太平記を歩く。 その191 「石清水八幡宮」 京都府八幡市

京都府八幡市の男山山中に鎮座する「石清水八幡宮」を訪れました。

貞観元年(895年)の創建と言われる石清水八幡宮は、数々の歴史の舞台に登場する大社ですが、『太平記』の時代にも、その地理的要衝から恰好の軍事目標となり、何度も軍事拠点となって兵火にも晒されました。


e0158128_19015305.jpg

『太平記』で最初に石清水八幡宮が登場するのは、配流先の隠岐島を脱出した後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)が船上山に立てこもると、天皇は共に隠岐島を脱出した千種忠顕山陽・山陰道の総司令官に任命し、援軍として京に向かわせます。

楠木正成、護良親王、赤松則村(円心)の挙兵で六波羅が混乱しているなか、忠顕は8000の兵(太平記では20万7千騎)を率いて一気に京都を目指して出陣します。

そのとき千種軍が陣を布いたといわれるのが、ここ石清水八幡宮だったと伝えられます。


e0158128_19044442.jpg

しかし、勢いだけで突き進んだ千種軍は、あえなく六波羅軍によって撃退され、忠顕は淀川を挟んだ北東の山崎に陣を布いていた円心の元に落ち延びたと伝わります。

円心は摩耶山合戦で六波羅軍を撃退したあと、兵を山崎まで進めていましたが、六波羅軍の抵抗の前に総崩れとなり、千種軍とともに退却、再起をはかります。


e0158128_19073515.jpg

次に石清水八幡宮が舞台となるのは、建武の新政が始まった年の建武元年(1334年)9月21日、討幕の成功と王政一統を報告するために後醍醐天皇の行幸が行われたときです。

この行幸の列には、前衛に足利尊氏、中衛に楠木正成、後衛に名和長年を付き従わせ、世間に新政権は武家と朝廷が共に協力しあう政権であることを喧伝したと伝わります。

しかし、この頃すでに武士たちの不満が積もり始めており、尊氏が反旗を翻すのは、この翌年のことです。


e0158128_19102907.jpg

本殿の近くには、楠木正成が建武元年(1334年)に必勝を祈願して植えたと伝わるクスノキがあります。

『洛陽名所集』によると、「戦勝軍利を祈り、楠千本を八幡山にうへけり」とあります。

その逸話が事実だとすれば、この行幸の際に植えられたのかもしれませんね。


e0158128_19105861.jpg

でも、だとすれば、この時点で正成は、近い将来戦が起こることを予感していたということでしょうか。


e0158128_19112943.jpg

樹齢700年近くなる大樹は、根周り18m、樹高30m、樹冠40mで、京都府指定天然記念物となっています。


e0158128_19131476.jpg

続いて石清水八幡宮が舞台となるのは、足利幕府が成立した翌年の延元2年/建武4年(1337年)12月、南朝方の北畠顕家新田義貞の子の新田義興とともに再起をかけて、ここ石清水八幡宮に籠城します。

これに対して尊氏が差し向けた高師直率いる包囲軍は約10万、一方の籠城軍は2000ほどだったといわれます。


e0158128_19140236.jpg

しかし、北畠、新田ら籠城軍はよく戦い、籠城は4ヶ月に及びますが、結局は衆寡敵せず

籠城軍は総崩れとなり、石清水八幡宮軍は高師直軍の手によって、火にかけられます。

このとき、籠城軍の多くが焼死したと伝わります。


e0158128_19144427.jpg

そして最後に石清水八幡宮が舞台となるのは正平6年/観応3年(1352年)に起きた「正平の役(八幡の戦い)」のとき。

足利幕府の内紛に乗じて一時、南朝方が京を奪回すると、ここ男山八幡の麓に後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)の仮皇居が置かれますが、その後、勢力を盛り返した足利義詮軍が攻め寄せ、男山八幡を背にしたこのあたり一帯が戦場となります。


e0158128_19174218.jpg
e0158128_19180158.jpg

幾多の戦乱に巻き込まれた石清水八幡宮。

現在、国宝に指定されている石清水八幡宮の社殿は、寛永11年(1634年)に徳川家光が寄進したものです。



「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-01-31 09:06 | 太平記を歩く | Trackback(1) | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/26827285
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 平太郎独白録 親愛なるア.. at 2018-02-01 10:58
タイトル : 太平記をスピンオフで歩く。 その3 「多々良浜合戦」 福..
先日の続きです。足利尊氏が見て、敵のあまりの大軍に絶望したといわれる風景はこの辺だろう・・・と思いつつ、そこを過ぎ、少し先の、台地が一番高くなっている辺りに来てみたところ・・・、見事に、「ビンゴ!」でした。そこは、樹木が繁っていた関係で、あまり、見通しはよくありませんでしたが、ふと見ると、傍らの説明看板(↓)に、「ここです!」の記載が・・・。改めて、傍らの樹木の間から透かしてみると、こんな(↓)感じでした。ちょっと、わかりにくいですが、樹木が無ければ前回掲示した画像より、もっと見晴らしがいい風景が写...... more

<< 太平記を歩く。 その192 「... 西郷どん 第4話「新しき藩主」... >>