2012年 07月 31日 ( 2 )

 

ロンドンオリンピック体操男子団体の銀メダルに見る、後味の悪さ。

昨夜(正確には本日未明)、柔道と卓球の観戦記を起稿したあと寝るつもりでしたが、やはり体操男子団体の動向が気になり、結局最後まで観てしまいました。
結果は残念ながら痛恨の4位・・・と思いきや、内村航平選手のあん馬の採点について日本側が抗議した結果、審議後に逆転で銀メダル獲得となりました。
「おめでとう!」と言っていいのかどうか・・・でも、公正な審議の結果の逆転ですから、やはり「おめでとう!」でいいですよね。
ただ、なんとなく後味の悪い思いを抱いてしまっているのは私だけでしょうか?
選手たちは全力を尽くして戦っているわけですから、本当は素直に拍手を贈りたいんですけどね。

先日の柔道男子66キロ級の海老沼匡選手のときといい、今回の体操男子団体といい、ジャッジの見直しによって日本側に有利にはたらいてはいるものの、なんとも後味の悪さを感じてしまいます。
なんか、ラッキーでメダルを貰ったみたいじゃないですか!
柔道のときに再判定によって敗者となった韓国の選手は、現実を受け入れられずにしばらく畳から下りようとしませんでしたが、今回の体操男子団体でも、日本が繰り上がったことでメダル圏外に押し出されてしまったウクライナの選手は、きっと納得がいかなかったことでしょう。
銀から銅に格下げとなったのが開催国イギリスだったのも日本にとっては不運でしたね。
別に彼らが悪いわけじゃないのに、会場内のブーイングを一身に受けて気の毒なかぎりでした。
それもこれも、最初から審判が正確にジャッジしてくれていたら、感じずに済んだ後味の悪さです。
オリンピックでしか体操競技を観ない私にはわからないことですが、審議によって判定が覆るような事例は頻繁にあることなのでしょうか?
採点を競う競技は、どうも釈然としない結末が多いように思えてなりません。

それにしても、金メダルに最も近い男といわれた内村航平選手が苦しんでいるようです。
予選での鉄棒演技での落下を精神的に引きずっているのか、それとも何か身体的原因を抱えているのか、いずれにせよ、大会前の自信に満ちた内村選手でないのは確かです。
やはり、4年に1度しかないオリンピックの舞台に、心身ともにベストの状態を作るのは難しいことなんですね。
団体戦終了後のインタビューで彼は、「メダルはとれたが、後味の悪いチーム戦だった。」と述べていましたが、彼のいう後味の悪さは、私たちが思う審判のジャッジに対するものではなく、自分の演技に対する後味の悪さでしょう。
審判のジャッジがどうあれ、自分として納得いく演技ができなかったのは事実。
納得いく演技ができた上でメダルを逃したのなら諦めもつくでしょうし、納得いかない演技でメダルを獲得しても、素直に喜べない思いがあるのでしょうね。
メダルの色というのは目標のひとつの指標であって、本来の目的は世界の大舞台で自分の持てる力を最大限に発揮することにあります。
今回、4位から2位に判定が覆ったからといって、自身の演技が変わったわけではありませんからね。
団体戦は終わってしまいましたが、でもまだ個人戦があります。
気を取り直して、本来のダイナミックな演技を見せてほしいものです。

体操団体の観戦を終えて就寝しましたが、朝起きたら競泳女子100メートル背泳ぎで寺川綾選手が、男子100メートル背泳ぎでは入江陵介選手が、さらに女子100メートル平泳ぎでも鈴木聡美と、3人の競泳陣が揃って銅メダルを獲得していました。
なかでも、自身の持つ日本記録を更新して銅メダルとなった寺川綾選手は27歳でのメダル獲得で、これは日本の女子競泳史上最年長のメダリストだそうです。
なにより、美人ですよね~。
オジサンはファンになっちゃいそうです(笑)。

それにしても、先日の男子400メートル個人メドレーの萩野公介選手に続いてメダルラッシュの競泳陣ですが、決勝の時間があまりにも深夜(早朝?)すぎて、リアルタイムで観れていません。
そろそろ寝不足がピークを向かえそうです。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-07-31 12:11 | 他スポーツ | Trackback | Comments(0)  

日本人金メダル第1号は柔道女子・松本薫選手。中矢力選手は惜しくも銀メダル。

ロンドンオリンピック柔道女子57キロ級で松本薫選手が金メダルに輝きましたね。
連日のテレビ観戦で寝不足のため、今夜はブログをアップするつもりではなかったのですが、金メダル獲得となれば黙ってはいられません。
一進一退の攻防で延長に突入した決勝戦でしたが、試合はルーマニアのカプリオリウ選手が危険行為を犯したということで、一発反則負けという結末となりました。
柔道のルールに詳しくない私は、一瞬なにが起きたのかよくわかりませんでしたが、松本選手の喜ぶ顔を見てようやく事態を把握しました。
せっかくの日本人選手初の金メダルの瞬間だったので、反則なんかじゃなくスカッと勝って欲しかったという思いがなきにしもあらずですが、何はともあれ金メダルは金メダル、胸を張って欲しいと思います。
それにしても、決勝を待つ間の彼女の獲物を狙うような眼光は怖かった(笑)。
あの目で睨まれたら、大の男でもすくみ上がって動けなくなるかもしれません(笑)。
ところが試合に勝った瞬間の、目尻が下がって涙目になった彼女の笑顔は、それまでの鬼の形相の彼女とは別人のようなチャーミングな女の子でした。
やはり格闘技で金メダルを獲るには、あれくらいの気迫が必要なんですね。
松本薫選手! 金メダルおめでとう!
そして世界の舞台での「君が代」をありがとう!

しばらくは、目尻の下がった笑顔でいてください(笑)。

一方で、男子73キロ級でも中矢力選手が決勝に駒を進めましたが、惜しくもロシアのイサエフ選手に敗れ、銀メダルという結果に終わりました。
男女揃っての同日金メダルとはいきませんでしたが、それでも男女揃っての同日メダル獲得はお見事。
とくに男子柔道は、今のところ銀・銅・銀と、3日連続すべての階級でメダルを獲得しています。
このまま全階級メダル奪取といきたいですね。
何はともあれ、中矢力選手!銀メダルおめでとう!

他にも、女子卓球シングルスでは、福原愛選手と石川佳純選手が揃って4回戦を突破し、ベスト8に駒を進めました。
とくに福原選手は相手に3ゲームを先取された劣勢からの逆転劇で、底力を感じましたね。
石川選手は危なげない試合運びで、このまま2人揃ってベスト4進出の期待が高まります。

あと、体操男子団体の動向も気になりますが、さすがに明日も仕事なので今夜はもう寝ることにします。
ニッポン頑張れ!!!


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
     ↓↓↓
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ
にほんブログ村

by sakanoueno-kumo | 2012-07-31 02:25 | 他スポーツ | Trackback(1) | Comments(0)