人気ブログランキング |

太平記を歩く。 その197 「栄山寺行宮跡」 奈良県五條市

奈良県五條市にある栄山寺を訪れました。

ここも、かつて南朝の行在所が置かれていたと伝えられおり、「栄山寺行宮跡」として国の史跡に指定されていいます。


e0158128_20015753.jpg

現在、本堂前には、「史跡榮山寺行宮阯」と刻まれた石碑があります。

昭和13年(1938年)に建てられた碑のようです。

e0158128_20045412.jpg


栄山寺は、藤原南家の創始者・藤原武智麻呂が養老3年(719年)、父母を弔うために創建したと伝わる古刹です。

その後、武智麻呂を祖とする藤原南家の菩提寺として、鎌倉時代になるまで大いに栄えたそうです。


e0158128_20065672.jpg

写真は天文22年(1553年)の再建と伝わる本堂です。


e0158128_20070021.jpg

本堂には重要文化財の木造薬師如来坐像が安置されています。


e0158128_20080150.jpg

本堂前には弘安7年(1284年)との銘が打たれた石灯籠が据えられています。

こちらも重要文化財。


e0158128_20101367.jpg

こちらは大日如来像を安置する塔ノ堂(大日堂)


e0158128_20101689.jpg

塔ノ堂の前には、奈良時代のものと伝わる石造七重塔(石塔婆)があります。

こちらも重要文化財。


e0158128_20101990.jpg

こちらは、国宝の梵鐘を吊るす鐘楼です。

なかの梵鐘が国宝なのに、鐘楼が鉄筋コンクリート造なのが残念。


e0158128_20102229.jpg

こちらがその国宝の梵鐘です。

銘文から延喜17年(917年)の製作とわかるそうで、京都の神護寺、宇治の平等院の鐘と共に「平安三絶の鐘」として知られています。

四面に菅原道真撰で、小野道風の書と伝えられる陽鋳の銘文が施されています。

高さ157.4cm、口径89cm。


e0158128_20131390.jpg

そして、榮山寺境内の最も東側にある八角堂

国宝です。

天平宝字年間(757~765年まで)の建立と推定され、この時代の円堂としては、法隆寺の夢殿に並ぶものだそうです。


e0158128_20131753.jpg

八角堂は、藤原武智麻呂の菩提を弔うために、その子・藤原仲麻呂が建立したと伝えられるそうです。

平城京および斑鳩以外の地区にある奈良時代建築としては稀有のものであり、建立年次がほぼ特定できる点でも貴重な建築物だそうです。

榮山寺の堂宇は戦国時代にほとんど焼失してしまいましたが、この八角堂だけは焼け残ったのだとか。


e0158128_20164570.jpg

で、本題の南朝の行在所についてですが、吉野行宮賀名生行宮男山八幡行宮金剛寺行宮観心寺行宮住吉行宮については、それぞれ、いつの年代に行在所となっていたかが克明に記録として残されているのですが、ここ栄山寺行宮については、いろいろ調べてみたのですが、「南北朝時代に南朝の行在所がおかれていた」と記されているだけで、時代背景がわかりませんでした。

実は、わたしも栄山寺行宮のことを最近まで知らず、当ブログで『太平記を歩く』シリーズを読んでくれた方が、ここの存在を教えてくれて、さっそく足を運んだ次第です。

Wikipediaによると、長慶天皇(第98代天皇・南朝第3代天皇)と後亀山天皇(第99代天皇・南朝第4代天皇)の皇居には栄山寺行宮が載っていますが、後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)のページには記載されていませんでした。

あるいは、長慶天皇以降の行在所だったのかもしれません。


e0158128_20164957.jpg

ここを訪れたのは、年末の12月23日でしたが、気候は暖かく、のどかな雰囲気を堪能して帰りました。




「太平記を歩く。」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

太平記を歩く。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-02-09 01:36 | 太平記を歩く | Comments(2)  

Commented by mm at 2018-02-09 03:24 x
いつ記事になるのかと楽しみにしておりました!身近な風景なのに、こうやって拝見するととても新鮮です。いつもながら、写真の構図や光の加減が素晴らしいです。行宮がいつ頃置かれていたか、やはりまだよく分からないのですね。ちょうど吉野や賀名生、河内の方へ向かう道が交叉する辺りなので、どこかへ移る途中に行宮がおかれたのかも…と想像しています。
Commented by sakanoueno-kumo at 2018-02-10 01:38
> mmさん

ここを教えていただいて、ありがとうございました。
おかげでこうしてラインナップに加えることが出来ました。
また、『太平記を歩く』シリーズで、わたしが最後に足を運んだ場所でもあります。

わたしも、賀名生や観心寺の行宮の移動中の拠点だったのかなあと想像しています。

<< 太平記を歩く。 その198 「... 太平記を歩く。 その196 「... >>