットもない時代ですが、当時の有力武将たちは、ドラマで言う高瀬のような間者を何人も持ち、諜報活動にはぬかりありませんでした。逆にわざとガセネタを流して混乱させる場合もあるのですが、信玄の死の情報の場合、あからさまに兵を撤退するという不可解な行動をみれば、諜報活動などなくともバレバレだったんじゃないでしょうか。


 信玄が病没する前後の井伊谷については、詳しいことはわかっていません。家康は信玄の死の翌月には早くも駿河侵攻久能、駿府などを侵していますから、おそらく井伊谷も徳川領となったことでしょう。この間の井伊直虎の動向も定かではありません。井伊家が歴史の表舞台に復活するには、いま少し時間を要します。その最初の記録が、天正2年(1574年)に行われた井伊直親十三回忌でした。その話は次回の稿で。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-09-25 17:31 | おんな城主 直虎 | Trackback(1) | Comments(4)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/26069961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Coffee, Ciga.. at 2018-03-12 19:02
タイトル : 『おんな城主直虎』、また面白くないのを我慢してみる破目に..
皆さんこんばんは。今回は去年の大河ドラマ『おんな城主直虎』の感想シリーズということで、第36~40回までの感想を書きます。まずはあらすじ。今川氏真(尾上松也)と徳川家康(阿部サダヲ)が和睦したことで小康を迎えた遠江。近藤康用(橋本じゅん)を看病することで信頼... more
Commented by ZODIAC12 at 2018-08-27 19:41 x
信玄の死因の真相はよく分かりませんが、当人が死んだ事が案外早くバレてるものなのですね、インターネットやメディアの存在しない時代でも。
やはり戦国大名は下手すれば現代のCIA以上に、情報収集に力を入れてたのかも知れません。


記事内に貼られている画像は、従来は武田信玄の肖像画と伝えられて来ましたが、どうも別人の肖像画だと判明したみたいですね。誰だかは忘れましたが。


中井貴一主演のドラマは、OPテーマ曲が歴代大河ドラマの中では一番の気に入りです。冒頭のあの疾走感と勇壮感の溢れる、吹奏楽の音色とメロディが。


巷間ではよく、信玄が後十年は長生きしていたら、「天下を獲っていただろう」「信長に武田家が滅ぼされる事はなかっただろう」とか言われてますよね。
けれどそういった信玄ファン、武田贔屓の人たちには気の毒ですが、「残念ながらそれはなかった」としか言い様がありません。
それは敗者への同情に基くただの判官贔屓でしょう。つまりただの感情論に過ぎない、と思います。
Commented by sakanoueno-kumo at 2018-08-27 21:25
> ZODIAC12さん

肖像画については、おっしゃる通り別人だったとされていますが、あえてこの肖像画を使用しました。
わたしにとっては、信玄はやはりこの顔です。
このドラマのマツケン信玄も、この肖像に寄せたメイクになっていましたし(笑)。
頼朝にしても尊氏にしても、いきなり別人だったと言われても、子供の頃に植え付けられたイメージをそう簡単に払拭できないですよね。

わたしも、信玄にしても謙信にしても、「天下を獲っていただろう」という言うのは後世の希望的妄想だと思います。
幕末の坂本龍馬や高杉晋作が、明治の世まで生きていれば云々というのと同じですね。
残念ながら、信玄も謙信も龍馬も晋作も、志半ばで死んだからこそ後世に英雄化した虚像であることは否定できません(すべてとは言いませんが)。

昨今、坂本龍馬や武田信玄の名前が教科書から消えるという話が話題になっていますね。
少し残念な気がしないでもないですが、たしかに、島津義久や尼子経久なども教科書には載っていないですし、信玄も、同じく地方史レベルの武将に過ぎなかったということでしょうね。

ところで、先日よりたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
貴ブログにもコメントを残そうと思ったのですが、わたしは漢詩にはまったく明るくなく、コメントするだけのスキルがありません。
いただいたコメントへのRESだけになっていることをご容赦ください。
Commented by ZODIAC12 at 2018-09-05 18:21 x
あ、いえ、どうか御気になさらず。
当方の【雑記・徒然】という書庫(カテゴリー)には、【自作和歌】と銘打った記事も数本ありますが、和歌にも関心がなければ結構です。
そして当方は新記事ばかりを対象にしている訳ではありませんので、どんなに古い記事でも遠慮なく書き込んで欲しいと思っています。


信長と比べると信玄・謙信たちはローカルレベルでの英雄であって、天下を獲れたりとか、新時代を築けるようなタマではなかった、という事です。
上で言った「感情論、判官贔屓に過ぎない」の理由は、次の要因です。


◆信玄・謙信は経済政策・商業政策の感覚が古い。

◆信玄・謙信の軍は信長のと違って常備軍(常設軍)ではない。

◆信玄・謙信は旧時代の権威(室町幕府・宗教勢力)や利権とくっ付き過ぎて、新時代に対する展望が欠けていた。


以上です。つまり信玄・謙信は一地方だけでなく、天下の民衆の支持を得られる政策を取らなかった事、旧来の手垢に塗れた権威に頼り過ぎて、新時代に相応しい在り方を意識していなかった事、そして天下を獲る為に必要な軍制改革を怠った事、これらが信長との決定的な差と言えるでしょうか。
Commented by sakanoueno-kumo at 2018-09-05 21:42
> ZODIAC12さん

<信長と比べると信玄・謙信たちはローカルレベルでの英雄>

わたしもそう思います。
わたしは、貴兄のようにそれを論理的に説明できませんが、ちょっとロマンチックに言えば、わたしは、「歴史の必然性」というのを結構信じています。
歴史的事象は、すべて必然的に起こっている。
だから、天下人は必然的に天下人になっているだろうし、天下を獲れなかった人は、どう歴史が回転しても天下は獲れなかっただろうと。
よく、もし本能寺の変が起こらなかったら・・・といった話題が出たりしますが、信長は殺されるべくして殺されたと思いますし、もし、光秀が殺らなくとも、秀吉か勝家か、誰かがやっぱり信長を殺していただろうと。
歴史って、案外そんなもんじゃないかと思うんですね。
別稿の池田屋事件の稿にいただいたコメントで、池田屋で命を落とした志士たちは、そういう役回りだったとお答えしましたが、同じ考えです。

<< 太平記を歩く。 その131 「... 太平記を歩く。 その130 「... >>