太平記を歩く。 その160 「尊氏産湯之井」 京都府綾部市

前稿で紹介した「景徳山安国寺」の近くに、古い井戸跡があるのですが、ここは、足利尊氏が生まれたときに産湯として使用された井戸との伝承があるそうです。


e0158128_19171136.jpg

前稿でも紹介しましたが、ここ綾部市は旧丹波国何鹿郡八田郷上杉荘といい、尊氏の母・清子の実家である上杉氏の領国でした。


e0158128_19183177.jpg

説明看板によると、清子は出産のために故郷の丹波に帰り、安国寺の門前の別邸に住んで、当寺の地蔵菩薩安産を祈願し、嘉元3年(1305年)に尊氏を産んだと伝えられています。

700年前にも里帰り出産があったんですね。


e0158128_19230983.jpg

消えかかっていますが、「足利尊氏公産湯井戸」と刻まれています。


e0158128_19231333.jpg

後世に編纂された『難太平記』では、尊氏が出生して産湯につかった際、2羽の山鳩が飛んできて、1羽は尊氏のに止まり、1羽は柄杓に止まったという伝説を伝えています。

また、弟の足利直義の産湯の際にも2羽の山鳩が飛んできて、柄杓湯桶の端にとまったとか。

当時、山鳩は八幡宮の遣いと考えられており、源氏の祖である源八幡太郎義家を意味していました。

つまり、やがて天下人になるであろうお告げだったというんですね。

ただ、当時は執権北条一族に憚って、人々はこのことを口にしなかった・・・と。

やがて足利政権の時代がくると、あのときの八幡様のお告げは、やっぱり本当だった・・・と。

よく出来た話です(笑)。


e0158128_19231691.jpg

井戸の中を覗いてみましたが、ただの井戸でした。

当たり前ですが。


e0158128_19224826.jpg

近くには、尊氏の像がありました。


e0158128_19225167.jpg

この像は、平成15年(2003年)3月27日、京都縦貫自動車道(丹波綾部道路)綾部安国寺インターチェンジの新設を記念し、多くの市民や全国各地からの篤志により建立されたそうです。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-03 10:02 | 太平記を歩く | Trackback(1) | Comments(2)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/26233516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2017-12-20 18:37
タイトル : 備忘録的感慨その2 尊氏登場以前の足利家の息吹
先日の続きです。実は私が足利に来た目的は足利学校を観たかったから・・・ではなく、その裏にあるこちら(↓)でした。足利尊氏によって室町幕府が開かれる以前の足利家の墳墓の地、つまり、尊氏登場以前の足利家の息吹というものを見ておきたいと思ったからで、それがここでした。足利家屋敷跡と言われる真言宗金剛山鑁阿寺です。ただ、私にはここはなんとも釈然としないものを感じさせる場所でもありました。確かに、ここは四周を堀と土塁で囲まれた形(↓)をしていますが、何か武家屋敷としての戦闘性とでもいうか、そういうものが感じら...... more
Commented by heitaroh at 2017-12-07 20:16
足利尊氏の産湯はうかとは信じられない話しですが、むしろ、それを顕彰できるようになったということのほうが感慨深いですね。戦前はそんな話、欠片もなかったんじゃないですか。
Commented by sakanoueno-kumo at 2017-12-08 00:17
> heitarohさん

そうですね。
尊氏の汚名返上とともに、楠木正成、結城親光、千種忠顕、名和長年ら「三木一草」の知名度が下がっていったことなどを合わせてみても、史観とは生き物だなあとつくづく思います。

<< おんな城主 直虎 第48話「信... 太平記を歩く。 その159 「... >>