人気ブログランキング |

太平記を歩く。 その168 「楠木正行首塚(正行寺)」 京都府宇治市

「その166」で紹介した楠木正行の墓所以外にも、正行の首塚と伝わる場所があります。

まずは、京都府宇治市六地蔵にある正行寺を訪れました。


e0158128_19420741.jpg

何と言っても「正行寺」という名称ですからね。

いかにも正行と関係ありそうです。


e0158128_19421063.jpg

そして、これが正行の首塚とされる墓石です。

境内の隅にひっそりとあります。


e0158128_19441505.jpg

墓石の後ろにある正行寺由来によると、正成は正平3年/貞和4年(1348年)1月5日の「四條畷の戦い」に敗れて自刃する直前、同行していた随臣の安間了意を呼び、「わが首を敵に取らしむる勿れ」と遺命し、了意は首級を携え吉野に逃れようとしたものの、足利の軍勢に遮られたため、ここ六地蔵に埋葬したとあります。

その後、後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)がその忠死を追悼され、一宇の小堂を墳墓の上に建立し賜い、その墓は600年の間隠匿していましたが、昭和の時代になって陽のあたる場所にと、ここに正行寺の境内に移されたそうです。


e0158128_19441872.jpg

四條畷から吉野に首級を運ぶ途中に足利軍に阻まれて埋葬したのが、なぜ吉野とは全く方向違いの宇治市六地蔵だったのかがわかりませんが、まあ、正行寺という名称ということで、実話ということにしておきましょう。

この種の伝承を細かく詮索するのは、無粋というものです。


次回も、正行の墓を巡ります。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2017-12-14 23:58 | 太平記を歩く | Comments(0)  

<< 太平記を歩く。 その169 「... 太平記を歩く。 その167 「... >>