人気ブログランキング |

2019年 07月 18日 ( 1 )

 

阿波国最大の山城、一宮城攻城記。 その4 <小倉丸~椎の丸~下山道>

「その3」の続きです。

本丸を後にして、一宮城南側に向かいます。


e0158128_16254668.jpg


一宮城の縄張りは大きく北城南城に分かれていて、「その2」「その3」で紹介した才蔵丸、明神丸、本丸が北城、そして本稿で攻める曲輪が南城になります。


e0158128_16270156.jpg


誘導板にある水手丸、小倉丸、椎丸が、南城の曲輪です。


e0158128_16274716.jpg


しばらく歩くと、「投石用の石」と書かれた説明板と石がありました。

たしかに、投げやすそうな大きさの石ですが、これだけをもって「投石用」と断定できるのでしょうか?


e0158128_16331328.jpg


「曲輪跡」と書かれた立札があります。

北城南城の間にも、小さな曲輪がいくつかあります。


e0158128_16344277.jpg


堀切跡


e0158128_16344551.jpg


そしてまた曲輪跡を横切り、南西に向かいます。


e0158128_16354309.jpg


土橋のように見えます。


e0158128_16363785.jpg


「小倉丸」と書かれた誘導板が出てきました。

行ってみましょう。


e0158128_16380075.jpg


「土塁跡」と書かれた立札が見えます。


e0158128_16375799.jpg


土塁の上に登ってきました。


e0158128_16410007.jpg


小倉丸は本丸の南側を防御するように作られた細長い曲輪で、曲輪の西南は高さ2m土塁がめぐっています。

土塁の長さは内側で58mあるそうです。


e0158128_16410395.jpg


土塁の北西の突出した部分は、櫓台になっています。


e0158128_16410773.jpg


ここがその櫓台

現在、城跡の遺構をわかりやすくするために木を伐採している途中のようでした。


e0158128_16424317.jpg


小倉丸を降りて、さらに西へ向かいます。

上の写真は、小倉丸西側の空堀です。


e0158128_16424812.jpg


見事なV字型です。


e0158128_16441712.jpg
e0158128_16442267.jpg


道中、「竪堀」やら「土塁」といった立札が随所に見られましたが、いずれも草木に埋もれていて、イマイチわかりづらかった。


e0158128_16464463.jpg


続いて、城跡最南西端にある椎丸にやってきました。


e0158128_16464783.jpg


椎丸は、それほど面積は広くありません。


e0158128_16464960.jpg


縄張り図によると、この椎丸の北側に水手丸があるのですが、その行き道が草木に埋もれてわかりませんでした。

なので、水手丸はスルーすることにしました。


e0158128_16481662.jpg


椎丸から東に下った谷底に、貯水池堤跡があります。

今は少ししか水が残っていませんが、往時は、長い籠城戦に耐えられるほどの水がここに確保されていたのでしょう。

上述した椎丸と水手丸は、この貯水池を守るための役割も果たしていたようです。


e0158128_16521382.jpg


『伊藤文章』、『森古伝記』、『太閤記』、『異本阿波志』などの古記録には、羽柴秀吉四国攻め「水の手」にからむ攻防戦が行われたとの記載があります。

羽柴秀長率いる寄手は、この貯水池を奪って城を落とそうとし、そうはさせまいとする長宗我部元親籠城軍と、ここで激しい攻防が繰り広げられたのかもしれません。


e0158128_16511343.jpg


貯水池から下ったところには、「陰滝」と呼ばれる滝の跡があります。

説明板によると、この岩壁と周囲の曲輪によって、貯水池が守られていたようです。


e0158128_16511697.jpg


さて、この陰滝を過ぎると、緩やかな下山道となり、攻城終了です。

登り始めてから約1時間半の攻城でした。

ちなみに、余談ですが、この日、本丸跡で地元の徳島新聞の記者さんから取材を受け、後日、その様子が新聞に載りました。

紙面を送っていただいたので、載せさせてもらいます。


e0158128_16545838.jpg


氏名は伏せさせていただきますことをご容赦ください。

記者さんによって、「古城愛好家」という肩書をいただきました(笑)。

名刺作ろうかなあ(笑)。


e0158128_16551108.jpg


最後に、続100名城のスタンプを載せます。

ここを訪れたのは平成31年(2019年)3月2日だったのですが、スタンプはそれ以前に押していました。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-07-18 23:59 | 徳島の史跡・観光 | Comments(2)