人気ブログランキング |

太平記を歩く。 その153 「丹生山城跡・明要寺跡」 神戸市北区

「湊川の戦い」新田義貞が京都へ敗走した後も、神戸北部では義貞の一族・金谷兵庫助経氏が足利軍と奮戦していました。

その兵庫助が本陣を布いた場所が、神戸市北区の丹生山山上にあった明要寺でした。

明治に入って寺が廃され、丹生神社と改称しました。


e0158128_22163332.jpg

6世紀創建といわれる明要寺には、この当時、多くの僧兵がいました。

兵庫助はそれらの僧兵を引き連れ、付近の足利方に屈しない近江寺性海寺、さらには「その36」で紹介した太山寺の衆徒をもその配下に置き、赤松則村(円心)軍の攻略を開始します。

太山寺の衆徒といえば、かつては赤松軍とともに鎌倉幕府軍と戦った仲。

その後、円心は足利尊氏とともに後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)に反旗を翻しますが、太山寺の衆徒たちは、南朝方に付いていたようです。


e0158128_22161623.jpg

その後、金谷軍と赤松軍の戦いは長引き、延元3年(1338年)9月、ここ丹生山城を守っていた金谷軍の吉川経清が赤松軍の攻撃によって討死すると、その後も、赤松軍の赤松範資赤松則祐が金谷軍の拠点を次々と攻め、翌年の9月8日、赤松則祐が端谷城を攻略したことにより、赤松軍の勝利に終わります。


e0158128_22161396.jpg

丹生山城は、天正7年(1579年)の羽柴秀吉別所長治のあいだで行われた三木合戦の際にも舞台となっているのですが、その話は、「三木合戦ゆかりの地めぐり」の稿で紹介していますので、よければ一読ください。


e0158128_22150209.jpg

現在、丹生山城跡には石碑だけが残されており、その山頂には丹生神社があります。

かつて戦場となったシブレ山、丹生山、帝釈山、稚児ヶ墓山と連なる丹生山系の山々は、現在はハイキングコースとして登山客が多く訪れています。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-11-02 08:29 | 太平記を歩く | Comments(2)  

Commented by heitaroh at 2017-12-08 12:04
改めて思いましたが、近畿地方はやはり、こういう物の宝庫ですねぇ。
これだけの保存状態で残っているということが驚きです。
Commented by sakanoueno-kumo at 2017-12-08 17:52
> heitarohさん

近畿には山城が無数にありますからね。
登山靴から服、杖、リュックまですべて買い揃えました。
山城めぐり、楽しいですよ。

<< 太平記を歩く。 その154 「... おんな城主 直虎 第43話「恩... >>