人気ブログランキング |

幕末京都逍遥 その25 「土佐藩邸跡」

坂本龍馬中岡慎太郎が襲撃された近江屋跡の石碑から河原町通を挟んで真向かいに、土佐藩邸がありました。

現在、石碑と立て札は、河原町通りではなく木屋町通り側の高瀬川沿いに建てられています。


e0158128_17295544.jpg


この高瀬川を渡った西側、西は河原町通にいたる間、元立誠小学校あたりが土佐藩邸でした。

高瀬川に面しても門が開かれ、土佐橋が架かっていたそうです。


e0158128_17300182.jpg


その高瀬川です。


e0158128_17304099.jpg


土佐藩邸の面積は約1万㎡(約3000坪)程だったと言われています。

これだけ聞けば広大な面積に思いますが、同じく雄藩の薩摩藩邸(現・同志社大学)はその倍近い約1万9000㎡(5805坪)あったといいますから、決して広すぎたわけでもなかったようです。


e0158128_17305161.jpg


近江屋跡と土佐藩邸は、ほんと、目と鼻の先でした。

当時の河原町通りは今のように広くありませんでしたから、歩いて十数歩の距離だったんじゃないでしょうか。

なのに、なぜ龍馬や慎太郎は藩邸に寝泊まりしなかったのか、不思議でなりません。

組織に縛られるのが嫌な性分だった・・・といえばカッコイイですが、少なくとも龍馬は、前年の4月に伏見の寺田屋で捕り方に襲われて瀕死の重症を負っており、命を狙われることの恐怖を十分に味わっています。

今なお、自身の命を狙う輩が大勢いることは自覚していたでしょうから、多少窮屈でも、ここ土佐藩邸に投宿するのが最も身の安全を確保できたはずです。

なのに、なぜかあえて危険な酢屋近江屋に投宿していた。

わたしは、何か、土佐藩邸には入りたくない、入っても安全とはいえない理由があったんじゃないかと思っています。

そのあたりに、龍馬暗殺の真相が隠されているんじゃないかと。


e0158128_17313850.jpg


龍馬は脱藩の罪を文久3年(1863年)に勝海舟松平春嶽らのとりなしによって赦免されていますが、そのとき、ここ土佐藩邸で7日間の謹慎処分をくらっています。

その後、再び龍馬は脱藩しますが、暗殺される9ヵ月前の慶応3年(1867年)2月、慎太郎と共にまたもや脱藩の罪を赦されています。

郷士という低い身分の分際で脱藩という重大な罪を2度も犯しながら、2度とも赦されて復帰していた龍馬。

藩邸内では、必ずしも彼らの存在を肯定する人物ばかりではなかったであろうことは、容易に想像がつきますね。

そのあたりの事情も、ふたりが藩邸に入りたがらなかった理由のひとつだったかもしれません。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-04-02 22:36 | 幕末京都逍遥 | Comments(0)  

<< 幕末京都逍遥 その26 「土佐... 幕末京都逍遥 その24 「中岡... >>