人気ブログランキング |

太平記を歩く。 その157 「足利尊氏邸・等持寺跡」 京都市中京区

延元3年/暦応元年(1338年)、足利尊氏光明天皇(北朝第2代天皇)から征夷大将軍に任じられ、室町幕府が樹立します。

その、室町幕府発祥の地を訪れました。


e0158128_18281390.jpg

京都市中京区のオフィス街になかに、「足利尊氏邸・等持寺跡」と刻まれた石碑があります。

ビルの隅っこの植え込みのなかにあるその石碑は、気づかずに通り過ぎてしまうほど質素なものでしたが、かつてこのあたりに、尊氏の邸「三条坊門第」(二条万里小路第)があったとされています。


e0158128_18283344.jpg

現地説明板によると、尊氏邸の範囲については諸説ありますが、二条大路、三条坊門小路(御池通)、万里小路(柳馬場通)、高倉小路に囲まれた南北250m、東西120mの土地を占めていたと考えられているそうです。

実に約9000坪以上、これは邸というより、ほとんど城ですね。

尊氏はこの邸宅で政務をとり、延文3年(1358年)にここで薨じました。

のちにこの邸宅は「等持寺」という寺院に改められました。

尊氏は3つの寺院を建てることを願っていましたが実現できず、そのため「等持寺」という文字の中には3つの寺が含まれることになったと伝えられています。


e0158128_18283733.jpg

等持寺は足利氏の菩提寺として崇敬を集め、室町時代の政治・文化に大きな役割を果たしました。

しかし、応仁の乱以降は次第に衰退し、結局は別院であった等持院に合併されてしまったそうです。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-11-28 22:47 | 太平記を歩く | Comments(2)  

Commented by heitaroh at 2017-12-07 20:23
いわゆる、花の御所ですね。一度、探したのですが、わかりませんでした。等持寺は行ったのですが、寺名にはそういう謂われがあったのですか。勉強になりました。
Commented by sakanoueno-kumo at 2017-12-08 00:33
> heitarohさん

いえ、花の御所は、ここより少し北になります。
花の御所は2代将軍の足利義詮の時代にはじまります。
尊氏の時代は、ここと等持寺が拠点だったようです。

<< 太平記を歩く。 その158 「... おんな城主 直虎 第47話「決... >>