人気ブログランキング |

いだてん~東京オリムピック噺~ 第11話「百年の孤独」 ~開会式と三島弥彦選手の挑戦~

明治45年(1912年)7月6日、第5回ストックホルムオリンピック開会式が行われました。それは、現在のように大会初日ではなく、大会期間中で最も多くの選手が集まりやすい日に行われたようです。というのも、この頃のオリンピックの開催期間は現在のオリンピックのように半月ほどの日程ではなく、5月5日から7月27日までの約3か月半以上の長丁場だったそうです。当時の交通機関の移動手段などを考えれば、それぐらい必要だったのでしょうね。開会式というより、お披露目式といった趣旨の入場行進だったのでしょう。


e0158128_00133933.jpg


 日本の入場はイタリアの次でした。白い半袖半ズボンのユニフォームの胸には、日の丸が付いていて、三島弥彦選手は白いシューズ、金栗四三選手は黒い足袋での入場行進でした。三島選手が日の丸を掲げ、金栗選手がプラカードを持ちました。そこに記された国名は、JAPANではなくNIPPON。この表記にこだわったのが金栗選手だったかどうかはわかりませんが、たしかに、当時の日本人にとってJAPANなんて単語は、あまり馴染みはなかったでしょうね。そもそも、国名や地名は固有名詞なわけですから、東京はTOKYO、大阪はOSAKAであるように、日本はNIPPONであるべきなんですね。JAPANの語源は諸説ありますが、マルコ・ポーロ東方見聞録に登場する「黄金の国・ジパング (ZIPANG)から来たという説が有力となっています。そんな16世紀の西洋人がつけた呼称が世界公用語だと言われても、日本人としては納得いきませんよね。そう考えれば、日本人が日本人のことを「エキゾチック・ジャパン」なんて歌っちゃだめです(笑)。


 ちなみに、5つの大陸を表したという青、黄、黒、緑、赤の五輪マークは、この時点ではまだ存在せず、この2年後のパリでの会議でピエール・ド・クーベルタン男爵が初めて提案します。おそらく、このストックホルムオリンピックに日本や南アフリカが参加したことで、ようやくオリンピックで五大陸が輪でつながったという意味だったのでしょうね。


e0158128_21444997.jpg かくして日本人初のオリンピック選手2人の戦いが始まりますが、最初に世界と戦ったのは、短距離走の三島選手でした。入場行進当日の7月6日、三島は100m走の予選に出ますが、結果は11秒8で予選落ち。優勝したアメリカのラルフ・クレイグ選手のタイムが10秒8だったといいますから、1秒差の惨敗です。1秒といえば、およそ10m差ですからね。まったく歯が立たなかったといっていいでしょう。7月10日には200m走に挑戦した三島選手でしたが、ここでも最下位。その2日後の7月12日に行われた400m走では、エントリー選手5人のうち3人が棄権したため2人のレースとなり、予選2位以上が決勝進出という条件から三島は決勝進出の権利を得ますが、ここで三島は棄権しました。自分には決勝で走る力はないと悟ったのでしょうね。


「敵はタイムのみ。一緒に走る選手のことはライバルではなく、タイムという同じ敵に立ち向かう同志と思いたまえ」


 ドラマでプレッシャーに押しつぶされそうになっていた三島選手にかけた大森兵蔵監督の台詞ですが、いい言葉ですね。わたしは数年前まで少年野球の指導者を長くやらせてもらっていましたが、よく子供たちに言い聞かせていたのは、「他人と比べて上手い下手を気にするのではなく、昨日の自分より今日の自分が上手くなれるよう頑張れ!」という言葉でした。スポーツのみならずですが、いちばんの敵は自分自。自分との戦いに勝ってこそ、人は成長していくものだと思います。


 とはいえ、このときの三島選手の400mのタイムは56秒2。羽田での国内予選大会のときのタイムが59秒6だったことを思えば、昨日の自分より格段に速い記録を打ち立てているのですが、このとき優勝したアメリカのリードパス選手のタイムが48秒2だったといいますから、日本国内で無敵を誇った三島選手にして、世界の舞台ではまったく相手にならないどころか、初めから競技の土台にも立っていない状況だったといえそうです。


 「日本人に短距離走は無理です。100年掛かっても無理です。」


 ドラマ中、100m、200m、400m走の3種目を走り終えた三島選手が言った言葉ですが、いだてん紀行で紹介されていたように、三島から96年後に行われた2008年の北京オリンピックにおいて、塚原直貴、末続慎吾、高平慎士、朝原宣治K(4×100mリレー)日本人初のメダルを獲得しました(当初は銅メダルでしたが、のちにジャマイカの「金」はく奪のため、銀メダルに格上げ)。しかし、水を差すようですが、あれとて、アメリカ等の強豪国がバトンパスのミスや引き継ぎ違反で決勝に進めなかったことが日本にとってラッキーだったためで、本当の意味で世界に通用したとは言えないと思います。それで言うなら、2017年に桐生祥秀選手が日本人初の9秒台をマークした9秒98のタイム。これはとんでもなくスゴイことで、2019年3月の現時点で100m走9秒台の選は全世界で136人いますが、そのなかで非ネグロイド(黒人以外)の選手は8人しかいません。そこにようやく日本人選手が名を連ねた。三島選手のストックホルムから実に105年後のことで、まさしく三島選手の言葉どおり100年以上掛かったわけですが、それでも、桐生選手のタイムは世界順位でいえば106位で、非ネグロイド8人のなかでも7位です。ようやく世界と戦える入口に立ったという段階といっていいでしょうね。短距離走における日本人の挑戦は、まだまだ先は長そうです。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2019-03-18 00:15 | いだてん~東京オリムピック噺~ | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/28095421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 一言 at 2019-03-19 10:38 x
お久し振りです。

桐生選手のタイムは世界106位で、非ネグロイドの8人中7位なのですか。

こういう書き方をしてくれると「客観的な立ち位置」が分かりますね。日本の報道だと、こういうことを言わないで、ただ「スゴイスゴイ」とバカ騒ぎするので、それが本当に凄いのか、そうで無いのか分かりにくい。

貴重な情報ありがとうございました。
Commented by sakanoueno-kumo at 2019-03-19 21:02
> 一言さん

ありがとうございます。
わたし、学生時代、陸上部だったので、普通の方より少し詳しいです。
1998年のバンコクアジア大会で、伊東浩司選手が当時のアジア記録、日本新記録の10秒00を出しましたが、あのとき速報タイムでは9秒99で、しかも準決勝だったため最後は流したため、直後のインタビューで最後に流したことを悔しがっていました。
もし、あのとき流さなかったら間違いなく9秒台で、あの時点ではアジア人初であり非ネグロイド初の9秒台でした。
本当に惜しい出来事でしたが、あのとき、とうとう日本人もここまで来た、9秒台は目の前だと思ったものです。
ところが、あれから桐生くんまで19年もかかっちゃいました。
その間に非ネグロイドの9秒台は6人も出ていて、アジア人初でも非ネグロイド初でもなくなっちゃいました。
0.1秒の壁って厚いんだなと、つくづく感じさせられましたね。

本文では省きましたが、北京オリンピックのリレーは棚からぼたもち的なメダルでしたが、リオデジャネイロオリンピックのときのリレーの銀メダルは、紛れもなく力でもぎ取った銀メダルでした。
着実に日本の短距離走のレベルは上がっていることは間違いないと思います。

<< 一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。 その... 一乗谷朝倉氏遺跡を歩く。 その... >>