人気ブログランキング |

太平記を歩く。 その136 「村上義光の墓」 奈良県吉野郡吉野町

「その126」で紹介した吉野神宮から1kmほど北へ坂を上りつめた右側の丘の上に、村上義光と伝えられる宝篋印塔があります。


e0158128_16463329.jpg

道路わきに古い石碑があり、その側に説明板が設置されています。


e0158128_16463786.jpg

その横にある石段を上ります。


e0158128_16480571.jpg

石段の上に上ると、広い空間にポツンとのさびた宝篋印塔石碑が見えます。

どうやら、あれが義光の墓のようです。


e0158128_16521521.jpg

これが、義光の墓です。


e0158128_16521940.jpg

村上義光は信州の人で、『太平記』には、大塔宮護良親王熊野に逃れる際、お供した9名のなかのひとりとして登場します。

『太平記』巻五「大塔宮熊野落事」によると、大塔宮とともに熊野から吉野山に来る途中で、賊に奪われた錦旗を取り返して、賊を田んぼにめがけて投げ飛ばし、勇名を轟かせたとあります。

このとき4、5丈(約12m)ほど投げ飛ばしたといいますから、かなりの怪力の持ち主だったようです。

「その128」でも紹介しましたが、元弘3年(1333年)閏2月1日、落城寸前の蔵王堂二天門の楼上で、大塔宮の身代わりとなって割腹して果てました。

このとき義光は、自らのはらわたを引きちぎって敵に投げつけ、太刀を口にくわえたのちに、うつぶせとなって絶命したといいます。

案内板によると、身代わりとなって蔵王堂で果てた義光を北条方が検分し、親王ではないと判明して打ち捨てられていた亡骸を、哀れと思った里人がこの地に葬ったと伝わるそうです。


e0158128_16534668.jpg

宝篋印塔の横には、錆びた甲冑武士のミニチュアがありました。

誰が、いつ置いたものでしょう?


e0158128_16535024.jpg

向かって右にあるこの石碑は、大和高取藩士・内藤景文が天明3年(1783年)に建てたとされる「村上義光忠烈碑」だそうです。

江戸時代から、忠臣として崇められていたんですね。


同じ吉野山には、義光のい息子、村上義隆の墓もあります。

次回は、そちらを紹介します。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-10-05 23:30 | 太平記を歩く | Comments(0)  

<< 太平記を歩く。 その137 「... 太平記を歩く。 その135 「... >>