人気ブログランキング |

太平記を歩く。 その149 「阿部野神社」 大阪市阿倍野区

大阪市阿倍野区にある「阿部野神社」を訪れました。

ここは、前稿で紹介した北畠親房と、その子の北畠顕家二柱を祭神として祀る神社です。

全国にある「建武中興十五社」の一社でもあり、元別格官幣社でもあります。

「別格官幣社」とは、国家のために功労のあった人臣を祭神とする神社のことで、明治5年 (1872年) に神戸の湊川神社が定められたのに始り、昭和21年(1946年)に社格が廃止されるまで、日本全国に28社ありました。


e0158128_23313637.jpg

神社への参拝入口は複数あるのですが、この日は南側から入ります。


e0158128_23350285.jpg

境内に入ると、すぐに顕家の像が目に入ります。


e0158128_23350891.jpg

親房のことは前稿で紹介したので、本稿では顕家のみ紹介します。


e0158128_23351146.jpg

元弘3年/正慶2年(1333年)8月、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が開始した建武の新政下、わずか16歳陸奥守兼鎮守府将軍に任じらた顕家は、同年10月、父と共に義良親王(のちの後村上天皇)を奉じて奥州は陸奥国へ下向し、多賀城を国府として東国経営に努めます。

延元元年/建武3年(1336年)、足利尊氏謀反を起こすと、上洛して九州に敗走させることに成功。

この功績により、顕家は鎮守府大将軍に任じられます。

しかし、その後、湊川の戦い楠木正成新田義貞軍が敗北すると形勢は逆転。

やがて後醍醐天皇が吉野に落ちると、延元3年/建武5年(1338年)、京都回復のために兵を挙げて各地で転戦。

一時は北朝方を圧倒する戦いを見せますが、同年3月16日、摂津での戦いに敗れると、わずかな残兵を率いて和泉国の観音寺城に拠ります。

その後も顕家軍は和泉で奮戦しますが、やがて5月16日、足利方の高師直軍が堺の浦に出撃を開始し、5月22日、阿倍野・石津の戦いで壮烈な戦死を遂げます。

享年21。


e0158128_23365728.jpg

「花将軍 北畠顕家」という歌の歌詞だそうです。

聴いたことないですが(笑)。

顕家は紅顔の美少年だったと言われ、その貴公子ぶりからも「花将軍」と称されました。

平成3年(1991年)のNHK大河ドラマ『太平記』では、当時、「国民的美少女」と持てはやされた後藤久美子さんが演じて話題になりましたね。


e0158128_23375064.jpg

拝殿です。


e0158128_23391979.jpg

いたるところに北畠家の家紋菊の紋章が。

北畠家が天皇家直属の公卿だったことを意味しているのでしょうか。


e0158128_23411707.jpg

拝殿の周りには、「建武の中興六百五十年祭を迎へて」と題した木製のなが~い看板が設置されています。


e0158128_23412271.jpg
e0158128_23412509.jpg

すべて楷書手書きです。

これ、凄いですね。


e0158128_23431020.jpg

そして、こちらは西側の参拝口。


e0158128_23431571.jpg

なぜ、この地に北畠父子を祀る神社が創建されたかというと、このあたりが顕家と足利軍が戦った古戦場跡と伝わり(異説あり)、この近くに顕家の墓があったからだそうです。

次回は、その顕家の墓を訪れます。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-10-25 22:27 | 太平記を歩く | Comments(2)  

Commented by heitaroh at 2017-12-08 12:10
後藤久美子ちゃんには似てませんね(笑)。
いくら若かったとは言え、あの配役には疑問でしたが。
Commented by sakanoueno-kumo at 2017-12-08 17:58
> heitarohさん

たぶん、ほとんどの人がそう思ったんじゃないでしょうか?
美少年にしたかったのであれば、ジャニーズの子でよかったですよね。
奇を衒いすぎて失敗した例ですね。

<< 太平記を歩く。 その150 「... 太平記を歩く。 その148 「... >>