2018年 05月 23日 ( 1 )

 

日大アメフト部の悪質タックル騒動に思う。

日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックルの問題が連日話題になっていますね。

わたしはアメフトという競技にまったく知識がなく、今回のようなラフプレイが極めてあり得ないことなのか、それとも、今回のプレイがあまりにも露骨すぎただけで、似たような反則ギリギリのプレイは頻繁に行われていることなのか、門外漢のわたしにはわかりません。

ただ、ハイレベルなスポーツの世界において、必ずしもフェアプレイが絶対でないことは想像できます。

例えば野球では、相手チームの強打者を潰すためにビーンボールとも言える厳しい内角攻めを行うのは常套手段だといいますし、実際、元西武ライオンズ名球会入りを果たした東尾修投手は、ビーンボールの投球経験を自ら認めています。

クルトスワローズ古田敦也捕手も、何度も投手にビーンボールを要求して乱闘騒ぎを起こしていますし、自身も、その報復で頭にぶつけられています。

また、サッカーでも、ボールをキープしていない選手に潰しともとれるファールを行い、レッドカードを食らった選手は数多くいます。

今回の騒動で、元プロ野球選手Jリーガーの肩書きを持つキャスターが、神妙な顔つきで日大の悪質タックルを批判する姿を見ると、正直、失笑してしまいます。

お前ら、どの口がそれ言ってんねん!・・・と。


ただ、今回の問題は、そのあとの対応にあるとわたしは思います。

今回のラフプレイの是非はともかく、日大アメフト部は、この反則作戦に失敗しました。

作戦の失敗の責任は兵卒ではなく指揮官にあります。

今回の悪質タックル問題の責任は、すべて内田正人前監督にあると断言していいでしょう。

作戦に失敗した指揮官は、その責任を取って腹を切るのが武士道です。

ところが、この内田という指揮官は、口では自身の責任だと言いながら、実際には自身の保身のみに執着してその責任を兵卒である選手や直属の部下であるコーチに擦り付けようとしています。

見苦しいですね。


まだ子供と言ってもいい若干20歳の当事者の選手が、あれほど潔く自身の罪を認め、包み隠さず誠意をこめて真実を語ったのに対し、本来若者の模範となるべき地位名声もある立派な大人が、自身の保身のみに執着して嘘で固めた発を続ける。

同じ大人として、恥ずかしい限です。

でも、裏を返して言えば、若者と違って大人は、たとえ見え透いた嘘をつき通してでも守らなければならないしがらみを背負っているということかもしれません。

そう考えれば、人は大人になればなるほど、汚れていということですね。

ということは、人の世は性善説が正しいということでしょうか?


いずれにせよ、今回の騒動で、ひとりの前途ある若の人生に傷を残す結果となったことは間違いありません。

相手チームのクオーターバックを潰という指示は、同時にその選手のことも潰すことになるという認識が、内田前監督や井上コーチにあったかどうか・・・。

無様な会見で醜態をさらした指揮官ですが、今後、世論が彼らを潰すことになるでしょう。

あまりにも大きな代償を払う結果となったタックルでしたね。

せめて、その後始末ぐらいは、至誠を尽くしてあたってほしいものです。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
  ↓↓↓



by sakanoueno-kumo | 2018-05-23 23:32 | 時事問題 | Trackback | Comments(2)