人気ブログランキング | 話題のタグを見る

蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>

「その3」のつづきです。

松坂城本丸下段中御門跡に戻ってきました。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21401572.jpg


「その3」の冒頭で見た中御門は、さらに本丸上段に続いています。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21431072.jpg
蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21431574.jpg


まずは右折


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21431977.jpg


そして左折


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21432418.jpg





蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21444358.jpg


反対側の石垣。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21463613.jpg


本丸上段に登ってきました。

広い!


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21464082.jpg


西側に見えるのは、天守台でしょうね。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21474662.jpg


「本丸跡」と刻まれた石碑の後ろに、ネットで覆われた井戸跡があります。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21494545.jpg


南西から見た本丸

周囲を多門櫓台石垣で囲っていますね。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21495628.jpg


南東に雁木が見えます。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21520169.jpg


雁木を上ります。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21520559.jpg


石碑には「金の間櫓跡」と刻まれています。

「その3」で下から石垣を見上げた櫓跡ですね。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21542495.jpg


ここを訪れたのは令和4年(2022年)72日。

残念ながら、金の間櫓の一部は発掘調査および石垣修復作業中だったため立入禁止でした。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21542831.jpg


ただ、その後のニュースで知ったのは、ここ金の間櫓垣の内部からから金箔瓦が見つかったとか。

ここ松坂城は、天正12年(1584年)に豊臣秀吉から伊勢を与えられた蒲生氏郷が築いた城です。

ここは本丸上段の見附ともいえる場所。

金の間櫓という名のとおり、秀吉好みの金ピカの櫓をここに築いたのかもしれないですね。

もっとも、その櫓も、正保3年(1646年)の大嵐(現代の台風)によって大破したそうです。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21564860.jpg


金の間櫓台上にある「松阪開府之碑」

裏には、蒲生氏郷から服部一忠、古田重勝・重治を経て、紀州藩領になる履歴が刻まれています。

昭和25年(1950年)建立。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21591561.jpg


金の間櫓跡からさっき登ってきた中御門を見下ろします。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_21591909.jpg


これは登ってくる敵兵を向こうとこっちから蜂の巣にできますね。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22014128.jpg


金の間櫓台から見た天守台


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22014507.jpg


天守台にズーム。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22032191.jpg


金の間櫓からぐるーっと多門櫓で天守までつながっていたことがわかりますね。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22044075.jpg


多門通路を歩きます。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22075844.jpg
蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22080115.jpg


天守台の北西にも、櫓跡のようなスペースが見えますね。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22094101.jpg


角を曲がって。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22104660.jpg


一番左奥が天守台

その右前にも一段下がったスペースが見えますね。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22124298.jpg


ここがそのスペース。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22125281.jpg


石碑には「敵見櫓跡」と刻まれています。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22151612.jpg


その名のとおり、敵を見張るための櫓?


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22152087.jpg


敵見櫓は金の間櫓と同じく二重櫓だったそうです。

加えて、敵見櫓は天守と連結していたそうです。

ってことは、実質的な小天守?


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22163273.jpg


敵見櫓台から天守台に登ります。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22205188.jpg


天守台上です。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22205525.jpg


天守台の大きさは、16m×17mの不等辺四角形で、かつてここに安土城に似た三重の天守があったと伝わります。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22205992.jpg


天守は正保3年(1646年)の大嵐(現代の台風)によって大破してしまい、その後は再建されることはなかったため詳細な外観の意匠などは不明ですが、近年の発掘調査により、構造は次第に明らかになってきました。

天守は西側に付櫓を伴った連立式天守であり、さっきの敵見櫓と連結していたようです。

となると、安土城より姫路城天守の小型版みたいな感じだったのかな?


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22181096.jpg


石碑には「天守閣」と刻まれていますね。

ただ、この「天守閣」という呼称は本来正しくありません。

史料に出てくるそれは「天守」もしくは「天主」で、「閣」は付きません。

「天守」「閣」を付けて呼ぶようになったのは、通天閣など高い建物に閣を付ける習慣がついた近代になってからのこと。

学者さんたちは、皆さん、「閣」は付けませんね。

こういった石碑も、本来「閣」を付けるべきではないでしょう。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22231112.jpg


天守台上から見た多門櫓跡


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22231485.jpg


天守台から見た金の間櫓跡


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22251962.jpg


天守台の南側に降りてきました。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22252397.jpg


無骨な野面積みです。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22270139.jpg


西側の突起した石垣部分が付櫓跡です。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22275811.jpg


天守台の南側にも、一段高くなった部分があります。

ここにも多門櫓があったのでしょう。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22284516.jpg


その上に登ってみました。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22310801.jpg


そこから下の高石垣をのぞき込みます。

この下は、「その2」で見た隠居丸です。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22311244.jpg


圧巻の高石垣ですね。


蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩く。 その4 <本丸上段>_e0158128_22311570.jpg


さて、ようやく本丸を攻略しましたが、本丸西側にも曲輪がつづきます。

つづきは「その5」にて。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2023-11-11 23:03 | 三重の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)  

<< どうする家康 第43話「関ヶ原... 蒲生氏郷が築いた伊勢松坂城を歩... >>