人気ブログランキング |

太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市

前稿で紹介した四條畷神社の裏山にあたる、標高315.9m飯盛山山頂に、飯盛山城跡があるのですが、ここも、正平3年/貞和4年(1348年)1月5日に起きた「四條畷の戦い」の戦場となったと伝えられます。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17272754.jpg
太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17273115.jpg

神社南側にある石碑です。

石碑は大正8年(1919年)、記念碑は大正13年(1924年)に建てられたもののようです。

ここから飯盛山に登ります。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17290249.jpg

登山道はハイキングコースになっているので、歩きづらいこともなく、道に迷うこともありません。

ただ、勾配は結構きつく、ハードです。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17304580.jpg

30分以上登ると、ようやく最初の曲輪、二の丸史蹟碑郭にたどり着きました。

この日は12月3日だったのですが、この時点で汗だくです。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17304912.jpg

こちらも麓にあった記念碑と同じく大正13年に建てられた「飯盛山史蹟の碑」です。


碑文

標高三一八米 地質花崗岩

建武年中北條氏の餘黨此に據り楠木正成之を討ちたりと傳ふ正平三年一月四條畷の戦に方り高師直の軍此を占む楠氏没落後畠山氏河内を領するに及び天文年中其臣木澤長政をして城郭を構へしむ永禄のころ三好長慶威を近畿に振ふに至りこれを略取して数修築を加ふ其規模頗る宏大三好氏十有餘年間軍事庶政の本據たりしが後織田信長の近畿一統に至りて城廢せらる現存せる城址は実に當年のものなり

大正十三年一月廿六日  大阪府立四條畷中學校校友會


簡単にまとめると、建武の頃に楠木正成がここで北条氏残党を討ち、その後、四條畷の戦いで高師直軍がここを占領して楠木正行討死

その後は畠山氏が河内を領し、家臣の木沢長政が天文年間にこの地に築城するも、永禄年間に三好長慶が奪取して城を拡張。

しかし、その後、織田信長の近畿統一により廃城となります。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17325995.jpg

同じく、二ノ丸郭にある立て札です。

実は、四條畷の戦いの頃の飯盛山城は、臨戦的な陣城で、恒久的な城ではなかったといわれています。

現在残る城址遺構のほとんどは、戦国時代、三好長慶の頃のものです。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17371771.jpg

二ノ丸郭の景色を眺めたあと、再び山頂に向かって登ります。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17402802.jpg
太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17391106.jpg

青空に紅葉が映えます。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17424182.jpg

二の丸御体塚郭です。

戦国時代、ここの城主だった三好長慶の死後、ここ御体塚郭に遺骸を3年間、仮埋葬していたのだとか。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17443054.jpg

御体塚郭の斜面には、石垣跡が綺麗な状態で残っています。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17443419.jpg

見事ですね。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17454016.jpg

この石段を登ると、山頂のようです。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17462952.jpg

山頂が見えました。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17485858.jpg

山頂の高櫓郭には、「飯盛城址」の石碑と楠木正行の像が建っています。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17510971.jpg

本丸に着いたのは正午前、北向きに建っているので、逆光で上手く撮影できません。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17511344.jpg

この像は、はじめ昭和12年(1937年)に建立されたそうですが、第二次世界大戦中の昭和18年(1943年)に出された金属供出の命令により、台座を残して上の銅像の部分を供出されたそうです。

現在の像は昭和47年(1972年)に再建されたものだそうです。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17511781.jpg

斜め後ろ姿です。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_17531040.jpg

本丸跡に設置された城の縄張り図です。

たいへんわかりやすい。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18423980.jpg
太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18432558.jpg

本丸展望台からの西の眺望です。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18462488.jpg

本丸斜面にも、石垣跡がきれいに残っています。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18462735.jpg

こちらも石垣跡ですね。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18474094.jpg

まだまだ、曲輪跡やら土塁跡などたくさん写真があるのですが、ずいぶん長くなっちゃったので割愛します。
せっかくなので紅葉の写真を数枚。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18511088.jpg
太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18511330.jpg
太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18511741.jpg
太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18512005.jpg


『太平記』には、「懸下野守、その勢五千余旗飯盛山に打ちあがりて」と記されています。

懸下野守とは、楠木八臣のひとり恩地左近満一のことで、恩地軍5000の兵がこの城に立て籠ったようです。

しかし、そのほとんどが戦下に散りました。

最後に、下山してから飯盛山を見上げます。


太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_18530889.jpg

追記
2018年4月6日より族・日本100名城スタンプラリーが始まりました。

太平記を歩く。 その164 「飯盛山城跡」 大阪府大東市_e0158128_19390981.jpg

「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-09 09:40 | 太平記を歩く | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/26245023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 太平記を歩く。 その165 「... 太平記を歩く。 その163 「... >>