人気ブログランキング |

太平記を歩く。 その166 「楠木正行墓所」 大阪府四條畷市

「その163」で紹介した四條畷神社から1kmほど西に、楠木正行墓所があります。

入口には、右手に「忠」、左手に「孝」を刻んだ石柱があります。


e0158128_19051670.jpg

その附近には、建てられた時代が違うであろう石碑が、あちこちにあります。


e0158128_19073528.jpg
e0158128_19073904.jpg

正行は、正平3年/貞和4年(1348年)1月5日、足利方・高師直軍と激突した「四條畷の戦い」に敗れ、弟の楠木正時と共に自害しましたが、それが、この場所だったと伝わります。


e0158128_19093877.jpg

墓所内は厳かな雰囲気で、まるで天皇陵のようです。


e0158128_19094138.jpg

墓所の門は閉ざされていて、中に入ることはできません。


e0158128_19104088.jpg

楠家の家紋・菊水です。


e0158128_19113657.jpg

玉垣の間から中を撮影。

バカでかい墓標があります。

本石の高さ約5.5m、礎石、中台を含めると約7.5mの高さになる巨大な墓標です。

墓標が立てられたのは明治11年(1878年)、銘は大久保利通の揮毫によるものだそうです。


e0158128_19125175.jpg

『太平記』巻26「楠正行最期事」は、正行の最期を次のように伝えます。


正行は左右の膝口三所、右のほう崎、左の目尻、箆深に射られて、其矢、冬野の霜に臥たるが如く折懸たれば、矢すくみに立てはたらかず。其外三十余人の兵共、矢三筋四筋射立られぬ者も無りければ、「今は是までぞ。敵の手に懸るな。」とて、楠兄弟差違へ北枕に臥ければ、自余の兵三十二人、思々に腹掻切て、上が上に重り臥す。


全身に矢が刺さって動けなくなった正行は、「もはやこれまでだ。敵の手には懸かるな」と言って、正時とともに北枕に倒れ込むと、同じく体中に傷を追った32人の兵たちは後を追って腹を切り、折り重なって倒れた・・・と。

正行23歳、正時22歳でした。


e0158128_19152507.jpg

墓所には、樹齢600年と伝わるクスノキ大樹が聳えます。


e0158128_19152932.jpg

正行らの遺骸が葬られた当初は、土を盛った上に墓石が置かれただけの墓所だったそうですが、死後80年が過ぎた正長2年(1429年)、当地の人々が彼らの塚の両脇に2本のクスノキの苗を植えたそうで、そのクスノキはその後成長を続け、墓石をはさみ込み、2本が1本に合わさって現在に至っているそうです。


e0158128_19153219.jpg

そのクスノキの根本です。

写真では伝わりづらいですが、高さ約25m、幹周り約12mというかなりの大樹で、大阪府の天然記念物に指定されています。


e0158128_19172063.jpg

境内に建つ楠木夫人の碑。

明治35年(1905年)に建てられました。


e0158128_19191074.jpg

他にも、いろんな場所に石碑があるのですが、誰の何の石碑か説明書きがないので、よくわかりません。


e0158128_19191465.jpg

現在、墓所は四条畷神社の管理下にあり、大阪府指定史跡となっています。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-12 23:47 | 太平記を歩く | Comments(0)  

<< 太平記を歩く。 その167 「... おんな城主 直虎 第49話「本... >>