人気ブログランキング |

丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~

「その1」の続きです。

篠山城三ノ丸北廊下門から土橋を渡って二ノ丸に向かいます。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20105613.jpg


写真は土橋を渡ったところにある表門跡


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20110197.jpg
丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20110520.jpg


両側には櫓台跡があります。

往時はこの上に櫓が渡る櫓門だったのでしょう。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20124616.jpg


表門を過ぎると、見ての通り90度に曲がる枡形虎口になっています。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20124902.jpg


枡形を曲がったところに、また櫓台跡があります。

ここは中門跡で、ここも櫓門だったのでしょう。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20141880.jpg


そして中門を過ぎると、またまた枡形になっています。

ダブル枡形虎口ですね。

これは堅固だ。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20174891.jpg


後ろを振り返って見た中門跡です。

表門はもう見えません。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20175251.jpg


そして中門から90度曲がったところにある鉄門です。

現在は簡易な冠木門となっていますが、現地の説明板によると、往時は東西の幅約5m、奥行き4.5mの大きさで、東側石垣の高さが4m、西側石垣の高さが4.5mあり、その上に櫓が乗せられた櫓門だったようで、門扉は、その名の通り鉄板が張られていたそうです。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20193192.jpg


鉄門を入ると、目の前に平成12年(2000年)に復元された大書院入口があるのですが、ひとまず後回しにして二ノ丸を散策します。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20214980.jpg


大書院南側に広がる二ノ丸跡です。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20235586.jpg


説明板です。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20261086.jpg


往時の二ノ丸は、大書院、小書院、中奥御殿、奥御殿、台所などの建物があり、築山をもつ庭園があったとされます。

それらの御殿群の周囲には、三層の櫓1棟、二層の隅櫓5棟と、それをつなぐように多聞櫓が配置されていました。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20261271.jpg


前稿でも述べましたが、篠山城は慶長13年(1608年)に徳川家康松平康重に命じ、縄張り奉行藤堂高虎、そして普請総奉行池田輝政が務めて築城した城ですが、二ノ丸御殿は、江戸時代に何度か建て替えられたり増築されたりしていたようです。

しかし、大書院以外の建物は廃藩置県後に取り壊され、唯一残っていた大書院も昭和19年(1944年)に焼失し、すべてなくなってしまっていました。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20274695.jpg


平成12年(2000年)に大書院は復元されましたが、それ以外の建物は立体的に復元できる資料がないため、現在発見されている6種類の間取図のなかで最も古い江戸時代中期頃の図面をもとに、地面に平面のみ復元整備しています。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20292166.jpg
丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20292472.jpg


平面復元された地面には、部屋名を記した御影石が埋め込んでいます。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20302364.jpg


南西の隅にある井戸です。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20324449.jpg


二ノ丸南側にある埋門です。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20324608.jpg


ここから、南側内堀の犬走りに降りられるのですが、今は通行禁止になっています。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20324965.jpg


外側から見た埋門。

往時はここも櫓門だったそうですが、今は鉄門と同じく簡易な冠木門となっています。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20340504.jpg


犬走りに降りる石段です。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20361508.jpg


埋門櫓台石垣に、「三佐ノ内」と刻まれた刻印があります。

これは、普請奉行の池田輝政のものだそうで、池田三左衛門輝政の名を表しているそうです。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20381656.jpg


二ノ丸南側の眺望です。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20381998.jpg


こちらは二ノ丸西側の眺望。

三ノ丸広場でゲートボールをしています。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20393883.jpg


こちらの写真は二ノ丸南側から北側を見たものです。

正面に見える建物が大書院です。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20421657.jpg


二ノ丸の北東にやってきました。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20433636.jpg


かつてここには、二層櫓があったそうです。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20434542.jpg


一段高くなった隅には、その礎石跡のようなものがあります。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20453182.jpg


北東隅櫓跡から北側の内堀を見下ろします。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20453844.jpg


きれいに整備された犬走りが見えます。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20480390.jpg


撮影場所を変えて、こちらが二ノ丸北東隅櫓台石垣

その下は内堀の犬走り。


丹波国篠山城跡を歩く。 その2 ~二ノ丸~_e0158128_20480780.jpg


西側を見ると、大書院が見えます。

二ノ丸散策だけでめちゃくちゃ長くなっちゃいました。

「その3」では大書院に入ってみましょう。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-12-24 00:57 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/28766553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 丹波国篠山城跡を歩く。 その3... 丹波国篠山城跡を歩く。 その1... >>