人気ブログランキング |

日本最古の現存天守、丸岡城を訪ねて。 その1 <天守・外観>

福井城跡北ノ庄城跡をめぐったあと、約10km余り北上した福井県坂井市にある丸岡城を訪れました。

ここは現存天守12城のひとつとして知られ、そのなかでも、最古の天守とされています。


e0158128_19264335.jpg


丸岡城は天正4年(1576年)に柴田勝家の甥・柴田勝豊によって築かれたと伝わります。

勝家の北ノ庄城が天正3年(1575年)の着工とされていますから、ここ丸岡城とほぼ同時進行で工事が進められたと思われます。

つまり、北ノ庄城の支城として築かれた城でした。


e0158128_19305611.jpg


こちらが、その天守です。

領主の居館としての機能をもった2重3層の初期望楼型独立式です。

同時進行で築かれた北ノ庄城は九重の巨大城だったといいますから、それに比べるとずいぶんコンパクトですね。


e0158128_19340097.jpg


天正3年(1575年)織田信長は朝倉氏滅亡後に越前国を支配していた一向一揆を平定すべく、当時、ここ丸岡の東方約4km余りの山中にあった豊原寺を攻略しました。

その恩賞として、信長は勝家に越前一国を与えて守護職とし、北ノ庄城の築城を命じます。

勝家は、その養子となっていた甥の勝豊を豊原に派遣して宮城を構えさせますが、交通の利便性などから、翌年に丸岡に移って築城を開始しました。

それが、ここ丸岡城です。


e0158128_19440611.jpg


ただ、築城時期については諸説あって、定かではではありません。

古式の形状を踏襲したフォルムと、掘立柱を用いていることにより現存最古の天守とされていますが、建築史の観点では、慶長期の特徴を多く見ることができるとして、慶長元年(1596年)以降の築造もしくは、改修による姿ではないかという説もあり、それが事実ならば、日本最古の現存天守は国宝・犬山城となります。


e0158128_19440025.jpg


現地では、「丸岡城を国宝に!」といったスローガンの看板を掲げていましたが、平成27年(2015年)に国宝指定された松江城も、その決め手となったのは築城時期を証明する御札が見つかったことでした。

丸岡城も、明確な築城時期が証明できない限り、国宝指定は難しいでしょうね。


e0158128_19441059.jpg


ちなみに、厳密にいうと、天守は昭和23年(1948年)6月28日の福井大地震で一度倒壊したそうで、現在の天守は、可能な限り元の材料を使って復元されたものだそうです。


e0158128_19393744.jpg


丸岡城は、全国的にも珍しい石瓦が使用されています。

先端には、石の鬼瓦が見えます。


e0158128_19354149.jpg


天守南側2階部分にある格子出窓です。

突き出ているので3方への攻撃ができ、また、下部への石落としの機能もあります。


e0158128_19365245.jpg


その両サイドには狭間があります。


e0158128_19381174.jpg


その上には、切妻屋根の出部屋が見えます。


e0158128_19441399.jpg


石垣はすべて野面積み

この石垣を見れば、慶長説より天正4年説を信用したくなるのですが、のちに建物を建て替えたといわれれば、そうかもしれませんね。


e0158128_19460706.jpg


さて、「その2」では、天守の中に入ります。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-03-07 00:45 | 福井の史跡・観光 | Comments(0)  

<< 日本最古の現存天守、丸岡城を訪... 越前北ノ庄城跡・柴田神社を訪ねて。 >>