人気ブログランキング |

2009年 01月 06日 ( 1 )

 

天地人第1話「五歳の家臣」

遅ればせながら「天地人」第1話を見終わった。
今回のテーマは「義と愛」ということらしい。
使い古された言葉だが、今この平成の時代には改めて必要なテーマかもしれない。

第1話を見終えた感想はまずます。
昨年の「篤姫」、一昨年の「山本勘助」と本来は脇役であるはずの人物を主役にした物語が続いている。そして今回の「直江兼続」もまた、本来ならば脇役の人物。今後の展開を期待する。

しかし、樋口与六役の加藤清史郎くんの演技力には脱帽。実際には7歳らしいが、あんな幼い子があれだけの迫真の演技ができるとは驚きである。うちの娘も今年7歳になるのだが・・・。

ポイントのシーンは、与六の母が紅葉の木の前で息子を説得するシーン。
「あなたは、この越後の子となるのです。」
母の言葉は深く重い。
前作の「篤姫」もそうだったが、人生を教える言葉はいつも「母」。
父である私としては、少々不満である。
たまには父にも花を持たせてほしいもの。

最後に第1話では出番が少なかったが、若き織田信長と豊臣秀吉の吉川晃司 、笹野高史のシーンに違和感を感じたのは私だけだろうか?
何となく滑稽で吹き出してしまった。037.gif

下記バナーをクリック頂けると嬉しく思います。
       ↓↓↓
にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2009-01-06 00:46 | 天地人 | Comments(0)