人気ブログランキング |

西郷どん 総評

 「幕末」と呼ばれる時代はいつからいつまでを言うのか、という話題になったとき、その始まりは「黒船来航」からという意見で概ね一致しますが、その終わりとなると、ある人は「王政復古の大号令」だといい、別の人は「戊辰戦争の終結」だといい、いやいや「廃藩置県」だろうという人もいれば、「西南戦争の終結」まで幕末は続いていたという人もいて、なかなか解釈が定まりません。


 わたしの個人的意見を述べさせてもらうと、「幕末」「幕」「幕府」「幕」と解釈すれば、幕府政権の終わり、すなわち大政奉還から王政復古の大号令にかけてとなるのでしょうが、古い時代の「幕引き」、新しい時代の「幕開け」という意味での「幕」と考えれば、わたしは侍の時代にピリオドが打たれた西南戦争の終結までが幕末ではなかったかと思います。で、その幕末の最初から最後まで登場するのが、今年の大河ドラマ『西郷どん』の主人公である西郷隆盛です。


 たとえば、幕末の志士のなかで人気ナンバーワン坂本龍馬を主人公にした場合、物語は大政奉還で終わってしまいます。司馬遼太郎さんはその大政奉還を大きなクライマックスに見立てて、あの名作『竜馬がゆく』を生み出しましたが、実際には、大政奉還は確かに大きな節目ではありましたが、維新改革の観点で言えば序章にすぎません。また、もうひとりの人気者である高杉晋作などは、さらに早く死んでしまうため、彼を主人公とする『世に棲む日日』は、これから歴史が大きく動くというところで物語が終わっちゃうので、大河ドラマにはし難いでしょう。その点、西郷隆盛の物語は、黒船来航から西南戦争まで、幕末の始めから終わりまですべて描ける。戦国三英傑の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康を比べたとき、その後世の人気度でいえば1信長、2秀吉、3家康という順番になるかと思いますが、物語にすると、家康ものが俄然面白い。というのは、桶狭間の戦いから大坂夏の陣まですべて描けるからに他なりません。その論でいえば、幕末はやはり西郷なんですね。


e0158128_22363584.jpg


 で、そんなミスター幕末・西郷隆盛を主人公にした大河ドラマは、30年前の『翔ぶが如く』以来、2度目の作品となります。わたしは、『翔ぶが如く』はわたしの知る限り3本の指に入るほどの名作だったと思っているので、どうしても、それとの対比になっちゃうのですが、今年の大河ドラマ『西郷どん』は、わたしにとってどうだったかといえば、正直に言って名作とはいえない残念な作品となりました。同じ西郷を主人公とした伝記ドラマであるはずの『翔ぶが如く』と『西郷どん』は、似て非なるものだったと言わざるを得ません。


 その理由はいくつも挙げられますが、いちばんの理由は、取捨選択のマズさと創作稚拙さでしょう。西郷の志士としての生涯は長く、しかも濃い。それ故に史実に縛られること大で、また、伝承レベルの逸話も数多くあることから、それをすべて描こうとすれば、47話ではとても足りない。だから、割愛しなければならないのは仕方がないことですが、その取捨選択があまりにも下手で、理解しがたいものでした。少しでも歴史を知っている人であれば、きっと、何でここをスルーしちゃうんだ?と思ったことは一度や二度ではなかったのではないでしょうか? それが最も顕著に表れているのが、時系列の構成。全47話中、戊辰戦争までの幕末期が38話あったのに対し、維新後の明治期はたった9話。当然ですが、明治期のひとつひとつの歴史的出来事の描き方は粗雑となり、無理やり短縮したり解釈を変えることによって、とても歴史ドラマといえるものではなくなってしまいました。ちなみに、先述した『翔ぶが如く』では、幕末編が29話で、明治編が19話でした。これでも、もっと明治期を描いてほしかったと思ったほどでしたから、このたびの9話というのが、いかに短縮されていたかがわかるかと思います。


 では、その分、幕末期の話が充実していたかといえば、決してそうとは言えず、逆に無駄な話が多かった。それをいくつか挙げていくと、まず、島津斉彬の死までが長かった。たしかに、斉彬は西郷の生涯にとって欠かせない重要な登場人物ですが、西郷と共に過ごした時間は短く、西郷の志士としての長い生涯においては、序章に過ぎません。しかし、今回のドラマでは、斉彬の死までに実に16話も費やしています。しかも、たいして面白くもない創作話をたくさん盛り込んで。明らかにここは無駄だったでしょう。あるいは、斉彬役に超ビッグなハリウッドスターをキャスティングしたため、早く死んでもらうわけにはいかなかったのでしょうか? だとすれば、本末転倒な話ですね。民放の月9ドラマだったら、俳優さんありきで物語が構成される場合も多々あるでしょうが、歴史ドラマにおける俳優さんはあくまで影武者であって、重点をおくべきは、歴史上の人物です。


 それから、篤姫とのラブコメ話もいらなかった。篤姫と西郷の関係は、篤姫の輿入れ時に、その輿入れ道具の調達を任された、ただそれだけの関係です。フィクションがダメだと言ってるわけではありません。ドラマが100話あるんだったら、そういう遊びの回があってもよかったでしょうが、限られた尺のなかで、大事な歴史のエピソードを削ってまでも描かなければならなかったとはとても思えません。それと、ヒー様との意味不明な友情話も不要。あれ、何が描きたかったのか、わけがわかりません。あと、西郷と何ら関わりがなかったであろうジョン万次郎の話もいらなかったですし、それから、坂本龍馬の出番も多すぎた。わたしは、スマホの待受画面を坂本龍馬にするほどの龍馬ファンですが、だからといって、何でもかんでも龍馬人気に肖ろうとする傾向は好きではありません。坂本龍馬の人生にとっては西郷との出会いは重要な出来事だったかもしれませんが、西郷の人生にとっては、坂本龍馬はそれほど重要な人物ではありません。薩長同盟のくだりで少し登場すればいい程度の存在です。龍馬とのエピソードを描くくらいなら、西郷に大きな影響を与えた橋本左内藤田東湖(今回のドラマには登場すらしなかった)との関係を、もっと描くべきだったんじゃないでしょうか? これらの無駄な回をなくすだけでも、ずいぶん幕末編を短縮できたでしょうし、その分、明治編をもっと丁寧に描けたように思います。


それから、人物の描き方についてですが、開明派が賢者で、保守派が愚者という解釈も、相変わらず短絡的すぎるような気がします。例えば島津久光などは保守派の代表のような人物ですが、決して愚人というわけではなく、あと半世紀ほど早く生まれていれば、名君として後世に名を残していたかもしれません。一方で、島津斉彬勝海舟といった開明派は、時代が違えば、奇人変人扱いだったかもしれず、実際に斉彬も勝も、当時の社会のなかでは、敵が多く理解者は少ない存在でした。特に斉彬は、西郷というフィルターを通してみれば名君だったでしょうが、そのあまりにも革新的な考えを実行するために、振り回され、翻弄され、酷使されて使い捨てられた家臣もたくさんいました。斉彬と久光、どちらが薩摩藩にとって名君だったかは、一概には言えないんです。ドラマですから、ある程度分かりやすくするために善悪で描かれるのは仕方ないにしても、賢愚で描くのは、そろそろ見直してほしいと思います。


e0158128_20152636.jpgで、西郷の人物像についてですが、彼の場合、これまで多くの物語などで描かれてきた西郷がそうであったように、結局はつかみどころがない開明的なのか保守的なのか、賢人なのか愚人なのか、革命家なのか政治家なのか軍人なのか、西郷の言動や行動をいくら検証しても、ついぞ見えてこないんですよね。ある人は、西郷は自身が起こした革命を自らの死によって完成させたといい、またある人は、もう一度革命を起こして維新をやり直そうとしていたといい、また別の人は、自らの役目を終えたあとの死に場所を探して彷徨っていたと説きますが、どれも、そうともとれるし、でも腑に落ちません。司馬遼太郎さんは維新前の西郷と維新後の西郷とを、まるで別人と評しているのに対し、海音寺潮五郎さんは、維新前と維新後でまるで人が変ってしまうことなどあろうはずがないといっています。かつて司馬さんが執筆した『翔ぶが如く』を読んだ海音寺さんが、「司馬君でもまだ西郷を描ききれていない。」と評したという話がありますが、それほど、西郷という人物は、計り知れない人なんですね。


 そんな評価の難しい西郷ですが、素人のわたしなりに思う西郷像は、パートナーがあってこその西郷だったんじゃないかと思っています。つまり、西郷は維新第一の英雄となりましたが、自身の強烈な指導力で牽引するヒトラーのようなカリスマ革命家ではなく、誰かにサポートされて、もっといえば、誰かに操られて、その事績を成し得た珍しいタイプの革命家だったといえます。その西郷を操っていたのが、若き日は斉彬であり、革命期は大久保利通だったんじゃないかと。「操っていた」というと聞こえが悪いですが、決して彼らが西郷を見下していたというわけではなく、斉彬や大久保にはない人間的魅力を西郷は持っていて、その西郷の人間力を大久保たちは利用し、また、助けられてもいた。そんなギブアンドテイクの関係が成立していて、英雄・西郷隆盛が作られていったのではないかと思います。実際、斉彬は若き日の西郷を評して、「西郷を使いこなせるのは自分だけだ」と言っていたといいますし、斉彬亡きあと、ともすれば暴走しかねない西郷の手綱をさばいていたのは、大久保でした。西郷は西郷ひとりの力で西郷となったわけではなく、斉彬、大久保がいてこその西郷だったのではないかと。


 ところが、征韓論政変以降、西郷をいい意味で操る人間がいなくなり、西郷が身を預けたのが、桐野利秋別府晋介といった若いぼっけもんたちだった。彼らに西郷を操れるだけの能力はなく、神輿に担ぎあげるのが精一杯だった。これが、西郷の不幸だったといえるでしょう。ひるがえって考えれば、結局、西郷はその人生において自らの意思で能動的に行動したことは一度もなく、斉彬に使われ、大久保に操られ、最後はぼっけもんたちに担がれるという傀儡の生涯だったんじゃないかと。ちょっと西郷ファンには申し訳ないですが。


 今回のドラマの西郷は、これまでにないエネルギッシュな西郷でしたね。それはそれで悪くはなかったと思いますが、残念ながら西郷の生きた歴史、西郷が行った功績がほとんど描かれていなかったため、ただエネルギッシュな良い人、というだけでした。歴史上の英雄というのは、善きにせよ悪しきにせよ清濁併せ呑む人物だったからこそ英雄たり得たわけで、そこが偉人たちの魅力でもあります。そんな歴史上の英雄のなかでは、珍しく西郷は道義を重んじる人格者ではありましたが、西郷とて決して聖人君子ではありません。だから、ドラマ内の「皆が腹いっぱい食える世の中にしたい」というあの台詞を聞くたび、興ざめしていました。そんな、世のため人のために生きてませんよ、人は皆。西郷は道義主義者でしたが、彼の道義はあくまで当時の武士階級の道徳であり、士族至上主義でした。幕末期の西郷は薩摩藩の立場を守るために活動し、明治期の西郷は、薩摩士族のために働いた。ひいては、それが自身のためでもあったんです。決して、世のため人のためといった綺麗事で幕府を倒したわけではありません。自分たちのためです。民百姓のことなんて、眼中になかったと思いますよ。


 それらの人物像歴史解釈、フィクション部分を見ても、どうにも稚拙な描き方に思えてならない今年の大河ドラマでした。勘違いしないでほしいのは、わたしは、フィクションがダメだと言っているわけではありません。でも、全47話という限られた尺のなかで構成するわけですから、そこは、センスが問われるところだと思います。歴史ドラマといえどもエンターテイメントですから、フィクションは不可欠だと思いますし、そこには独自解釈があってもいいでしょう。ですが、歴史ドラマにおけるフィクションは、作り手の知識に裏付けされたセンスが必要だと思います。本作品の原作の林真理子さんと脚本の中園ミホさんに、どれほどの知識の裏付けがあるのかは知りませんが、想像するに、幕末維新の歴史も、西郷隆盛という人物のこともあまり知らずに、執筆依頼があってからにわか知識を放り込み、その程度の知識で作品を書かれたんじゃないでしょうか。


何年か前に、NHK-BSの『英雄たちの選択』で西郷隆盛が採り上げられたとき、パネラーで林真理子さんが出演されておられましたが、そのとき、林さんはあまり西郷のことを知っておられない様子でした。たぶん、あのとき既に大河作品の執筆依頼があって、にわか勉強中だったのでしょうね。ただ、残念ながら、にわか知識で書けるほど、西郷隆盛の生涯は単純じゃないです。どれだけ売れっ子の作家さんであっても、歴史ドラマは、歴史に精通していなければ書けないと思いますし、書くべきではないとわたしは思います。歴史の知識が浅い人が歴史ドラマを書くと、フィクションも的外れでトンチンカンなものになります。ピカソは、写実画を極めた上であの画風に行き着いたのです。デッサン力のない者が抽象画を書いても、ただの下手な絵でしかありません。歴史をしっかりと勉強した人にしかフィクションの歴史は書けないのではないでしょうか。


 というのも、ここ近年、やたらと女性の脚本家さんの作品が続きますよね。女性が主人公の作品だけならまだしも、それ以外も、2008年の『篤姫』以降の11作品中、8作品が女性の脚本家さんです。これ、どういうことでしょう? 女性がダメだとは言いませんが、この比率は明らかに偏っています。ここからはわたしの想像ですが、偏見かもしれませんが、男性の脚本家さんは、大河ドラマの脚本の難しさがわかるから、歴史にそれほど精通していない人は、オファーがあっても容易に引き受けないんじゃないかと。ところが女性の脚本家さんは、その難しさを考えず、にわか知識だけで安直にオファーを引き受けちゃうんじゃないかと。わたしの勝手な想像ですが、11作品中、8作品が女性というのは、どう見ても普通じゃないですよね。その背景には、そんな事情が隠されているように思えてなりません。それが、近年の大河の質の低下を引き起こしている原因じゃないかと。だとすれば、幕末維新じゃないけど、大河ドラマも根本的な改革が必要な時期に来ているのかもしれません。


 いささか辛口な批判ばかり述べてきましたが、最後に、鈴木亮平さんの西郷隆盛は良かったと思います。ここだけで言えば、『翔ぶが如く』の西田敏行さんより良かったかも。西田さんも良かったのですが、いかんせん背丈が・・・。その点、鈴木隆盛は申し分ない体躯と存在感でしたし、もちろん演技も、特に後半は本物の西郷もこんな感じだったんじゃないかと思えてくる程でした。それだけに残念、というしかありません。


 気がつけば、ずいぶん長文になってしまいました。厳しい意見ばかり吐いてきましたが、毎週面白いと思って観ておられた方には申し分ありません。それだけ今年の大河ドラマには期待していたということで、ご容赦ください。それでは、このあたりで『西郷どん』のレビューを終えたいと思います。毎週のぞきにきていただいた方々、時折訪ねてきてくれた方々、コメントをくださった方々、本稿で初めてアクセスいただいた方々、どなたさまも本当にありがとうございました。


●1年間の主要参考書籍

『西郷隆盛』 家近良樹

『大久保利通と明治維新』 佐々木克

『西郷内閣』 早瀬利之

『西郷隆盛101の謎』 幕末維新を愛する会

『幕末史』 半藤一利

『もう一つの幕末史』 半藤一利

『西郷と大久保二人に愛された男 村田新八』 桐野作人・則村一・卯月かいな

『翔ぶが如く』 司馬遼太郎

『歳月』司馬遼太郎

『西郷隆盛』 海音寺潮五郎

『西郷と大久保』 海音寺潮五郎


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2018-12-21 00:07 | 西郷どん | Trackback | Comments(6)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/27750803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ZODIAC12 at 2018-12-23 14:43 x
その他はともかく、疑問に思い、引っ掛かりを感じた箇所があります。


>>西郷はその人生において自らの意思で能動的に行動したことは一度もなく、斉彬に使われ、大久保に操られ、最後はぼっけもんたちに担がれるという傀儡の生涯だったんじゃないかと。<<

>>そんな、世のため人のために生きてませんよ、人は皆。
西郷は道義主義者でしたが、彼の道義はあくまで当時の武士階級の道徳であり、士族至上主義でした。

幕末期の西郷は薩摩藩の立場を守るために活動し、明治期の西郷は、薩摩士族のために働いた。ひいては、それが自身のためでもあったんです。
決して、世のため人のためといった綺麗事で幕府を倒したわけではありません。自分たちのためです。
民百姓のことなんて、眼中になかったと思いますよ。<<


の箇所でしょうか。特に後者は違うのではないでしょうか?後者の言い方だとまるで、

「西郷は自分が直接所属する階級や共同体の利益の為に働いていただけで、天下国家の事など何も考えてなかった。
國體思想に基づく天下国家観など何もなく、自分たちの利益を追求していたら、結果的に維新が成功しただけ。」

とまあ、こう言ってるかのように聞こえてしまいます。

もしそういうニュアンスで言っているのだとしたら、西郷という人物をあまりに俗物的に矮小化してはいないでしょうか?
そんな俗っぽいだけの人物に、あれだけの大業が成し遂げられたとは思えませんし、戊辰戦争で西郷ら官軍に敗れた側の庄内藩士たちが、西郷に心酔した理由が分からなくなります。
Commented by ZODIAC12 at 2018-12-23 14:51 x
明治になり、西郷の死から暫く経ってから、そんな旧庄内藩士たちが、西郷の生前の言葉を編纂し、『南洲翁遺訓』という書物まで発行しました。
「賊軍」「朝敵」という不名誉極まりない、屈辱的なレッテルを貼られた側の庄内人たちが、そんなレッテルを貼った側に属する西郷を、何故それ程までに敬慕したのか、その説明が付かなくなります。

更には・・・・


内村鑑三の西郷評:

「敬天愛人の言葉が西郷の人生観を要約している。それはまさに知の最高極致であり、反対の無知は自己愛で有ります。」

「西郷を殺した者達がことごとく喪に服した。
涙ながらに彼を葬った、そして涙と共に彼の墓は今日に至るまで、あらゆる人々によって訪れられている。
かくの如くにして、武士の最大たる者、また最後の(と余輩の思う)者が世を去ったのである。」



江藤淳の西郷評:

「このとき実は山県(有朋)は、自裁せず戦死した西郷南洲という強烈な思想と対決していたのである。
陽明学でもない、敬天愛人ですらない、国粋主義でも、排外思想でもない、それらをすべて超えながら、日本人の心情を深く揺り動かして止まない西郷南洲という思想。
マルクス主義もアナーキズムもそのあらゆる変種も、近代化論もポストモダニズムも、日本人はかつて西郷南洲以上に強力な思想を一度も持ったことがなかった。」



中西輝政氏の西郷評:

「西郷を知ることは日本を知ること」

「日本人の真髄を体現し、日本文明の本質を体現した人物」


以上挙げたような、高名な碩学たちがこれだけ絶賛している人物が、果たしてそんな程度の評価で適切と言えるでしょうか?少なくとも私は賛同出来ません。
Commented by sakanoueno-kumo at 2018-12-24 16:29
> ZODIAC12さん

庄内藩士らの西郷に対する敬慕は、敗軍に対する西郷の慈愛に満ちた対応からきたもので、多分に西郷の人格の部分によるものであり、西郷の能力による部分ではありません。
むしろ、『南洲翁遺訓』は、後世の西郷の国民的人気を不動のものにした結果、西郷を没我奉仕の思想家として虚像化し、それを巨大化させたという側面があったと思います。
たしかに、西郷は身分の低い相手にも礼節をもって応対し、それが、初対面の相手の心をつかみ、当時の多くの人々から畏敬の念を抱かれる人格者であったようですが、しかし、それも結局は当時の封建社会の既成概念から外れるほどではなく、あくまで武士階級においてのことであり、維新後も士族至上主義でした。
そのことは、現存する西郷の書簡から、多くの学者さんがそう説かれておられます。

また、貴兄がおっしゃられる天下国家観という点においても、西郷は革命家ではあっても、その先の新国家建設に向けてのビジョンに乏しかったとする見方も多いですよね。
西郷は単なる破壊家に過ぎなかったと。
わたしもそう思っています。
民百姓も含めた民権という進歩的な思想でいえば、西郷よりも、むしろ木戸孝允のほうがはるかに開明的ビジョンをもっていました。
しかし、木戸はそれ以上に藩閥意識が強く、何よりその妬み深い性格から、残念ながらその進歩的なビジョンを活かせるだけの指導力もカリスマ性も持っていなかった。

西郷には、そのカリスマ性があった。
しかも、その説くところは常に公明正大であり、身辺は清廉潔白だった。
だから、多くの将校たちが西郷を支持した。
それが、やがて西郷を、言葉は悪いですが「自惚れ」させ、現行政府の転覆という野望を抱かせ、見誤らせたのが西南戦争だったと思います。
それもこれも、西郷の政見の稚拙さ、ビジョンのなさからきたものだったと。

つづく。
Commented by sakanoueno-kumo at 2018-12-24 16:39
> ZODIAC12さん

コメントのつづきです。
わたしは、木戸と同じくらい開明的なビジョンを持ち、西郷に負けないくらいの指導力とカリスマ性を持っていたのが大久保利通だったと思っています。
しかし、西郷の死後、不平士族の希望だった西郷の死を悼む思いと、西南戦争で死んでいった薩摩士族に対する同情と、日本人特有の判官贔屓が相まって、その憎悪と憤懣が全て大久保政権に向けられた。
それが、後世の西郷像と大久保像を決定づけたといえます。
しかし、冷静になって着目すると、明治6年の政変で、西郷に追従して下野した薩摩系士族より、大久保に同調して政府に残った薩摩系士族のほうがはるかに多いということです。
なにより、西郷に最も近いはずの実弟・西郷従道と従兄弟の大山巌が大久保側についてる。
後世の印象では、ほとんどの薩摩士族が西郷に心酔していたかのように思いがちですが、実際には、西郷側についたのは、ほんの一握りの将校たちだけでした。
この時点では、後世が思うほど西郷人気が圧倒的だったわけではありません。

いつの時代でも、国民の不満というものは常に現行政府に向けられるもので、それに立ち向かう野党というのは、その力以上に評価されて期待されるものだと思います。
それで大失敗だったのが、先の民主党政権でしたよね。
西郷らの時代、西郷党に向けられた期待というのはその比ではなかったでしょう。
その期待の星が政権交代することなく政府によって葬られたわけですから、その期待は永遠に叶うことなく、死後、その虚像がどんどん巨大化していったというのが実情でしょう。
でも、もし西郷らが大久保政権を倒して政権交代を実現していたら、たぶん、その稚拙さは平成の政権交代の比ではなかったと思いますよ。
そうなっていれば、後世の西郷評というのは180度違うものになっていたかもしれません。
わたしは、後世の西郷像というのは、大幅に割り引いて見るべきだと思っています。
Commented by heitaroh at 2018-12-26 11:31
貴兄にしては随分と辛口の評ですね(笑)。
西郷は海音寺潮五郎が「司馬君でもまだ西郷が描けてない」と言ったというくらいですから、題材としてそもそも、厳しいものがあったんじゃ無いですか?
Commented by sakanoueno-kumo at 2018-12-26 16:20
> heitarohさん

海音寺さんのその言葉は、司馬さんの描く西郷がちょっと無能っぽいキャラだったので、気に食わなかったのでしょう。
その言葉に海音寺さんがつづけるならば「やはり西郷は僕が書くしかない」と言いたかったんじゃないでしょうか。
海音寺さんの西郷愛はハンパないですから。
司馬さんも、本当はもっと西郷をこき下ろしたかったけど、毎週『翔ぶが如く』の新聞連載を楽しみにしているという海音寺さんの言葉を聞いて、多少忖度がはたらいた分、その批判の矛先が桐野に向いたんじゃないかと思っています。
スケープゴートにされた桐野には気の毒な話ですが。

西郷が題材として難しいというのは、おっしゃるとおりだと思います。
だからこそ、ちゃんと勉強して描いてほしいです。

<< 江戸城を歩く。 その9 「九段... 西郷どん 第47話「敬天愛人」... >>