人気ブログランキング |

妊婦拒否「医者のモラル」

二階経産相が発言撤回、謝罪 妊婦拒否「医者のモラル」

この発言に関しては、賛成は出来ないにしても理解はできる。
このところ頻繁に報じられている救急患者拒否問題。
はたして「医師不足」だけが原因なのだろうか。
テレビの特集などで現状の医師不足の問題はある程度理解する。
しかし、起こりうる問題に対して病院側が改善努力をしているようには思えない。
「忙しい、人が足らない」たから仕方がないではすまされる問題ではない。
この問題に直視せず、「臭いものにはフタ」をしている状況は、
やはり「医師のモラル」の欠落であると思う。


以下、記事本文引用
*************************************************************************
二階経産相が発言撤回、謝罪 妊婦拒否「医者のモラル」

 相次いだ妊婦受け入れ拒否をめぐり、民主党の足立信也参院議員は13日の参院厚生労働委員会で、二階俊博経済産業相が舛添要一厚生労働相との会談で「医師のモラルの問題」と発言したとして、その適否をただした。経産省幹部は二階氏が発言を撤回し「不愉快な思いをさせ、おわびする」と話していることを明らかにした。足立氏によると、二階氏は10日、「忙しい、人が足りないというのは言い訳」などと発言。

by sakanoueno-kumo | 2008-11-13 17:11 | 時事問題 | Comments(22)  

Commented by ななこ at 2008-11-13 18:13 x
●なんで急患の受け入れを断るの?

・(人員・設備が足りない…などの)物理的問題で、(受け入れると犯罪になってしまうケースがある…などの)法的問題で、断らざるを得ない状態にあり、これは「受け入れ拒否」ではなく「受け入れ不能」なんです。

●なんで「専門外だから」が断る理由になるの?

・「専門外の患者を受け入れるのは犯罪」という司法の判例(奈良心タンポナーデ事件)があるからなんです。

●ベッドが無いなら、廊下で治療すればいいんじゃないの?

・「設備不十分な状態で患者を受け入れるのは犯罪」という司法の判例(加古川心筋梗塞事件)があるんです。

・そもそも、「ベッド」「ベッド」って言われてますけど、病院でいうところの「ベッド」は、心電図とか、酸素マスクとか、呼び出し用ボタンとか、それを管理する人員とか、それら全て「込み」ですからね。もはや「ベッド」というより「設備」と言ったほうが適当かも。

●応急処置してから、他の病院に移すのは駄目なの?

・「応急処置の後、他病院に転送するのは犯罪」という司法の判例(上に同じく、加古川心筋梗塞事件)があるんです。
Commented by ななこ at 2008-11-13 18:14 x
●なんで、一度断った病院が、後になって受け入れるなんて事があるの?

・救命中であった患者が「落ち着く」か「亡くなる」かのどちらかで、病院側に「空き」が出来たからです。

●有名人や金持ちだったら嬉々として受け入れるんじゃないの?

・西村真悟議員の息子の飛び降り自殺…アレも、重度のうつ状態で入院の必要があるとされながらも、「ベッドが無い」という理由で入院できませんでしたよね。もはや、コネやカネではどうにも出来ない程に、患者の受け入れが困難な状況なんです。

●ぶっちゃけ、人の命より金儲けのほうが大事なんでしょ?

・金儲けのほうが大事だったら、そもそも、不採算部門である救急なんて、最初からやりません。

●医師が足りないなら、海外から医師を呼んだらいいんじゃない?

・本国より遥かに待遇の悪い日本に来る理由が見当たりません。…というのも、実は、日本の医師の待遇は、諸外国のソレよりも遥かに悪いんです。
Commented by ななこ at 2008-11-13 18:14 x
●ドクターヘリを導入したら?空からなら直通でしょ?

・ヘリを導入するにも、周囲の建物が邪魔で安全に飛べなかったり(ビルに激突、民家に墜落…の危険性あり)、ヘリポートのある(作れる)病院が少なかったり、騒音問題で導入を反対する住民がいたり…など、色々と問題が山積みなんです…。

・あと、ドクターヘリを必要とするほどの重症患者を扱う「3次救急」自体の数が減っていることも問題の一つとなっています。

●リアルタイムでベッドの空き情報の分かるネットワーク、システムを作ったらいいんじゃない?

・いくら良いシステム、良いネットワークを作っても、医師の手術スピードが上がる訳でもなく、患者を診るための設備が増える訳ではないため、根本的な解決とはなり得ません。

・また、それに近いシステムが既にあるのですが、現在、病院側にそのシステムを操作するマンパワーが無いために、空き情報をリアルタイムに更新出来ない…という問題が発生しています。
Commented by ななこ at 2008-11-13 18:14 x
●救急病院が急患を受け入れられないなら、救急病院を辞めちゃえば?

・現実に次々と辞め…ていうか、潰れていってるんです…。

・特に、重症患者を扱う「2次救急」、救急最後の砦である「3次救急」が減っていることが深刻な問題となっています。

●1次・2次・3次って何?どれも救急病院じゃないの?

・救急病院は、患者の緊急度の度合いによって、「1次救急」「2次救急」「3次救急」…と種別されています。

・「1次救急」は、入院や手術の必要が無い患者が対象で、「2次救急」は、入院や手術が必要な患者が対象、「3次救急」は、1次・2次では対応できないレベルの重症患者が対象となっています。

・ここ数年、救急医療が不要なレベルの「軽症患者」が、夜間救急…特に「2次救急」「3次救急」に駆け込み、夜間救急がパンク状態になっている事が、深刻な問題となっています。
Commented by ななこ at 2008-11-13 18:15 x
「最善を尽くしても、力及ばず患者が亡くなる」という「医療の限界」が、司法のトンデモ判決で「医療ミス」とされて、医師生命を絶たれる人間が次々と出ている現実がある訳で…。

「割り箸事件(小児科崩壊の引き金)」「加古川心筋梗塞事件」「奈良心タンポナーデ事件」「福島県立大野病院事件(産科崩壊の引き金)」など…。

「医療の限界」と医療ミス」の区別が付かずに「死んだら医療ミス」と「後出しジャンケン」のトンデモ判決を出す司法。

医療従事者の叫びを聞こうともせず、「悪者は病院ですよ、さぁ叩いて叩いて」という報道をするマスコミ。

「昼間は仕事だから、夜になって病院に行こう」と、コンビニ感覚で夜間救急に駆け込む人間や、救急車をタクシー代わりにする人間、他の患者がいるのに「俺をVIP扱いしろ」と要求するモンスター患者。

この「救急受け入れ問題」は、そういう人間が医療を破壊した結果、起きるべくして起きた(そして、今後も確実に起こる)悲劇です。

もちろん、そういう状況を放置した行政の責任は大きいですけどね。
Commented by ななこ at 2008-11-13 18:18 x
救急医療の現実を扱った動画があります。

NEWS ZERO「救急崩壊」1日目
患者を断らざるを得ない「受け入れ不能」の実態。
ttp://www.youtube.com/watch?v=Bua7R0bQioo

NEWS ZERO「救急崩壊」2日目
経営不振で「2次救急」が次々と撤退、「2次救急」レベルの患者が「3次救急」へ…。
ttp://www.youtube.com/watch?v=sQ7ufv7bfzM

NEWS ZERO「救急崩壊」3日目(1/2)
夜間救急に多数の患者が押し寄せパンク状態、その多くが、救急医療が不要な「軽症患者」。
ttp://www.youtube.com/watch?v=akEbC5khXKE

NEWS ZERO「救急崩壊」3日目(2/2)
「私たちの病院を守ろう」と立ち上がった市民。
ttp://www.youtube.com/watch?v=8VQlgK3UgQQ

上の動画を元にした記事です。
よろしかったら読んでみて下さい。
ttp://punigo.jugem.jp/?eid=453
Commented by blocru at 2008-11-13 20:58 x
TBSラジオ「ストリーム」11/12放送分より
勝谷誠彦が二階発言に触れています。
http://www.tbsradio.jp/st/2008/11/1112_3.html
Commented by 少し考えればわかるけれど at 2008-11-13 21:44 x
というか、日本全体の問題だけど、現場がモラルを発揮してなんとかすると、それにタダ乗りする馬鹿が本来の責任者含めて、あふれ出してくる。
それに耐えて30年。医者は最も先進的にそうであったグループとして、本来の責任者に責任と対策を取るように求めました。もっとモラルを、その言葉を30年裏切ってきたのは誰かを自覚するがいい。
それが現状。
医者にもっとモラルを、というのはタダで解決し、その分の資金で自分達がおいしい思いをしたいというのがバックボーンがある。労働者に給料を払いたくない経営者と同じだと自覚するべきだ。
Commented by よく考えた方がいい at 2008-11-13 22:47 x
現在の医療崩壊は医者や病院ががんばっても解決しない。モラルは人の行動をを強制できない。モラルは自らが自分に課すもので、批判されて増えていくものではない。戦中の「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」じゃないが、モラルが足りないと批判した所で医療資源は増えない。
間違ってますか?

Commented by もう終わってるんですよ at 2008-11-13 22:49 x
さんざん努力してきて、どうしようもなくなったのが今の現状なんです。
つまり医療は崩壊してるってこと。

医師数と医療費を増加しないとどうしようもなく、再建には10年単位の月日がかかるでしょう。
Commented by 去りゆくボランティアに罵声 at 2008-11-14 00:44 x
休日・夜間の救急医療は医師のボランティア精神に依存しています。
ヒント:当直と夜勤の違い
Commented by ns-genbanokoe at 2008-11-14 15:34 x
夜間救急に来る人の半分以上は精神科に行った方が治るんじゃない?と思うくらい非常識な方々で占めています そして・・・・病院のベットを占領してるのは家族が見捨てた高齢者と、3食昼寝と快適な環境&家政婦(看護師)付のホテルだと勘違いしている人 が現状です だから、医療を問う前にワーワーと文句を言う自分たちのがしていることをもう1度見直してほしいです
現場は看護師不足でこれ以上の受け入れ(ベット数以上の)はできません!!! あと、体裁を気にして施設に入れたくないから病院で面倒見てなんておかしくないですか??
Commented by 通りすがり at 2008-11-14 21:51 x
いや~、人格障害とかボーダーさんを精神科に押し付けられても困りますがな
Commented by かおるん at 2008-11-17 03:12 x
こういうのは行政が制度を作るのであって一労働者である現場の人たちの責任にするべきじゃないでしょ?
そもそも今の制度?は現場の人の献身的自己犠牲によって成り立っていて制度と呼べるようなものじゃないんだから。
Commented by 賢人の去る街人 at 2008-11-18 05:36 x
医療に限らず最近のマスコミや政治には特定の意図による民意の誘導が溢れかえってます。
自分達の身を守るのは自分達の正しい知識です。
最近では政治すらマスコミにより誘導される傾向にあり非常に忌忌しき事態だと感じます。医者の立ち去りが問題になってますが、立ち去ってるのは医者だけでは無いと思います。
努力とモラルによって社会を支えてきた人が逆に叩かれて消えていく、そんな恐ろしい国家に変えられつつあるようです。
旨味を吸い上げてるのは誰でしょうか?
Commented by 賢人の去る街人 at 2008-11-18 05:39 x
賢人と街人
 ――どうしてあなたはこの街を去るのですか、賢人よ。
 街人よ、払はこの街に倦み疲れたからだ。

 ――なぜぜお疲れにお疲れになってしまったのですか。
 この街の人々は、私の知によって利を得ている時はその恩を語らず、私の間違いにより害を得た時には声高く責め立てるからだ。

 ――賢人よ。だがその声に応えることは、優れているあなたの責務ではないのですか。

 賢人は街人を見て、微笑む。
 街人よ。あなたから見ればその通りであろう。だが、あなたに従えば、この街で私は滅びる。私が滅びたら、その時は
 世界も滅びるだろう。だから私がこの街を去ることは、この世界のためなのだ。私がこの街を去れば、私は自分の身を守ることができる。

 ――生まれ育ったこの街を、私利私欲のために捨てるとおっしゃるのですか。
 違う。この街を去れば私は、私を大切にしてくれる新しい街で、生き永らえるであろう。
 そうすれば、私は別の街でこの世界の一部を救い続けることができる。
 それは世界のためであり、そのためには、たとえこの街が滅びようとも仕方がない。
Commented by 賢人の去る街人 at 2008-11-18 05:40 x
その言葉を聞いて、俗人は賢人に跪く。
 ――賢人よ、どうか今一度、私たちに希望をください。

 賢人は目を閉じ、考えこむ。やがて厳かに言う。
 街人よ。ならば一夜の猶予を与えよう。明朝までに、この街の家の窓という窓すべてに、
 ミモザの花をいっぱいに咲かせて欲しい。その光景を見たら、思い直してもよい。

 ――季節はずれの花で、この街をいっぱいにしろ、などと、そんな無理を言うなんて、
    この街に留まるつもりがないから、意地悪をおっしゃるのですね。
 そうではない。これは、街人が私に求め続けてきたことと同じことを、
 最後に私の方から街人にお願いしてみただけのことなのだ。
    
 翌朝、街人は、賢人がその街を去っていくのを、黙って見送るしかなかった。
Commented by 一児の母 at 2008-11-22 01:07 x
>病院側が改善努力をしているようには思えない。

ある意味その通りでは?だって、今回初め受け入れ出来なかったけど最終的に受け入れた病院は「都立」ですから。「都立病院」の経営母体は「東京都」。「都立病院」の勤務医の給料は全国で最下位。「東京ER」なんて作ったけど、看板だけで人員は増やさず…7年目にその現状を訴えたい局長を戸は差紳士もみ消した…という経営方針の結果ですよね。

でも、それを医者個人の責任にすり替えては可愛そうだと思います。48時間連続勤務なのに超過手当てが殆どない中で、出来る限りのことをやっているのですから。
Commented by 医の心を教えてやる at 2008-11-27 01:07 x
医者なら365日無休で働け。文句を言うな。屑は不要だ。
嫌なら辞めろ。代わりはいくらでもいる。
Commented by 一児の母に一言 at 2008-12-29 13:05 x
>でも、それを医者個人の責任にすり替えては可愛そうだと思います。
 医者が、くぁわいそう、ですか? ふざけんな。
あんたも 賢人の去る街 の住人なんだよ。 おかわいそう。 
Commented by 都筑てんが at 2009-01-12 07:24 x
「病院の傲慢だ!」

「それでも医者か!」

「『医は仁術』は死語になったのか」

「命より金儲けのほうが大事なのか」

「患者を受け入れられない病院は看板を返上しろ」

「殺人病院だ!」

「病院が妊婦を殺した!」

「ベッドが無い?そんなの理由になるのか!」

「ベッドが無ければ廊下に寝せればいいじゃない」

「熱意が欠如している!」

「救いたい!という気持ちが無い!」

「ドラマのような熱意のある医者はいないのか!」

そういう、今の医療の窮状に無理解な輩の暴言が、限界状況で頑張っている医師の心を折った事で、医師不足(具体的に言うと、勤務医不足)に拍車をかけているんですよね…。

こうして救急受け入れ問題は更に悪化する…と。

医療破壊活動ご苦労様です。
Commented by 都筑てんが at 2010-07-25 14:53 x
いくら「仁術」や「モラル」や「使命感」や「人を救いたい気持ち」があっても、「マンパワー」「キャパシティ」「リソース」が無ければ、どうする事も出来ない

そんな事も理解しようとせず、「命は大切だ」「命を大切に」という「命は地球より重いんだ」論を振りかざして、医療従事者の限界や、医療そのものの限界を無視した要求が増えているような気がします。

いくら「命は大切だ」「命を大切に」と叫ぼうが、全ての人命を助けることは出来ないし、死んだ人を生き返らせることは出来ない

こんな当たり前の事を理解できない人が多くなったから、医療が崩壊していくのでしょうね…。

<< 吉田えりさんがんばれ! 侍ジャパン >>