人気ブログランキング |

2010年 04月 22日 ( 1 )

 

愚かな総理。

「確かに私は、愚かな総理かもしれません」
平野官房長官は鳩山首相のこの発言を「謙虚さの表れだ」と擁護したそうだが、そうは思えない。
腐っても一国の首相である以上、外国の新聞社にこき下ろされた程度のこと、強く否定して嘘でも「訴えてやる!」ってなぐらいの気概を見せてもらわないと、とても国を任せようとは思えない。
「辺野古に決めていれば、どんなに楽だったか」
首相の答弁に「泣き」が入ってはおしまいだ。
「職を賭してまでやりぬく気持ちはあるのか」と谷垣さんに迫られていたが、職を賭すも賭さないも、どういう着地点に収まろうが、どのみちこの普天間問題の着地点が鳩山総理の終着点になることは免れないだろう。

そもそも誰が考えたって、丸く収まる着地点なんてあるはずがないこの普天間移設問題。
なんでこんなバカげた公約をしちゃったんだろう。
長年の沖縄の人の苦労は察して余りあるが、だからといって「じゃあうちが引き受けましょう。」なんて声があるはずもないわけで、そんなことは子どもでもわかること。
候補地の理解を得られるはずもなく、腹案をハッキリ示せないのは、アメリカに首を縦に振って貰える場所を模索しているだけで、結局は地元の声なんて何も聞いちゃいない。
もう、「ゴメンナサイ」するしか道はないんじゃない?

この期に及んでまだ「国外移設」なんて出来もしないこといってるみずほちゃん。
予想は出来たことだが、やっぱり社民党とお手々つなぐこと自体無理があったね。
政権を円滑に運営するために手を結んだのに、逆に政権の起爆剤になってしまった社民党と普天間移設問題。
今更ながら、やっぱり民主単独政権で行くべきだったんじゃない?
「参院選で勝たせてもらうまで、もうしばらく待ってください。」ってな具合であくまで単独政権で臨んでいれば、この1年はたいしたことは出来なかったにせよ、ここまで支持率を落とすこともなっかっただろうし、この普天間移設問題もここまでこじれることもなかっただろうに・・・。

民主党政権の終焉もそう遠くなさそうだが、お相手の自民党も空中分解寸前の状態。
米軍基地の移設先以前に、日本国自体の着陸する滑走路が見当たらない。


にほんブログ村ランキングにエントリーしています。
下記、応援クリック頂けると嬉しく思います。
      ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村


下記、記事本文引用
***************************************************************************
「確かに私は、愚かな総理かもしれません」

 21日の党首討論の冒頭、鳩山首相はこう語った。

 自民党の谷垣総裁が取り上げた米紙の報道を引いた言葉だったが、議場は野党議員らのヤジで騒然となった。
 首相は沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題でも「愚直」という言葉を使い、謙虚さをアピールしたが、口ぶりとは裏腹に、発言の内容は「開き直り」「責任転嫁」の連発だった。
 訪米中にオバマ米大統領と10分間の非公式会談しかできなかったことは、「政府の案が決まっていない段階で、あまり長い話をするよりも10分間が良いと、大統領が判断された」と、人ごとのように語った。「旧政権に任していれば普天間は返還されずに先延ばしされていた」と自民党政権に批判の矛先を向ける一方、自らの「腹案」については「控えさせていただく」の一点張りだった。
 谷垣氏は、首相が約束した「5月決着」に進退をかける覚悟を尋ねたが、首相は「すべての政策の実現に向けて、職を賭して頑張ることは言うまでもない」と一般論に逃げこんだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100421-00001142-yom-pol

by sakanoueno-kumo | 2010-04-22 19:35 | 政治 | Comments(4)