人気ブログランキング |

一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。 その2 「復原町並み」

「その1」の続きです。

広大な一乗谷朝倉氏遺跡の一角に、城下町を復原したゾーンがあります。

今回はその復原町並を歩きます。


e0158128_18184712.jpg


復原町並は土塀で囲われています。


e0158128_18185039.jpg


塀に囲われた重臣の屋敷が山側に並び、計画的に造られた道路を挟んで武家屋敷や庶民の町屋が形成されていた様子がリアルに再現されています。

発掘された石垣建物礎石をそのまま使い、建具なども出土した遺物に基いて忠実に再現されています。


e0158128_18224748.jpg


町屋の入口には色とりどりの暖簾がかけられています。


e0158128_18230508.jpg


こちらの暖簾には「刃」という文字があります。


e0158128_18240068.jpg


どうやら鍛冶屋のようですね。


e0158128_18243690.jpg


こちらは染物屋


e0158128_18254127.jpg


なかには染料の瓶がならびます。


e0158128_18273981.jpg


こちらの建物には暖簾がかかっていませんが・・・。


e0158128_18274399.jpg


中に入ると、焼き物がずらりと並んでいました。

陶器屋のようです。


e0158128_18294544.jpg


裏庭に出てみました。

庭には隣家との垣根がありません。


e0158128_18294968.jpg


井戸跡ですね。


e0158128_18312257.jpg


こちらは、どうやら武家屋敷の門のようです。


e0158128_18544656.jpg


武家屋敷は町家と違って四方を土塀で囲われています。


e0158128_18544937.jpg


敷地内には6間×4間主殿があり、あと、納屋離れもあります。

庭の中央には井戸が。

これらはすべて、発掘された礎石に基いて復原されたものです。


e0158128_18472207.jpg


こちらは使用人が暮らしていたとされる納屋です。


e0158128_18480724.jpg


です。


e0158128_18490155.jpg


こちらが主殿です。


e0158128_18495195.jpg


入ってすぐの台所では、使用人たちが食事の準備中です。


e0158128_18522344.jpg


奥の座敷では、武士が将棋を指しています。

その横には「越前朝倉象棋」と書かれた看板が見えます。

調べてみると、普通の将棋とはちょっと違うみたいで、「酔象(すいぞう)」と呼ばれる駒を使うそうです。

酔象は駒を並べたとき王将のすぐ前に置くそうで、真後ろ以外の7方向へ1マスずつ移動でき、さらに、相手陣に入ると成って「太子」となり王将と同じ動きをするそうです。

また、自軍の王将がとられてしまっても、王将の代わりとして試合を続行できるんだそうで・・・。

いわば王の影武者ですね。

昔の将棋は、実践的です。


e0158128_18522703.jpg


その隣にはが展示されていたのですが、角度的に撮影が難しかったので、その説明板のみ撮影。

朝倉氏最後の当主・朝倉義景と友好関係にあった北近江の小谷城主・浅井長政の厚い信義にあやかって、平成9年(1997年)に作られた鎧だそうです。

義景と長政、織田信長によって薄濃の髑髏にされたふたりですね。

平成になって再び同盟を結んでいたとは知りませんでした。


e0158128_18563134.jpg


さて、復原町並をあとにして、「その3」では朝倉氏館跡を歩きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2019-03-15 20:09 | 福井の史跡・観光 | Comments(0)  

<< いだてん~東京オリムピック噺~... 一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。 その... >>