人気ブログランキング |

2020年 02月 20日 ( 1 )

 

近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>

近畿の水がめ琵琶湖の南湖西岸に、かつて明智光秀が築いた坂本城がありました。

現在、その遺構は都市化によってほとんど残っていませんが、城跡周辺を歩いてみました。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_22512642.jpg


まず訪れたのは、琵琶湖畔に整備されている坂本城址公園

その入口には、「坂本城址」と刻まれた石碑が立ちます。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_22524480.jpg


西側を振り返ると、比叡山が見えます。

元亀2年9月12日(1571年9月30日)、織田信長は比叡山を焼き討ちにしますが、その中心実行部隊として活躍した明智光秀に近江国滋賀郡5万石を与え、ここ坂本城の築城を命じました。

その目的は、比叡山延暦寺の監視と琵琶湖の制海権の獲得だったといいます。

たしかに、比叡山を監視するには絶好の場所かもしれません。

もっとも、比叡山から見下されているという気もしないでもないですが。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_22540036.jpg


公園内には、石碑や説明板、それから光秀の像もあります。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_22574287.jpg


まずは光秀像


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_22574684.jpg


微妙・・・・。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_22574969.jpg


五木ひろしさんみたい(笑)。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_22575380.jpg


以前、福井城の結城秀康像の稿(※参照)や、三木城の別所長治像の稿(※参照)でも述べましたが、どうも、平成に作られたであろう新しい像は安っぽい

どう見ても戦国武将には見えず、三国志の騎馬武者って感じに見えます。

どれも同じ作者に見えますね。

三木城の別所長治像なんて、着物が左前の死人襟(死人合わせ)になっていて、ひどいものでした。

中国で低予算で作らせているんじゃないかと。

明治から昭和初期に作られた像は、どれも立派なものばかりですからね。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23030247.jpg


像前の業績碑


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23030641.jpg


その横の歌碑です。

われならで 誰かは植ゑむ 一つ松 心して吹け 志賀の浦風 光秀

かつてこの近くにあった「唐崎の松」という名木が、大風によって枯れたしまい、それを惜しんだ光秀が詠んだとされる歌です。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23040814.jpg


こちらは、「光秀の意地」の碑。

唄うは鳥羽一郎さんだそうです。

聞いたことねーっ!

五木ひろしさんだったら、さっきの像とリンクするんですが(笑)。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23091042.jpg


こちらは案内板。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23091369.jpg


地図を拡大します。

なんだ、ここ城跡公園は、城の縄張りの外じゃないか!

本丸、二ノ丸跡はもう少し北、三ノ丸跡はもう少し西にあったようです。

本丸跡も湖岸に、「坂本城石垣」と記載されています。

あとで探しに行ってみます。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23101702.jpg


公園から湖岸に通じているようです。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23232138.jpg


琵琶湖です。

南東に見える高いビルは、大津のホテルです。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23232530.jpg


こちらは東側。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23232814.jpg


そして、こちらは北東側。

対岸の右に見える富士山のような形の山は、近江富士と呼ばれる三上山です。

ということは、写真右側の遠くに見える山々のあたりに安土城があるはずです。


近江坂本城跡を歩く。 その1 <坂本城址公園>_e0158128_23253888.jpg


さて、「その2」では、本丸跡付近を歩きます。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2020-02-20 11:48 | 滋賀の史跡・観光 | Trackback | Comments(0)