人気ブログランキング |

室町時代の庭園が残る多気北畠氏城館跡を訪ねて。<前編> 北畠神社

南北朝時代から戦国時代にかけて伊勢国の守護大名だった北畠氏の城館跡が、三重県津市の多気の地にあります。

多気(たげ)と読みます。


e0158128_11411965.jpg


多気北畠氏城館跡は多気のほぼ中央に位置する館跡詰城およびその背後の山頂にある霧山城をあわせた総称ですが、この日は夕方からの訪問だったため、麓の館跡のみの見学です。


e0158128_11462565.jpg


駐車場にイラストマップがあります。


e0158128_11462877.jpg


現在、館跡には北畠神社が鎮座します。

北畠神社はその名のとおり、初代伊勢国司として南朝奉護に尽くした北畠顕能を主祭神とする神社です。

石碑には、「別格官幣社」とあります。

「別格官幣社」とは、国家のために功労のあった人臣を祭神とする神社のことで、明治5年(1872年) に神戸の湊川神社が定められたのに始まり、昭和21年(1946年)に社格が廃止されるまで、日本全国に28社ありました。


e0158128_11501729.jpg
e0158128_11502173.jpg
e0158128_11502429.jpg


ここを訪れたのは平成30年(2018年)11月18日。

紅葉まっさかりの時期でした。


e0158128_11515751.jpg


境内入口の石鳥居です。


e0158128_11540272.jpg


社殿です。

北畠神社は建武中興十五社にも数えられています。

「建武中興十五社」とは、後醍醐天皇(第96代天皇)の建武の新政(建武の中興)に尽力した人物を祀った神社のことですが、北畠神社には主祭神の北畠顕能のほかに、父の北畠親房と兄の北畠顕家が合祀されていることから、建武中興十五社に数えられたのでしょう。

北畠神社の創建は寛永20年(1643年)3月と伝わり、建武中興十五社で唯一、近世以来の由緒を持ちます。

つまり、他の14社は明治以降の創建ということ。

明治政府が多分に政治利用するために創建したバッタもんの神様、とは言い過ぎでしょうか。


e0158128_11584582.jpg


境内には、合祀された北畠顕家の像があります。


e0158128_11584907.jpg


北畠顕家は建武の新政下、わずか16歳陸奥守兼鎮守府将軍に任じられた南朝方の武将で、一時は反旗を翻した足利尊氏軍を九州へ追いやる活躍を見せますが、延元3年/建武5年(1338年)、5月22日、阿倍野・石津の戦い21歳という若さで討死した悲運の武将です。


e0158128_11585222.jpg


「花将軍 北畠顕家公」とあります。

これと同じような像が、同じく建武中興十五社に名を連ねる阿部野神社にもあります(参照:太平記を歩く。 その149 「阿部野神社」)。

顕家は紅顔の美少年だったと言われ、その貴公子ぶりからも「花将軍」と称されました。

平成3年(1991年)のNHK大河ドラマ『太平記』では、当時、「国民的美少女」と持てはやされた後藤久美子さんが演じて話題になりましたね。


e0158128_12004691.jpg


境内に設置された説明板では、日本最古の石垣が発掘されたと書かれていました。

でも、あたりを見渡すかぎり、それらしき石垣は見当たりませんでした。


e0158128_12061860.jpg


こちらにも、何か説明板があります。


e0158128_12062282.jpg


入口跡の石段が見つかったとありますが、これも、見当たりませんでした。

たぶん、埋め戻されたのでしょうね。


e0158128_12062543.jpg


こちらの説明板には、礎石建物跡が出土したとありましたが、これも埋め戻されたのでしょう。


e0158128_12062958.jpg


結局、遺構といえるようなものは見られませんでした。

仕方がないので、紅葉をアップします。


e0158128_12122650.jpg
e0158128_12123000.jpg
e0158128_12123329.jpg


さて、<後編>では室町時代から残る庭園を散策します。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-06-12 23:34 | 三重の史跡・観光 | Comments(0)  

<< 室町時代の庭園が残る多気北畠氏... いだてん~東京オリムピック噺~... >>