人気ブログランキング | 話題のタグを見る

松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>

「その2」のつづきです。

雌嶽曲輪まで攻略したので、雄嶽の山頂にある信貴山城主郭を目指します。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_21530761.jpg


前稿で紹介した鞍部からのスタートです。

誘導板には信貴山城跡まで190とあります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_21265258.jpg


ここでもう一度、前稿で紹介した縄張り図を載せます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_21543347.jpg


山頂にある空鉢護法堂鳥居が連なります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_21561235.jpg


鞍部から登ること約5分。

広い削平地に出ました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_21580719.jpg


どうやらここが山頂の一段下のようです。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_21574152.jpg


そこから、山頂に上る道があります。

切通虎口にように見えますが、たぶん、近年のものでしょう。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22002030.jpg


雄嶽山頂の曲輪です。

ここが信貴山城主郭です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22012239.jpg


主郭には、石碑と案内板が設置されています。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22031577.jpg


現在の信貴山城跡の遺構は、松永久秀の時代のものです。

三好長慶から大和国の統治を任された松永久秀は、永禄2年(1559年)に信貴山城を築いて軍事の拠点とし、翌年に多聞山城を築いて政務の拠点としました。

長慶の死後、久秀は三好三人衆と対立し、永禄11年(1568年)には三好三人衆方の三好康長によって信貴山城は攻め落とされますが、久秀は同年6月に上洛した織田信長に接近して九十九茄子の茶器を献上し、信長の助力を得て信貴山城を奪還しました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22051712.jpg


元亀2年(1571年)、久秀は信長に反旗を翻しますが、翌年に多聞山城を明け渡して降伏しました。

しかし、天正5年(1577年)に久秀は再び信長に叛き、ここ信貴山城に立て籠もりました。

久秀謀反の報せを聞いた信長は、家臣の松井友閑を派遣して説得を試みますが、久秀はこれに応じませんでした。

このため、久秀が信長のもとに人質として差し出していた二人の息子が、京都六条河原で処刑されています。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22062002.jpg


そして927日、信長は嫡男の織田信忠を総大将として、久秀討伐を開始。

101日、明智光秀、細川藤孝・忠興父子、筒井順慶らは、信貴山城の支城の片岡城を攻め落とし、103日、久秀が籠る信貴山城に迫った織田軍は城下に火を放ち105日から4万の大軍で攻撃を開始するも、難攻不落の信貴山城は容易には落ちませんでした。

しかし、衆寡敵せず、援軍の見込みもないなか久秀はついに観念し、1010日、天守に火をかけて自害しました。

久秀は享年68、息子の久通は享年35でした。

この1010日というのは、ちょうど10年前の永禄10年(1567年)、久秀が三好三人衆との戦いで東大寺を焼いた日と同じ日でした。

そのため、人々は神罰だと噂したといいます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22072055.jpg


信貴山城が包囲されたとき、織田軍の佐久間信盛が茶器の古天明平蜘蛛をよこすよう求めるも、久秀は「平蜘蛛の釜と我らの首の2つは信長公にお目にかけようとは思わぬ、鉄砲の薬で粉々に打ち壊すことにする」と返答したといい、久秀自害の際、自らの手で粉々に打ち砕かれたとも、爆薬を仕込まれて木っ端みじんになったともいわれます。

しかし、これらの説は皆、江戸時代に入ってからの軍記物語などに見られる逸話で、史料として信憑性の高い『信長公記』には、平蜘蛛の釜については一言もふれられていません。

なので、実際にはどうなったかわからないようです。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22082009.jpg


主郭跡の西側には、空鉢護法堂があります。

石碑の建つ主郭跡から鳥居群が伸びています。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22090885.jpg


空鉢護法堂は一段高くなっていて、石段が伸びています。

かつて久秀時代の信貴山城には、「高殿」「高櫓」などと呼ばれる四重の天守があったと伝わります。

だとすれば、おそらく、今の空鉢護法堂がある場所にあったのでしょう。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22103447.jpg


空鉢護法堂です。

朝護孫子寺の中興の祖と伝わる命蓮上人が竜王の教えを蒙り、信貴山縁起絵巻(飛倉の巻)の如く、空鉢を飛ばして倉を飛び返らせ、驚き嘆く長者に慈悲の心を諭して福徳を授けたという出来事に由来します。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22112557.jpg


空鉢護法堂の南側はデッキのようになっており、素晴らしい眺めが拝めます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22122307.jpg


空鉢護法堂からの眺望です。

手前に見えるこんもりとした丸い峰が、「その2」で紹介した雌嶽です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22132607.jpg


雌嶽にズームイン。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22144551.jpg


南に金剛山系が見えます。

あの山々に、南北朝時代、楠木正成が築いたと伝わる千早城を始めとする楠木七城があります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22154158.jpg


西を見ると、河内平野。

PLの塔が見えます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22164493.jpg


東を見ると大和平野。

神武天皇陵(初代天皇)のある畝傍山が見えます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その3 <主郭>_e0158128_22182304.jpg


さて、主郭まで攻略しましたが、信貴山城跡のいちばんの見所は、実は遺構がほとんど消えてしまった主郭ではなく、松永屋敷跡を含む北側の曲輪群にあります。

「その4」では、その曲輪群を攻めます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2022-05-13 01:02 | 奈良の史跡・観光 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/29945981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by heitaroh at 2022-05-13 19:05
ここも行きたいんですけどねえ。
なかなか。
平蜘蛛の茶釜の話は真実だとばかり思ってました(笑)。
彼が爆死したというのは、本当なんですか?
彼が初めて、落城時の切腹以外の死に方をしたと聞いていたのですが。
Commented by sakanoueno-kumo at 2022-05-14 12:53
> heitarohさん

爆死の話も後世に盛られた話のようですね。
当時の記録には自害したとあるだけで、その自害の方法は記されていないようです。
また、『多聞院日記』では久秀自害の翌日に安土城に首級が届けられたとあるそうですから、おそらく切腹だったんじゃないでしょうか?
爆死の話は、平蜘蛛の話と共に昭和の時代に創作された話のようです。

<< 松永久秀終焉の地・信貴山城。 ... 鎌倉殿の13人 第18話「壇ノ... >>