人気ブログランキング |

有子山城跡と出石城跡登城記。 その2 ~有子山城二ノ丸・三ノ丸~

「その1」の続きです。

有子山城を登り始めて約40分、ようやく石垣の遺構までたどり着きました。


e0158128_17591556.jpg


写真は主郭から数えて6段目の第6郭の石垣です。


e0158128_18025897.jpg


こちらが縄張り図です。

有子山城は標高321mの山頂に主郭を置き、東西740m、南北約780mの大城郭です。


e0158128_18041002.jpg


手前の石垣が第6郭のもので、奥の上段に見える石垣が、第5郭の石垣です。

450年近く前の石垣ですが、綺麗に残っていますね。


e0158128_18060704.jpg


第6郭の上です。


e0158128_18061194.jpg


第6郭からの北側眺望。


e0158128_18073595.jpg


第6郭上から見た第5郭の石垣。

崩れないようにネットで保護されています。


e0158128_18090943.jpg


こちらは第4郭上です。

第4郭には石垣がありません。


e0158128_18175059.jpg


第4郭横の細い道を通って上の段に上がります。


e0158128_18223032.jpg


眼前に現れたのは、第3郭の見事な石垣。

思わず、「おお~!」と声が出ました。


e0158128_18223467.jpg


石垣の出隅が鈍角になっています。

この技法を「シノギ積み」と呼びます。

ネットが掛けられているのが、少し残念ですね。


e0158128_18265068.jpg


有子山城は天正2年(1574年)に但馬国守護の山名祐豊が築城した城です。

山名氏といえば、応仁の乱の西軍の総大将だった山名宗全が有名ですね。

祐豊は宗全から5代あとの当主でした。


e0158128_18264010.jpg
e0158128_18264586.jpg


元来の山名氏の本拠は、ここから3kmほど北の此隅山城を居城としていましたが、永禄12年(1569年)の羽柴秀吉の但馬攻めで落城し、その後、秀吉軍と和睦した山名祐豊は、天正2年(1574年)に標高321mの有子山山頂に有子山城を築いて本拠とします。

しかし、祐豊の息子の山名堯熙のときに毛利氏方についたため、天正8年(1580年)の秀吉による第二次但馬征伐で再び攻撃を受け、落城しました。

その後、有子山城には秀吉の実弟・羽柴秀長が入り、そのとき、石垣の城に改修されます。

現在残る石垣の遺構は、秀長時代のものということになりますね。


e0158128_18263003.jpg
e0158128_18263796.jpg


第3郭下が本丸千畳敷の分かれ道になっています。

ここは、まず本丸を目指します。


e0158128_18293588.jpg
e0158128_18293984.jpg


第3郭石垣の上です。


e0158128_18321803.jpg
e0158128_18322247.jpg
e0158128_18322507.jpg


こちらは第2郭石垣です。

少し崩れかけているように見えますが、虎口が枡形に折れ曲がっているようにも見えます。


e0158128_18360903.jpg


第2郭からの眺望。


e0158128_18361333.jpg


雲が低い。


e0158128_18361712.jpg


本丸、二ノ丸、三ノ丸といった用語は、豊臣秀吉の時代から使われ始める言葉ですが、それでいえば、この第2郭から第6郭が二ノ丸から三ノ丸に相当すると思われます。

さて、いよいよ主郭(本丸)と言いたいところですが、長くなっちゃったので次稿に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-04-10 22:36 | 兵庫の史跡・観光 | Comments(0)  

<< 有子山城跡と出石城跡登城記。 ... 有子山城跡と出石城跡登城記。 ... >>