人気ブログランキング |

2019年 09月 28日 ( 1 )

 

天誅組の足跡を訪ねて。 その6 「千早峠」

文久3年8月17日(1863年9月29日)午前に観心寺に集まった天誅組一行は、大和国五條に向かうべく千早峠を東に進みました。

峠越えは急峻なため、千早村で三日市からの駕籠人足を返し、新たに千早村に100人の人足と駕籠10挺を徴発しようとしたそうですが、しかし、村では要求された駕籠と人数が整わず、三日市の人足18人を雇い、駕籠6挺を借りて、ようやく人足97人と駕籠を揃えて一行に差し出したといいます。

また、新たに木綿三反を購入し、菊の紋の旗を掲げました。


e0158128_15351733.jpg


当時の千早峠超えのコースとは少し違うようですが、現在、千早峠越えの街道は国道310号線となっています。

その頂上付近のトンネルの中が大阪府と奈良県の県境になっていて、そのトンネルを抜けると、奈良県五條市が一望できます。


e0158128_15351913.jpg


幕末の頃の五條は幕府の直轄地でした。

当時は「天領」と呼ばれていたはずです。

天領には殿様はおらず、幕府から代わる代わる代官が派遣されます。

代官は代官所にて政務を行いますが、幕藩体制が確立していた江戸時代においては、代官所の規模は諸藩と比べて規模が小さく警備も手薄でした。

幕末の五条代官所では、南大和7万石に対して代官1人、幕臣の手付3人、お抱えの手代10人(士分)しかいなかったといいます(他に下働きの足軽、中間はいました)。

7万石をわずか十数人の役人で統治していたわけですから、襲うのも容易なことだったでしょう。

そこに天誅組が目をつけたんですね。

そのあたりの内部事情は、五条出身の天誅組隊士だった乾十郎から、中山忠光吉村寅太郎ら幹部に筒抜けだったようです。


e0158128_15352286.jpg


標高700mを超える千早峠の頂上から見る五條の景色は、吸い込まれそうで少し足が竦みました。

中山、吉村ら天誅組の面々は、きっとこの景色を眺めて武者震いをしていたんじゃないでしょうか?

まだこのときは、孝明天皇大和行幸は行われると信じていたでしょうから。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-09-28 01:46 | 天誅組の足跡を訪ねて | Trackback | Comments(0)