人気ブログランキング |

又兵衛桜 ~樹齢300年超の伝説の枝垂れ桜~

先日の稿で紹介した宇陀松山城跡のすぐ近くに、「又兵衛桜」と呼ばれる樹齢300年以上1本桜があります。

以前から一度観に行きたいと思っていたのですが、平成最後の春、ようやく念願かなって訪れることができました。


e0158128_20524084.jpg


この日は平成31年(2019年)4月8日、令和に改元する3週間前です。

平成最後の桜ですね。


e0158128_20551810.jpg


人との対比で、その大きさがわかるかと思います。


e0158128_20565494.jpg


川下からの遠景。

遠くから見てもデカイ


e0158128_21184031.jpg


「又兵衛桜」の呼称は、戦国武将の後藤又兵衛基次に由来します。

後藤又兵衛といえば、若き日は「黒田二十四騎」「黒田八虎」のひとりとして、晩年は大坂の陣の大坂方の武将として、真田信繁(幸村)と並び称される英雄として後世に人気の人物ですが、播磨国出身の又兵衛と奥大和の枝垂れ桜とどう関係があるのか。


e0158128_21190793.jpg


後藤又兵衛基次は、播磨の別所氏の家臣・後藤基国の次男として、永禄3年(1560年)に生まれたと伝わります。

黒田官兵衛孝高の家臣として武功を重ね、一時は大隈1万6千石もの大封を与えられていた又兵衛でしたが、官兵衛の死後、新しい主君の黒田長政とそりが合わず、慶長11年(1606年)に黒田家を出奔してしまいます。


e0158128_21192916.jpg
e0158128_21193513.jpg


それでも、又兵衛の武勇は天下に轟いており、細川忠興、福島正則、前田利長、結城秀康など名立たる大名から誘いがかかりますが、長政がしいた「奉公構」によって実現しませんでした。

「奉公構」とは、出奔した家臣を他家が召抱えないように釘を刺す回状を出すことで、豊臣政権によって始まった制度でした。


e0158128_21200255.jpg


その後、又兵衛は京に流れて浪人生活となり、そして、慶長19年(1614年)に大坂と幕府の関係に暗雲が立ち込めると、大野治長の招きで大坂城に入ります。

そこで又兵衛は、真田信繁(幸村)、長宗我部盛親、毛利勝久、明石掃部とともに「豊臣方五人衆」と呼ばれました。


e0158128_21203519.jpg


そして、翌年の5月6日、大坂夏の陣道明寺の戦いにおける小松山の攻防戦で壮絶な死を遂げるんですね。

享年56。

大坂城が落城して豊臣秀頼淀殿自刃する前日のことでした。


e0158128_21204460.jpg


とまあ、ここまでが通説の歴史ですが、ところが、別の説では、大阪夏の陣ののち又兵衛は密かに落ち延び、ここ奥大和の宇陀地方で隠棲し、再興の時期を待ったという伝説があります。

そのときの後藤家屋敷跡にあるのが、この又兵衛桜だと伝えられるんだそうです。


e0158128_21205558.jpg


大坂夏の陣における豊臣方の生存説は多数あり、又兵衛以外にも、真田信繁や豊臣秀頼、淀殿らの生存説も各地に残っています。

ただ、いずれも根拠に乏しく、伝承の域をでません。

おそらく、豊臣方の武将に生きていてほしいと願う人々の思いが、このような不死鳥伝説を生んだ理由でしょう。

当時の庶民感情のなかに、徳川新政権への反感と、豊臣政権の復活を望む声が、少なからず存在していたことの表れだと思います。


e0158128_21211216.jpg


実際には、又兵衛がその後も生きていたということは九分九厘なく、したがって、ここが又兵衛の屋敷跡という事実も存在せず、この桜は又兵衛とは縁もゆかりもないということになるでしょう。

でも、それを言っちゃあ無粋というもんですよね。

実際、樹齢300年以上の古木であることは間違いないわけですから、あるいは、400年前の大阪の陣に関わった誰かが、この桜を目にしていたかもしれません。


e0158128_21223137.jpg


かつては知る人ぞ知る名木でしたが、平成12年(2000年)のNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』のオープニング映像で使用されたことで有名になり、その後、多くの見物客が訪れるようになったそうです。


e0158128_21214384.jpg


この日も、たくさんの観光客で賑わっていて、道中も渋滞していました。

でも、京都や奈良などの桜の名所なんかに比べれば、ぜんぜんマシだったと思います。

京都の名所は外国人だらけで、ちょっとウンザリですからね。

その点、ここは外人さんはほとんどいませんでした。

外人さんはこんな奥地までは来ないようです(笑)。


e0158128_21213336.jpg


とにかく見事な枝垂れ桜

これを見てしまうと、普通のソメイヨシノショボく感じちゃいますね。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-06-06 00:55 | 奈良の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/28366762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< いだてん~東京オリムピック噺~... 奥大和の宇陀松山商家町逍遥。  >>