人気ブログランキング |

幕末京都逍遥 その44 「西郷隆盛寓居跡(鍵直旅館跡)」

前稿で紹介した薩摩藩錦小路邸跡の石碑から200mほど東のあたりに、かつて西郷隆盛定宿だった鍵直旅館がありました。

現在、その跡地には石碑などの類は何もなく、そこにそんな歴史があることはほとんど知られていません。


幕末京都逍遥 その44 「西郷隆盛寓居跡(鍵直旅館跡)」_e0158128_19520808.jpg


安政5年7月16日(1858年8月24日)、京都に入った西郷隆盛は、吉井友実とともに定宿鍵屋直助方に滞在しました。

その同じ日、大坂では西郷の主君でありでもある島津斉彬急逝します。

鍵直には、江戸から帰った伊地知正治、有村俊斎(海江田信義)、有馬新七らも泊まり、西郷とともに斉彬の入京をまっていました。

そして7月27日、西郷は斉彬の死の報せを聞きます。

訃報に接したのは、この場所だったかもしれません。


幕末京都逍遥 その44 「西郷隆盛寓居跡(鍵直旅館跡)」_e0158128_19521296.jpg


西郷は悲歎のあまり殉死しようとしますが、僧・月照らに説得されて、斉彬の遺志を継ぐことを決意します。

幕末の英雄・西郷隆盛は、ここからはじまったといえるかもしれません。


幕末京都逍遥 その44 「西郷隆盛寓居跡(鍵直旅館跡)」_e0158128_19521643.jpg


鍵直旅館跡のすぐ南には、東西400mの有名な錦市場があります。


幕末京都逍遥 その44 「西郷隆盛寓居跡(鍵直旅館跡)」_e0158128_19522054.jpg


平安時代からつづくと言われるこの錦市場は、江戸時代には本格的な魚市場として栄えました。

薩摩屋敷もすぐ側にあり、きっと、西郷どんもこの市場を行き来したに違いありません。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-04-28 23:31 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/27224578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 西郷どん 第16話「斉彬の遺言... 幕末京都逍遥 その43 「薩摩... >>