人気ブログランキング | 話題のタグを見る

松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>

「その3」のつづきです。

主郭跡まで攻略しましたが、信貴山城には主郭から北側に扇状に広がる東西550m、南北700の城域に、大小120以上の曲輪が配置されています。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_14080753.jpg


主郭から北側に降りていきます。

ここを訪れたのは令和2年(2020年)1129日。

かろうじて紅葉が残っていました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19112054.jpg


主郭北側一段下の曲輪です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19152316.jpg


北側を見下すと、下にも削平地があります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19172171.jpg


主郭北側二段下の曲輪です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19191091.jpg


さらにその下には、広い削平地と案内板が見えます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19212789.jpg


降りてきました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19213032.jpg


案内板には、立入屋敷とあります。

説明文によると、戦国時代の大工頭・中井家所蔵「和州平群郡信貴山城跡之図」では、この曲輪を「立入殿屋敷」と記しているそうで、「立入殿」とは、「信貴在城衆」の1人である立入勘介のことと推測されているそうです。

信貴在城衆は信貴山城において松永久秀の政治の実務を担った家臣団であり、この曲輪が軍事的にも政治的にも重要な曲輪だったことがうかがえます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19243253.jpg


写真では広さが伝わりづらいですね。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19254349.jpg


立入屋敷跡から北側を見下ろすと、何段も連なった広大な曲輪群が見えます。

どうやら、あそこが松永屋敷跡のようです。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19380214.jpg


松永屋敷跡の東側切岸の下まで降りてきました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19380537.jpg


案内板です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19380838.jpg


縄張り図を拡大します。

現在地の左側(西側)に松永屋敷跡の曲輪が南北に伸びています。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19415898.jpg


切岸が高い。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19443623.jpg


案内板前の切岸を上ると、松永屋敷跡の上から二段目の曲輪に出ました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19443917.jpg


よくわからない謎の木工人形があります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20004676.jpg
松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20005004.jpg


二段目の曲輪の西側には土塁があります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20005217.jpg


その土塁の上に設置された信貴山城の説明書き。

「まぼろしの天空城」とあります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20005670.jpg


こちらは松永久秀の説明書きです。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20021520.jpg


二段目から三段目に降ります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20112046.jpg


松永屋敷跡三段目の曲輪です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20095679.jpg


二段目と三段目の高低差はこんな感じ。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20215392.jpg


三段目の曲輪の北側に、こんもりと盛り上がった場所が見えます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20242886.jpg


その前に案内板が立っています。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20243113.jpg


図によると、この盛り上がった四段目の曲輪が、松永屋敷で最も広い曲輪のようです。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20331250.jpg


四段目の曲輪です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20331546.jpg


確かに広い。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20343360.jpg


この敷地面積だと、そうとう大きな屋敷が構えられます。

三好長慶から大和国の統治を任された松永久秀は、永禄2年(1559年)に信貴山城を築いて軍事の拠点とし、翌年に多聞山城を築いて政務の拠点としたといいますが、これだけ広い屋敷があったのなら、かなりの兵が籠城できたでしょうね。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20374087.jpg


松永屋敷跡北側を見下ろすと、また削平地があります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20374368.jpg


切岸を降りてみましょう。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20393231.jpg


降りてきました。

階段が設置されているのは、松永屋敷跡四段目曲輪北側の切岸です


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19212553.jpg


さらに東側の下にも曲輪があります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19223154.jpg


降りてきました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19242767.jpg


もう何段目とかわからなくなっちゃいました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19253676.jpg


とにかく、松永屋敷跡を取り巻く曲輪跡を歩きます。

松永屋敷跡に東側は小さな曲輪が幾重にも連なっています。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19270162.jpg


があります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19292952.jpg
松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19293429.jpg


堀切跡には橋が設置されています。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19310569.jpg


写真では伝わりづらいですが、とにかく無数の曲輪群です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19332849.jpg


松永屋敷跡の東側に、明らかに虎口跡と見られる場所を見つけました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19342638.jpg


切通虎口ですね。

登ってみましょう。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19352286.jpg


さっきの松永屋敷跡三段目曲輪に戻ってきました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19372997.jpg


上から見た虎口跡


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19373298.jpg


虎口跡の案内板が設置されていました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19385130.jpg


さっきの松永屋敷跡四段目曲輪が見えます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19404767.jpg


さて、最初の松永屋敷跡二段目の曲輪に戻ってきました。

謎の木人形の向こうには、松永屋敷跡一段目の曲輪の切岸が見えます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19421098.jpg


登ってみましょう。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19432066.jpg


松永屋敷跡一段目の曲輪です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19441841.jpg


北側には、先ほどの二段目、三段目、四段目の曲輪が連なります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19451474.jpg


そして松永屋敷跡一段目曲輪の北側には、めっちゃ高い切岸が。

この切岸は、最初に見た立入屋敷跡の切岸です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19464706.jpg


今度は、松永屋敷跡の西側の曲輪を目指します。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19492764.jpg


堀切跡です。

縄張り図では、この堀切の向こうの曲輪に礎石建物と書かれていました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19493070.jpg


土橋跡です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19505630.jpg


礎石建物の曲輪です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19515606.jpg


礎石らしい遺構は見当たらなかったのですが、おそらくここで礎石跡が見つかったのでしょうね。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19593513.jpg


礎石建物の曲輪の北側には、ドでかい堀切があります。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_19593195.jpg


深い、でかい。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20004396.jpg


その堀切の向こうにも、また曲輪跡が見えますが、堀切が深すぎるので、ここまで。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20020137.jpg


礎石建物曲輪の南側に戻ってきました。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20030540.jpg


そこから南側を上ると、立入屋敷跡に戻ってきました。

信貴山城にはまだまだ曲輪跡があるのですが、歩き回って足が棒になっちゃったので、これで下山します。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20044768.jpg


信貴山麓に降りてきました。

写真は朝護孫子寺の参道にある開運橋で、トレッスル橋脚を用いたカンチレバー橋としては日本最初期のものだそうで、国の登録有形文化財となっています。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20060626.jpg


驚いたのは、その有形文化財の橋からバンジージャンプをやっていたこと。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20070616.jpg


よーやるわ。

私は、バンジージャンプやらスカイダイビングなどを好んでする人の気がしれません(笑)。

人間は飛べないんですから、無理に飛ぶ必要はないんです(笑)。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20091470.jpg


開運橋からの南西の眺望です。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20091839.jpg


北側を見ると、さっきまで登っていた信貴山が聳えます。

ここを訪れたのは令和2年(2020年)1129日。

秋の信貴山です。

最後に信貴山城の御城印を載せます。


松永久秀終焉の地・信貴山城。 その4 <北曲輪群~松永屋敷跡>_e0158128_20104744.jpg


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2022-05-14 12:45 | 奈良の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://signboard.exblog.jp/tb/29947281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

<< 鎌倉殿の13人 第19話「果た... 松永久秀終焉の地・信貴山城。 ... >>