江戸城を歩く。 その2 「坂下門~正門・二重橋」

「その1」の続きです。

桔梗門から蛤濠に沿って南西に歩きます。

向こうに見えるのは、坂下門です。


e0158128_16283560.jpg


坂下門で思い出されるのは、やはり幕末の「坂下門外の変」ですね。

文久2年1月15日(1862年2月13日)に、ここ坂下門外にて尊皇攘夷派水戸浪士6人が、幕府老中・安藤信正(磐城平藩主)を襲撃し、負傷させた事件です。


e0158128_16315365.jpg


その2年前に起きた「桜田門外の変」で大老・井伊直弼が暗殺されると、幕政は老中・安藤信正、久世広周によって公武合体策が進められ、特に安藤は、皇女和宮を14代将軍・徳川家茂降嫁させる策を実現させますが、これに反発する尊攘派から激しい非難の的となります。

そして、登城する安藤の行列が坂下門外に差しかかったとき、水戸浪士6人が斬りかかりました。

しかし、桜田門外の変以降、幕府側の警備が厳しくなっていて、命を奪うまでには至らず、志士6名はいずれもその場で斬殺されました。


e0158128_16332795.jpg


坂下門外ですから、このあたりだったでしょうか?


e0158128_16354288.jpg


坂下門から二重橋濠沿いに南下します。

上の写真はその二重橋濠

濠の向こうは宮内庁があり、その奥が皇居です。


e0158128_16395405.jpg


ここがその皇居正門

その手前の橋が、正門石橋です。

当然ですが、一般人は通行できません。

もっとも、新年の1月2日や天皇誕生日皇居一般参賀時には、正門が開放され渡ることができます。


e0158128_16430187.jpg


現在の皇居は、かつての江戸城西の丸にあたります。

なので、この皇居正門は、かつては西の丸大手門と呼ばれていました。

明治21年(1888年)明治宮殿造営の際、この門のすぐ前にあった高麗門を撤去し、そのときに名称も皇居正門と改めました。

門の建造は3代将軍・徳川家光の時代と推定されているそうです。


e0158128_16430497.jpg


皇居正門と正門石橋、そして向こうに見えるのが、西の丸の伏見櫓です。

絵葉書などにも使用されている、皇居の顔の景色ですね。

正門石橋は、江戸時代は土で出来た土橋でしたが、明治20年(1887年)12月に現在のようなめがね型の橋に生まれ変わったそうです。


e0158128_16430874.jpg


西の丸の伏見櫓です。

かつて江戸城には多くの櫓がありましたが、現在残っているのは、三の丸の巽櫓、本丸の富士見櫓、そしてこの伏見櫓の3つだけです。

伏見櫓は皇居敷地内にあるため、近寄ることは出来ません。


e0158128_16442575.jpg


二重橋濠には、もうひとつ橋が架かっています。

それがこれ、正門鉄橋です。

西の丸玄関門に渡る橋ですが、この鉄橋と石橋の2つの橋を合わせて「二重橋」というのかと思っていたら、そうじゃないそうですね。

二重橋とはこの正門鉄橋のことだそうで、かつては、この橋桁が二重構造になっていたことから、そう呼ばれていたそうです。


e0158128_16461619.jpg


おっ母さん、ここが、ここが、二重橋・・・・て、古いですね(笑)。

若い人はわからないでしょうね。

わたしもまだ生まれていません。

次稿に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2018-12-01 03:45 | 東京の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/27691842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 西郷どん 第45話「西郷立つ」... 江戸城を歩く。 その1 「和田... >>