2018年 04月 10日 ( 1 )

 

西郷どん 第13話「変わらない友」 ~篤姫の輿入れと大久保利通の熊本行き~

e0158128_20010581.jpg安政の大地震などによって先送りになっていた篤姫将軍家輿入れがようやく決定したのは安政3年(1856年)2月のことでしたが、このとき、島津斉彬の命で篤姫の嫁入り道具の調達にあたったのが、西郷吉之助(隆盛)でした。その内容は、箪笥長持、挟箱、櫛、髪飾りなど姫君の嫁入り道具全般に及び、文字通り金に糸目を付けない方針で、西郷自身が店の暖簾をくぐって店との交渉も行ったといいます。現在、残っている書状などを読むと、このときの西郷がいかに花嫁道具の調達に腐心していたかが窺えます。その苦労の甲斐あってか、自身は貧乏な家庭に育ちながら、高価な貴重品の鑑識眼を身につけることになったといいます。


 この嫁入り道具調達のエピソードと、後年の江戸城無血開城に至る嘆願書の話の2つが、西郷と篤姫の接点を史料で確認できる数少ない史実です。つまり、それ以外はすべてフィクションということになります。ところが、今回のドラマでは、その2人の関係を濃厚に描いてきていたので(前話ではラブシーンまで)、きっと、この嫁入り道具調達のエピもたっぷり尺をとって描くのかなぁと思っていたのですが、意外にもあっさり流していましたね。まあ、嫁入り道具を買い集める姿を多く描いても物語上意味がないといわれればそうなんですが、西郷と篤姫の関係をここまでフィーチャーしてきたことを思えば、この数少ない史実エピをもう少し丁寧に描いてもよかったのではないかと。


 西郷が調達した豪華絢爛な品々を携えた篤姫の長大な輿入れ行列は、先頭が江戸城内に到着しても最後尾は依然、渋谷の薩摩藩邸にいたといい、すべてが江戸城に入るのに6、7日間ほどもかかったといいますから、驚くよりほかありません。


e0158128_17375658.jpg 翌年の安政4年5月24日(1857年6月15日)、西郷は約3年4ヶ月ぶりに薩摩に帰国しました。しかし、そのわずか半年後の11月1日(12月16日)には、斉彬の命によって再び江戸に向かうことになります。このとき、同志の大久保正助(利通)が熊本まで同行したという話は史実です。物語では、その大久保の熊本行きを斉彬に進言したことで、逆に大久保の自尊心を逆撫でしてしまうという話でしたね。実際には、このときのふたりの役付けは同じなんですが、斉彬の腹心として江戸、京都と国事に奔走していた西郷に対して、大久保はまだ薩摩を一歩も出たことがなく、あるいは、ドラマのように多少の劣等感を抱いていたかもしれません。また、同格といっても、西郷が徒目付に昇進したのは同年10月1日(11月17日)で、大久保が昇進したのはその1ヶ月後の11月1日(12月16日)。まさに、熊本に向けて出発する当日のことでした。あるいは、ドラマのように西郷の口利きがあったのかもしれませんね。


 たしか10年前の大河ドラマ『篤姫』でも、似たようなシーンが描かれていました。熊本を訪れた西郷と大久保が肥後熊本藩家老の長岡監物と面会するのですが、そこで、西郷と監物との間で内密な話が始まると、西郷が大久保に座を外してほしいと頼み、その言葉に大久保は屈辱を味わうというもの。実際にこのようなことがあったかどうかはわかりませんが、ふたりが長岡監物と面会したのは史実で、このときのことを監物は他者に宛てた書簡に記しています。しかし、そこにあるのは西郷の名だけで、大久保の名はまったく出てきません。監物から見れば、まだ無名だった大久保は西郷の付き人程度にしか思えなかったのかもしれません。そういうものは態度に出るでしょうから、このとき大久保は、西郷との大きな差を実感したでしょうね。


 ただ、後年のそれが示すとおり、大久保という人は、逆境を逆境と思わない強靭な精神力と粘り強さを持った人物です。このときの屈辱は、のちの大久保利通を形成する大きなバネになったのではないでしょうか。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2018-04-10 17:42 | 西郷どん | Trackback | Comments(0)