人気ブログランキング |

丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>

兵庫県丹波市にあった黒井城は、戦国時代、豪勇をうたわれた赤井(荻野)悪右衛門直正の居城として知られています。

天下統一を目指していた織田信長丹波攻めの際、二度に渡って明智光秀の攻撃を支え、苦しめた城です。

平成29年(2017年)4月6日、続日本100名城に選定されました。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_10430452.jpg


上の写真は南側の麓から見た黒井城跡です。

中央の猪ノ口山本城で、そこから尾根伝いに写真左端に見える小さな頂が丈寺砦です。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_10430717.jpg


本城は標高356mだそうですが、山頂部分が150mほど削平されていて、麓から見ても、いかにも人工的に作られた遺構ってことがわかりますね。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_10430921.jpg


その山頂をズームします。

ここを訪れたのは元号が「令和」に変わる少し前の平成31年(2019年)4月13日。

山頂に石垣、そしてが見えます。

いまから、あそこに登ります。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_14100645.jpg


大きな誘導看板があります。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_14243724.jpg


登山前に、黒井城のパンフレットをもらうべく、丹波市春日庁舎を訪れました。

ここの敷地内にある春日民族歴史資料館でパンフレットがもらえます。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_14243027.jpg
丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_14243360.jpg


このパンフレットがめっちゃいい出来で、城の全体図もわかりやすく、黒井城跡に登るには必ずゲットすべきでしょうね。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_14244066.jpg


庁舎には、大河ドラマ『麒麟がくる』に向けてのPR懸垂幕が。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_14244382.jpg


こちらの幟も「明智光秀ゆかりの地」とあります。

ここを訪れたのは大河ドラマが始まる8ヶ月ほど前だったので、まだそれほど巷では話題になっていなかったのですが、観光誘致は始まっていました。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_10473698.jpg


庁舎の前から見た黒井城跡。

桜が綺麗です。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_14262130.jpg


猪ノ口山山頂にズーム。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_10473979.jpg


登山の前に、麓を流れる黒井川で桜見物。

平成最後の桜です。


丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記。 その1 <山麓>_e0158128_14262440.jpg


さて、麓だけで長くなっちゃいました。

「その2」につづきます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2020-03-25 23:32 | 兵庫の史跡・観光 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/28908473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shata3438 at 2020-03-26 20:12
こんばんは。
長野県小布施町の栗は室町時代初期に丹波から来た地頭の荻野常倫が丹波栗をもたらしたと言われていて、栗のDNAで小布施の栗は丹波栗だそうです。赤井(荻野)悪右衛門直正の祖先から分かれたた同族かも知れません。
Commented by sakanoueno-kumo at 2020-03-26 23:16
> shata3438さん
コメントありがとうございます。
へぇ、面白いですね。
栗なんてどこでも同じだと思ってました。
木の実にもルーツがあるんですね。

<< 丹波の赤鬼の居城、黒井城攻城記... ドラマ『テセウスの船』鑑賞備忘録。 >>