人気ブログランキング |

2019年 07月 05日 ( 1 )

 

三好長慶の本城、芥川山城攻城記。 その3 ~主郭~

「その2」の続きです。

二之郭の北の細い道を西に進むと、急に視界が開けた場所に出ます。


e0158128_16352195.jpg


そこには、芥川山城跡ではなく「城山城跡」と刻まれた小さな石碑があります。


e0158128_16352448.jpg


石碑の脇には、南へ下る道があります。

どうやらこの道が大手道のようです。

ここが、大手筋ルート塚脇ルートの交差点になっているようです。


e0158128_16372360.jpg


石碑を過ぎると、主郭と二之郭を結ぶ細長い帯曲輪となっています。


e0158128_16372699.jpg


主郭虎口

細い喰違虎口となっています。


e0158128_16390652.jpg


主郭部に登ってきました。

主郭は三段構造になっており、それぞれの名称はわかりませんが、一番下の段の曲輪を主郭南展望曲輪とでも呼びましょうか。


e0158128_16462665.jpg


展望曲輪からの南側の眺望です。


e0158128_16455878.jpg


遠くにあべのハルカスが見えます。


e0158128_16460227.jpg


こちらは、三好長慶が永禄3年(1560年)に芥川山城から移り住んだ河内飯盛山城のある飯盛山(参照:河内飯盛山城跡)。

ここ芥川山城跡とともに続日本100名城に選ばれています。


e0158128_16482683.jpg


展望曲輪から北を振り返ると、主郭が見えます。


e0158128_16491683.jpg


展望曲輪から主郭に登る虎口。

ここも喰違虎口となっています。


e0158128_16514002.jpg


登ってきました。

ここは主郭下段とでも名付けましょう。


e0158128_16514340.jpg


「桜広場」と書かれた看板があります。

ここを訪れたのは令和になる少し前の平成31年(2019年)3月9日。

桜の季節には少し早かった。


e0158128_16514637.jpg


主郭下段の北側には、いよいよ主郭があります。


e0158128_16530032.jpg


で、主郭に登ってきたのですが、いきなり視界に飛び込んできたのは、傾いた巨木


e0158128_16545111.jpg


そして、根こそぎ横倒しになった巨木もあります。


e0158128_16580806.jpg


「その2」の二之郭でもふれましたが、前年の平成30年(2018年)9月4日に上陸した台風21号で、大阪は各地でたいへんな被害を受けたのですが、おそらく、これはそのときの被害だと思われます。


e0158128_16581206.jpg


それにしても酷い。


e0158128_16545479.jpg


横にある祠は三好長慶を祀ったものだそうです。


e0158128_16583188.jpg


芥川山城の始まりは、戦国時代の永正年間(1504~1523年)に室町幕府の管領・細川高国が築いたとされています。

『瓦林政頼記』によると、「芥川ノ北ニ当リ、可然大山ノ有ケルヲ城郭ニソ構ヘ」と伝え、その普請は、「昼夜朝暮五百人、三百人ノ人夫、普請更ニ止時ナシ」と記されています。

かなり大規模な工事だったことがわかります。


e0158128_17040037.jpg


細川高国は室町幕府の政治をほしいままにしていた人物ですが、しかし、大永6年(1526年)に細川晴元高国打倒の兵を挙げると、享禄4年(1531年)に滅ぼされ、その後、天文2年(1533年)には代わって細川晴元が入城。

管領に就任して政権を掌握しました。


e0158128_17040371.jpg


しかし、それも長くは続かず、天文8年(1539年)には家臣の三好長慶によって晴元は京を追われ、以降、長慶は畿内で勢力を伸ばし、天文16年(1547年)には芥川山城も長慶の手に落ちました。


e0158128_17040660.jpg


長慶ははじめ、従兄弟の芥川孫十郎を城主にしますが、天文22年(1553年)、孫十郎に謀反の疑いありと判断した長慶は、孫十郎を退去させ、その後、自身が入城。

この城を畿内統治の本拠とすると、摂津を中心として山城、丹波、和泉、阿波、淡路、讃岐、播磨にまで勢力圏を拡大していきます。

畿内一円を支配した長慶による政権を、その拠点となったここ芥川山城にちなんで、「芥川政権」と呼ぶこともあります。


e0158128_17041770.jpg


山麓にあったものと同じ推定復元図の看板があります。

主郭には御殿が描かれていますが、発掘調査礎石等が発見されたそうで、御殿のような立派な建物があったことは確認されているそうです。


e0158128_17063286.jpg


主郭からの南の眺望です。


e0158128_17063557.jpg


標高183mの主郭での昼食はコンビニ弁当です(笑)。


e0158128_17041018.jpg


さて、主郭まで攻めてきましたが、まだ、全て攻略できていません。

「その4」に続きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-07-05 00:10 | 大阪の史跡・観光 | Comments(2)