平成30年の年頭のご挨拶。

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

おかげさまで当ブログも、今年で10回目の元旦を迎えることができました。

これもひとえに皆々様のご厚情あってのことと、厚く御礼申し上げます。

本年も変わらぬご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。


ところで、皆さんは年越しそばっていつ食べますか?

わたしの実家では、夜7時頃に一度晩飯を食べて、その後、11時頃に改めて年越しそばを食べていました。

子供のころ、紅白を観ながらこたつでウトウトしていると、「年越しそば食べる?」といって起こされた思い出があります。

つまり、夕食と年越しそばは別ものでした。


ところが、結婚して初めての大晦日に、夕食で年越しそばが出てきたので、「いやいや早いだろう!」と言ったところ、妻の実家では年越しそばが夕食だったと。

これには驚きましたね。

その後、私の周囲の人たちに聞いてみても、各家庭で様々でした。

ネットで調べてみても、食べるタイミングについては特に地域性などもなく、これが正解というものもないようですね。

人によっては、年跨ぎ除夜の鐘を聞きながら食べるという人もいるようです。


年越しそばが始まったのは鎌倉時代とも室町時代とも言われているそうですが、庶民の間に広まったのは、江戸時代からだそうです。

その由来については諸説あるようですが、ひとつだけ紹介すると、そばは他の麺類よりも切れやすいことから、「今年1年の災厄を断ち切る」という意味があるのだとか。


e0158128_03482566.jpg

上の写真はわが家の今回(昨年)の年越しそばです。

もっとも、私はここ十数年大晦日の夜は徹夜仕事で、明け方に帰宅して年越しちゃったそばを食べているのですが。

まあ、いつ食べようと気持ちの問題かと。


今年もよろしくお願いします。



ブログ村ランキングに参加しています。

よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。

   ↓↓↓

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村 野球ブログ プロ野球へ


by sakanoueno-kumo | 2018-01-03 03:49 | 日常 | Trackback(3) | Comments(2)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/26409157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2018-01-05 17:45
タイトル : 七百年前の港湾都市の現実と年越しそばの起源 前編
今年の年末までは、まだ先のことだけど、どうせ誰も見てないでしょうからやっちゃうことにしました(笑)。博多というところは、これまでにも、度々、述べてきましたように、古くから国際貿易都市として拓けていたことから、「博多発日本初!」という物がいくつかあります。建久6年(1195年)、宋(現在の中国)から帰国した僧、栄西は、日本最初の禅寺・聖福寺を創建すると同時に、日本に初めて、お茶の種子をもたらしました。さらに、それから半世紀近く経った仁治3年(1242年)、日本で初めて「国師」の称号を授けられた聖一国師...... more
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2018-01-05 17:48
タイトル : 続・七百年前の港湾都市の現実にみる年越しそばの起源!
先週の続きです。港湾都市という物は、まあ、今もそうなんでしょうが、多かれ少なかれ、その生計は、入港時に船員が落としていってくれる金以前に港湾荷役などの現金収入に依存していることが多く、それだけに、シケが続いたりして港に船が入らなくなったりすると、労働者の仕事が減ることになり、そうなると、彼らに物を売ることで生計を立てている人たちから、歓楽街のお姉さん方まで、これまた、多かれ少なかれ何らかの打撃を受けるわけで・・・。この点で、私には強く印象に残っているテレビ・アニメの1シーンがあります。「男一匹ガキ大...... more
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2018-01-05 17:50
タイトル : 続・博多うどん考察 かろのうどんと中世博多うどん!
先日申し上げました平太郎独白録 「七百年前の港湾都市の現実にみる年越しそばの起源!」の続編なのですが、私は実は、うどんが大好きでして・・・、そばは最近、食うようになりましたが、昔は、まったく・・・。大阪万博のとき、会場内の食堂には、うどんが売ってなくって、他に子供が食べられそうな物は、そばしかなかったという・・・。それも、ざるそばなら、まだ、何とか・・・って思ったんですが、メニューにあったのは、汁そばのみ・・・。まるで、私に「好き嫌いしないで我慢して食べなさい!」と万博が言っていたようで・・・。でも...... more
Commented by heitaroh at 2018-01-05 17:41
改めまして、あけましておめでとうございます。

当家でも例年、晩飯食った後の遅い時間から年越しそばでしたが、奇しくも、今年は嫁の手抜きで晩飯が年越しそば。
で、抗議すると、「夜遅い時間に食べると決まっているわけではない。普通に晩ご飯の時に食べてる所もある」と言われ、沈黙・・・しました。
Commented by sakanoueno-kumo at 2018-01-05 22:24
> heitarohさん

あけましておめでとうございます。

そうですか(笑)。
我が家は、結婚後初めての大晦日は晩飯が年越しそばでしたが、その後は私の実家の慣ってもらいました。
もっとも、ここ十数年は、そこに私はいませんが。

<< 太平記を歩く。 その176 「... 西郷どん キャスト&プロローグ >>