人気ブログランキング |

2019年 11月 08日 ( 1 )

 

天誅組の足跡を訪ねて。 その26 「天誅義士明治谷墓所」

「その25」で紹介した宝泉寺から南東に200mほど歩いたところにある墓地に、宝泉寺で菩提を弔われていた天誅組隊士たちの墓があります。


e0158128_19485540.jpg


墓所入口には、「天誅義士墓所」と刻まれた石碑が建てられています。

その横には石灯籠と「天誅義士明治谷墓所」と書かれた看板が。


e0158128_19485906.jpg


石碑です。


e0158128_19535453.jpg


天誅組隊士の墓所は何か所かありますが、ここに葬られている天誅組隊士の名簿です。

吉村寅太郎以外は、文久3年9月24日(1863年11月5日)に起きた鷲家口の決戦で最期を遂げた隊士たちですね。


e0158128_19564134.jpg


この階段を上ったところに墓所があります。

なかなかハードです。


e0158128_19564624.jpg


この石碑は古そうです。


e0158128_19564956.jpg


途中、歌碑のようなものがあったのですが、古くて読解できません。


e0158128_19585660.jpg
e0158128_19585998.jpg


たどり着きました。

石垣が城跡のようです。


e0158128_20015824.jpg


墓所です。


e0158128_20045226.jpg


鉄柵の門扉と玉垣で守られています。


e0158128_20061077.jpg


向かって左から、「その20」で討死した西田仁兵衛の墓です。


e0158128_20075496.jpg


同じく「その20」で討死した天保高殿の墓です。


e0158128_20101311.jpg


こちらは「その21」で討死した山下佐吉(安田鉄蔵)の墓。


e0158128_20101855.jpg


同じく「その21」で討死した植村定七の墓。

墓石には「定七郎」と刻まれています。


e0158128_20114684.jpg


こちらは「その23」で討死した林豹吉郎の墓。

贈正五位」とあります。


e0158128_20115235.jpg


「その24」で討ち死にした鍋島米之助の墓。

こちらも贈正五位」とあります。


e0158128_20131466.jpg


「その22」で紹介した宍戸弥四郎の墓。

ひとつ位階が上がって贈従四位」とあります。


e0158128_20151529.jpg


こちらは「その19」で討死した決死隊隊長の那須信吾の墓。

宍戸と同じく贈従四位」とあります。


e0158128_20163929.jpg


そして、いちばん右端には天誅組総裁吉村寅太郎の墓が。

総裁ということもあって、贈正四位」とあります。

この中で吉村だけは鳥ヶ峰の戦いで負傷していたため本隊と逸れ、鷲家口の決戦には参戦できませんでした。

吉村はその3日後に鷲家谷付近で落命します。

その場所にも吉村の墓がありますが、明治29年(1896年)にここへ改葬されたそうです。


e0158128_20181002.jpg


全員、現在の墓石の裏側に旧墓石があったのですが、吉村の旧墓石だけ、外から見える場所に設置されていました。

この碑は吉村の死後、間もなく建てられたものだそうですが、参拝をしてお願いをすればたいへん御利益があるという噂が広まり、一時は大勢の人々でにぎわったそうです。

ところが、この話が鈴木源内の後任の五条代官・中村官兵衛の耳に入り、「賊徒の墓に参拝するとはけしからん」と、この碑を川の下へ投げ落としたそうです。

墓碑の角が取れてこのように丸くなっているのは、このときのことだそうです。

このことは、古文書で次のように記されています。


「此にて天誅組の内、主たる人、吉村寅太郎様戦死。土民浪士の石碑を刻み其の土地に葬りけり。然るにその後、近村近国より参詣人多数、追々益々群集致し、天誅組吉村大神儀として、様々の立願相込め、御利益之存り候より、誠に追々参詣人群集致し候故、其の御支配御役所より差し止め候処、なかなか百姓共、聞き入れ申さず、益々参詣人弥増、不思議なる次第、可恐々」


e0158128_20202451.jpg


その横には、「夫仲吉村内分」と刻まれた墓碑があります。

ネットで調べてみると、建碑者不明の墓碑だそうですが、吉村寅太郎の妻が世を憚って変名彫刻したものであろうと伝えられているそうです。


e0158128_20202702.jpg


こちらの古い碑は、「天誅義士那須信吾・・・」と書かれているように見えますが、後半が読解不能です。


e0158128_20203038.jpg
e0158128_20020438.jpg


明治22年(1889)に那須信吾の息子、那須重宗が墓参に訪れ、信吾の墓碑を建碑したそうです。

その後、明治27年(1894年)に全員の墓碑が新しく建碑され、大正元年(1912年)に石柵が設置されたそうです。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-11-08 23:14 | 天誅組の足跡を訪ねて | Trackback | Comments(0)