人気ブログランキング |

カテゴリ:三重の史跡・観光( 3 )

 

悲運の藤堂高吉を家祖とする名張藤堂家邸跡を訪ねて。

三重県名張市にある名張陣屋跡を訪れました。

現在残る名張陣屋跡は「名張藤堂家邸跡」として一般公開されています。


e0158128_14274422.jpg


名張藤堂家は、藤堂高虎の養子となった藤堂高吉にはじまります。


e0158128_14290939.jpg


こちらが入口です。


e0158128_14302667.jpg


説明板です。


e0158128_14360960.jpg


敷地内に入ります。


e0158128_14361309.jpg


名張藤堂家は寛永13年(1636年)からこの地に居を構えますが、当時の屋敷は宝永7年(1710年)の名張大火によって焼失したため、現存する建物はその後に再建されたものだそうです。

ただ、それも明治初年に大部分が失われたため、現在残る建物は、ほんの一部だけです。


e0158128_14340522.jpg


建物前の庭です。


e0158128_14340888.jpg


地面にかつての屋敷図面の石板が埋め込まれています。


e0158128_14371244.jpg


建物内に入ってみましょう。


e0158128_14391200.jpg


現存する建物は、「御西」と称された中奥、祝之間、茶室など日常生活に使用された奥向の一部だけだそうです。


e0158128_14431306.jpg


名張藤堂家の系図です。

初代の藤堂高吉はなかなか数奇な人生だった人で、元は織田信長の重臣・丹羽長秀の三男として生まれましたが、本能寺の変で信長死去の後、羽柴秀吉の所望により、実子がいなかった弟の羽柴秀長養子となります。

これは、天下を望む秀吉が、柴田勝家を討ち滅ぼすために丹羽長秀と縁を結ぶ目的だったといわれます。

この縁組で高吉は秀長の後継ぎなるはずでしたが、天下人となった秀吉は甥の秀保を立てたため、話はおじゃんになりました。

その後、高吉を家来と結婚させようとしますが、このとき秀長の家臣だった藤堂高虎が願い出て、高吉を養子に貰い受けました。

このとき、名を高吉としました。


e0158128_14570969.jpg


高虎は実子に恵まれなかったため、高吉を跡継ぎにするつもりでしたが、高虎48歳にして実子が生まれたため、その話はまたまたおじゃんに。

やむなく高吉は高虎の家臣となりますが、高虎は高吉を疎んじはじめ、参勤交代にも同伴しなかったといいます。

高吉は何も悪いことしてないのですが、悲運としか言いようがありません。


e0158128_14571355.jpg


高虎の死後は実子の藤堂高次の家臣として仕えるようになりますが、その高次の命によって高吉は伊勢国へ2万石の移封となり、その後、ここ名張に移封となりました。

その際、次男以下3人に5000石を分知させられ、1万5000石に減封となりました。

高次は高吉の存在を危険視したとされ(幕府に高吉を藤堂本家から独立した大名に取り立てようという動きがあったためといわれる)、名張移封も、高吉に対する高次の冷遇の一環であったといわれます。

まさに、たらい回し人生ですね。


e0158128_14594693.jpg

e0158128_14594934.jpg

中奥の間にあったこの屏風絵は、「長徳」の落款が記されています。

名張藤堂家7代目の藤堂長徳の作品のようです。


e0158128_14460221.jpg


です。

便所も畳敷きなんですね。


e0158128_14460512.jpg


湯殿です。


e0158128_14460955.jpg


茶室「清閑楼」です。


e0158128_14492590.jpg


茶室から見える庭です。


e0158128_14492994.jpg
e0158128_14493771.jpg


向こうに見えるのは、太鼓門


e0158128_14510778.jpg


東側の「祝之間」は、武具や書簡など名張藤堂家に伝わる品々の展示コーナーになっています。


e0158128_14534873.jpg


羽柴秀吉・丹羽長秀の書簡です。

ふたりとも高吉の人生を狂わせた人物ですね。


e0158128_14535234.jpg


こちらは秀吉の朱印状


e0158128_15012944.jpg


さて、建物の外へ出て、先ほど庭に見えた太鼓門を見に行ってみましょう。


e0158128_15013285.jpg


こちらが太鼓門です。


e0158128_15025318.jpg


名張藤堂家と藤堂藩本家の間の確執は高吉の死後も200年近く続きました。

享保19年(1734年)には第5代・藤堂長熙は藩祖・高吉の実家である丹羽氏を通して幕府に独立を働きかけますが、翌年にそれが本家の知るところとなり、本家と分家の一触即発の状態になりました。

最終的には重臣3名が主君のあずかり知らぬところと主張し、責任を被って切腹したため落着しましが、長熙は隠居を命じられ、藤堂長美が跡を継ぎました(享保騒動、名張騒動とも)。

以降、本家から2名の横目付が派遣され、徹底した監視下に置かれるようになります。

しかし、第8代当主の藤堂長教が本家の藩主・藤堂高嶷の娘と結婚すると、ようやく両家の関係が徐々に良好になっていったそうです。

現代でも、後継者争い相続争いが確執を生むといった話は珍しくありませんが、200年近い対立というのは、双方、しんどかったでしょうね。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-06-15 20:27 | 三重の史跡・観光 | Comments(0)  

室町時代の庭園が残る多気北畠氏城館跡を訪ねて。<後編> 武家庭園

<前編>の続きです。

多気北畠氏城館跡内にある庭園を散策します。

ここからは有料。


e0158128_13593346.jpg
e0158128_13535536.jpg


入口横には、「名勝及史蹟多気北畠氏城館址」と刻まれた石碑があります。


e0158128_13552952.jpg


案内板です。

庭園は7代国司・北畠晴具の時代、享禄元年(1518年)頃の管領・細川高国の作庭という説に合致するそうです。


e0158128_13513876.jpg


いざ、庭園内へ。


e0158128_14140569.jpg


ここを訪れたのは平成30年(2018年)11月18日。

見事な紅葉が彩ります。


e0158128_14141072.jpg


天気が良ければもっときれいだったのでしょうけど、この日は曇りだったうえに、ここを訪れたのが夕方4時を過ぎていたので、暗い写真になってしまったのが残念。


e0158128_14141426.jpg


北畠氏伊勢国との関わりは、『神皇正統記』の作者としても知られる北畠親房が延元元年(1336年)に伊勢国田丸城を拠点としたことに始まります。

親房は伊勢神宮の存在や南朝を支持する南伊勢の諸勢力、及び、吉野朝廷と東国との連絡経路等について考慮し、伊勢国に拠点をおいたものと考えられています。


e0158128_14141700.jpg


親房自身はやがて常陸国に移りますが、次男の北畠顕信と三男の北畠顕能が伊勢にとどまり、延元3年(1338年)に顕能が伊勢国司となりました。

ちなみに、長男が前稿で紹介した悲運の武将・北畠顕家です。

その後、南伊勢の各拠点が北朝方の攻撃を受け、興国3年/康永元年(1342年)に田丸城が落城すると、北畠氏はほどなくここ多気に拠点を移し、霧山城や館を築いたといわれています。


e0158128_14142042.jpg


南北朝が統一されたあとも北畠氏は伊勢国司としての地位を保ち、守護大名として室町時代を生き抜いていきます。

往時の北畠氏の勢力範囲は、拠点である多気の地だけにとどまらず、およそ旧一志郡以南の諸地域に及び、隣国である伊賀国大和国の南部をもその支配下におさめていたといわれます。


e0158128_14142474.jpg


しかし、時は流れて天正4年(1576年)、織田信長天下布武の動きの中で侵攻を受け、約240年続いた多気北畠氏の歴史は幕を閉じることになりました。

栄華盛衰は世の慣いです。


e0158128_14142868.jpg


説明板によると、近年、同時代の庭園が発掘調査によって各地で見つかっていますが、ここ多気北畠氏城館跡の庭園のように、埋もれずに残っているものは他に例がなく、たいへん稀有な存在といえるそうです。


e0158128_14143206.jpg


庭園内にはかなりの樹齢であろう巨樹がたくさん茂っていましたが、おそらく、往時はこのような巨樹はなく、もっと見通しの良い空間だったのでしょう。


e0158128_14182470.jpg


さて、名勝を堪能したので、庭園を出て裏山への登山道入口に来てみました。


e0158128_14182136.jpg


霧山城址まで1350mとあります。


e0158128_14182744.jpg


でも、この時点で時刻は16時半で、とても1km超えの登山などできません。

霊山城はまた、いずれ、機会があれば。

最後に続日本100名城スタンプを載せます。


e0158128_14194839.jpg



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-06-13 23:58 | 三重の史跡・観光 | Comments(0)  

室町時代の庭園が残る多気北畠氏城館跡を訪ねて。<前編> 北畠神社

南北朝時代から戦国時代にかけて伊勢国の守護大名だった北畠氏の城館跡が、三重県津市の多気の地にあります。

多気(たげ)と読みます。


e0158128_11411965.jpg


多気北畠氏城館跡は多気のほぼ中央に位置する館跡詰城およびその背後の山頂にある霧山城をあわせた総称ですが、この日は夕方からの訪問だったため、麓の館跡のみの見学です。


e0158128_11462565.jpg


駐車場にイラストマップがあります。


e0158128_11462877.jpg


現在、館跡には北畠神社が鎮座します。

北畠神社はその名のとおり、初代伊勢国司として南朝奉護に尽くした北畠顕能を主祭神とする神社です。

石碑には、「別格官幣社」とあります。

「別格官幣社」とは、国家のために功労のあった人臣を祭神とする神社のことで、明治5年(1872年) に神戸の湊川神社が定められたのに始まり、昭和21年(1946年)に社格が廃止されるまで、日本全国に28社ありました。


e0158128_11501729.jpg
e0158128_11502173.jpg
e0158128_11502429.jpg


ここを訪れたのは平成30年(2018年)11月18日。

紅葉まっさかりの時期でした。


e0158128_11515751.jpg


境内入口の石鳥居です。


e0158128_11540272.jpg


社殿です。

北畠神社は建武中興十五社にも数えられています。

「建武中興十五社」とは、後醍醐天皇(第96代天皇)の建武の新政(建武の中興)に尽力した人物を祀った神社のことですが、北畠神社には主祭神の北畠顕能のほかに、父の北畠親房と兄の北畠顕家が合祀されていることから、建武中興十五社に数えられたのでしょう。

北畠神社の創建は寛永20年(1643年)3月と伝わり、建武中興十五社で唯一、近世以来の由緒を持ちます。

つまり、他の14社は明治以降の創建ということ。

明治政府が多分に政治利用するために創建したバッタもんの神様、とは言い過ぎでしょうか。


e0158128_11584582.jpg


境内には、合祀された北畠顕家の像があります。


e0158128_11584907.jpg


北畠顕家は建武の新政下、わずか16歳陸奥守兼鎮守府将軍に任じられた南朝方の武将で、一時は反旗を翻した足利尊氏軍を九州へ追いやる活躍を見せますが、延元3年/建武5年(1338年)、5月22日、阿倍野・石津の戦い21歳という若さで討死した悲運の武将です。


e0158128_11585222.jpg


「花将軍 北畠顕家公」とあります。

これと同じような像が、同じく建武中興十五社に名を連ねる阿部野神社にもあります(参照:太平記を歩く。 その149 「阿部野神社」)。

顕家は紅顔の美少年だったと言われ、その貴公子ぶりからも「花将軍」と称されました。

平成3年(1991年)のNHK大河ドラマ『太平記』では、当時、「国民的美少女」と持てはやされた後藤久美子さんが演じて話題になりましたね。


e0158128_12004691.jpg


境内に設置された説明板では、日本最古の石垣が発掘されたと書かれていました。

でも、あたりを見渡すかぎり、それらしき石垣は見当たりませんでした。


e0158128_12061860.jpg


こちらにも、何か説明板があります。


e0158128_12062282.jpg


入口跡の石段が見つかったとありますが、これも、見当たりませんでした。

たぶん、埋め戻されたのでしょうね。


e0158128_12062543.jpg


こちらの説明板には、礎石建物跡が出土したとありましたが、これも埋め戻されたのでしょう。


e0158128_12062958.jpg


結局、遺構といえるようなものは見られませんでした。

仕方がないので、紅葉をアップします。


e0158128_12122650.jpg
e0158128_12123000.jpg
e0158128_12123329.jpg


さて、<後編>では室町時代から残る庭園を散策します。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-06-12 23:34 | 三重の史跡・観光 | Comments(0)