幕末京都逍遥 その111 「天満屋事件跡(中井庄五郎殉難地)」

前稿で紹介した本光寺から油小路通を400mほど北上したところに、「勤王之士 贈従五位 中井正五郎殉難之地」と刻まれた石碑があります。

ここは、幕末、天満屋という旅籠があった場所で、慶応3年12月7日(1868年1月1日)、ここで世に言う「天満屋事件」が起きます。


e0158128_18534458.jpg


慶応3年11月15日(1867年12月9日)、四条河原町の近江屋において坂本龍馬中岡慎太郎が暗殺されますが、龍馬の死を知った海援隊士たちが最初に疑ったのが、紀州藩士による「いろは丸事件」報復でした。

「いろは丸事件」とは、龍馬が暗殺される約半年前の慶応3年(1867年)4月23日に起きた龍馬率いる海援隊の汽船・いろは丸と紀州藩の大型汽船・明光丸が瀬戸内海讃岐沖で衝突する事件ですが、このとき龍馬は紀州藩との談判で一歩も引かず、金塊武器弾薬などの積荷分、8万3,526両198文の損害賠償を要求し(江戸時代後期の1両は現在の価値に換算すると3万円から5万円で、約25億円~42億円に相当します)、その後、後藤象二郎の協力も得て龍馬はこの日本最初の海難審判全面勝利します(平成に入ってからの海底のいろは丸の潜水調査では、龍馬の主張した武器類は見つかりませんでした)。

その後、紀州藩からの減額交渉があり、紀州藩が海援隊に賠償金7万両を支払うことで決着を見るのですが、その7万両が土佐商会(土佐藩が経営する長崎の商社で、この当時、海援隊を管理していた)に支払われたのが11月7日。

しかし、その8日後に龍馬は凶刃に倒れます。

海援隊士の陸奥陽之助(宗光)は、実行犯を新選組、そしてその黒幕を紀州藩公用人の三浦休太郎(安)と決めつけました。

三浦は紀州藩の京都における周旋方(諸藩との外交交渉係)で、在京諸藩の幕府擁護論のリーダー的存在であり、「いろは丸事件」の談判では、紀州藩代表として龍馬と直接交渉した人物でした。

陸奥たちが三浦を疑ったのは無理もなかったでしょう。


e0158128_18534886.jpg


龍馬が暗殺された約3週間後の12月7日夜、陸奥ら海援隊・陸援隊士16名が、三浦が泊まっていた天満屋を襲撃します。

しかし、身の危険を察知していた三浦は、会津藩を通して新選組に警護を依頼しており、襲撃当日は、新選組隊士らと酒宴の最中でした。

そのため、狭い天満屋は双方入り乱れた大乱闘となり、三浦の家臣2名、新撰組隊士1名、襲撃者側に1名死者が出ましたが、三浦本人は、顔に軽いけがをしただけでした。

その襲撃側の死者1名というのが、石碑に刻まれた中井正五郎という人物です。


e0158128_18535287.jpg


十津川郷士の中井正五郎は、生前の龍馬が若造の自分を軽んじることなく時論を語ってくれたことに感激し、心酔して龍馬信奉者となった人物でした。

そして陸奥の天満屋襲撃の計画を知るとこれに加わり、一番乗りで討ち入って奮戦し、討死したといわれます。

ただ、幕末史的にはそれほど有名でもなければ重要な人物でもありません。

事件の主役はあくまで三浦と海援隊であり、三浦側にも死者がでています。

なのに、中井は龍馬の仇討ち(といっても冤罪の可能性が大ですが)で果敢に戦って討死したというだけで従五位の官位を送られて石碑に名が刻まれたわけです。

いまなら「天満屋事件跡」と刻むでしょう。

明治政府の偏った歴史観が伺える石碑です。




「幕末京都逍遥」シリーズの、他の稿はこちらから。

 ↓↓↓

幕末京都逍遥


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-08-10 00:43 | 幕末京都逍遥 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/27473513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 幕末京都逍遥 その112 「御... 幕末京都逍遥 その110 「伊... >>