人気ブログランキング |

カテゴリ:天誅組の足跡を訪ねて( 13 )

 

天誅組の足跡を訪ねて。 その13 「井澤宜庵宅跡・墓所」

五條出身の天誅組隊士としては、「その12」で紹介した乾十郎のほかにも2人いましたが、そのなかのひとり井澤宜庵の住居あとにも石碑が建てられています。


e0158128_18451070.jpg


井澤宜庵は乾十郎と同じく、五條で医者をしていた人物です。

あまり有名な人ではありませんが、天誅組には軍医として参加していたそうです。

軍中では病傷人の面倒をよくみ、隊士の信頼も厚かったと伝わります。


e0158128_18451308.jpg


説明板によると、高取城攻めで負傷した吉村寅太郎の手当てもしたそうで、その丁寧な治療により、大将の中山忠光から褒美としてを贈られたといいます。


e0158128_18501128.jpg


近くの永楽院には、井澤宜庵の墓があります。


e0158128_18500491.jpg


説明板によると、天誅組が鎮圧された後、五條で津藩の軍勢に降伏して捕らえられ、五條の人々の働きかけによっていったん釈放されたそうですが、のちに今度は幕府の役人に捕らえられ、慶応元年(1865年)、乾が処刑された京都六角獄に投獄され、そこで毒殺されたそうです。

享年43

妻の禮以ととともにここに眠ります。


e0158128_18500751.jpg


五條代官所襲撃で殺害された代官の鈴木正信(源内)さらし首の絵が残っているそうですが、その絵を描いたのが井澤宜庵だったといいます。

明治31年(1898年)、政府は井澤宜庵に正五位を贈りました。



「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-17 01:46 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その12 「乾十郎宅跡・顕彰碑・墓所」

「その11」で紹介した櫻井寺の南側に、五條出身の天誅組隊士・乾十郎の住居がありました。

現在、その跡地には石碑が建てられています。


e0158128_18251927.jpg


乾十郎は4歳にして孟子を諳んじるほどの秀才だったといい、同じく五條出身の森田節斎儒学を、その弟の仁庵医学を、そして京に出て梅田雲浜国学を学びます。


e0158128_18252205.jpg


大坂に出て町医を開業した後、再び五條に戻って医者をする傍ら、吉野川に放流する材木に課せられる材木税不当として紀州藩に撤廃を談じ込み成功させたり、容認はされなかったものの、吉野川の水を大和平野に疎通させて灌漑設備を整えようと上書したりしています。


e0158128_18252591.jpg


現在は櫻井寺の南の大通りより一筋南の細い路地に石碑が建ちますが、当時は、櫻井寺の門前に住居があったそうで、挙兵前は五條代官所に近いこの地で代官所の様子を探り、挙兵後は櫻井寺に本陣を布く手筈を整えたといいます。


e0158128_18294566.jpg


近くには、乾十郎顕彰碑が建てられています。


e0158128_18294899.jpg


贈正五位乾十郎先生顕彰碑」と刻まれています。

乾は明治24年(1891年)に靖国に合祀され、明治31年(1898年)に正五位を贈られました。

天誅組隊士のほとんどが、明治に入って名誉回復となり、位階が贈られています。

でも、彼らのやったことは、所詮はテロリズム

幕府の役人というだけで何の罪のない代官を殺害し、それを「義挙」と言っているわけですからおかしな話です。

殺された鈴木正信(源内)たちのことを思えば、釈然としないものがあります。

明治政府の贈った位階というのは、自分たちが作った新政府を正当化するための道具に過ぎなかったというのが、よくわかりますね。


e0158128_18295228.jpg


顕彰碑裏面には、「獄中歌」と題して次の詩が刻まれています。


いましめの 縄は血汐に染まるとも あかき心は などかはるべき


いわゆる辞世の句ですね。

乾十郎の兄・乾竹次郎の孫である乾材三の揮毫で、碑は昭和12年(1939年)に建てられました。


e0158128_18315881.jpg


顕彰碑の前の石碑には、坂本龍馬勝海舟とも親交があったと書かれています。

これはあまり知られていませんが、いくつかの文献に出てくる話です。

文久3年6月2日(1863年7月17日)、土佐藩士で神戸海軍操練所の塾生だった廣井磐之助仇討を龍馬が助けますが、このとき見物人のなかに乾がいて、「助勢の士一同凱歌を唱。山号谷応じ、凄々愴々」と、その模様を伝えています。

また、同月11日、龍馬は勝海舟の使いとして乾のもとを訪ねていますが、伝わるところによると、陸奥陽之助(宗光)が水戸藩士兜惣助らに狙われている乾を救助してくれるよう龍馬に頼み、龍馬は乾を助けたといいます。

五條代官所襲撃2ヶ月前のこと。

せっかく龍馬に救ってもらった命を無駄に使っちゃいましたね。


e0158128_18362234.jpg


五條市岡口一丁目には、乾十郎の墓があります。


e0158128_18362502.jpg


司馬遼太郎の短編『五条陣屋』では、代官所の手代になり損ねて恨みを持っている狂人として描いています。

あるいは、多少そういう要素があったのかもしれません。


e0158128_18362830.jpg


天誅組壊滅のあと、乾は大阪に逃亡して潜伏していましたが、やがて捕縛されて京の六角獄(別稿:幕末京都逍遥 その90 「六角獄舎跡」)に投獄されます。

そして元治元年7月19日(1864年8月20日)の禁門の変(蛤御門の変)によって起きた大火災によって京都の町は火の海となり、火災に乗じて囚人が逃亡することを恐れた西町奉行所の役人・滝川具挙が、判決が出ていない状態のまま独断で囚人37名の処刑を断行しました。

そのなかには、乾を含む天誅組隊士16名が含まれていました。

獄舎で斬首された乾らの遺体は、西の京刑場にまとめて埋められ、その後、幕末のドサクサのなか忘れ去られていましたが、それから13年後の明治10年(1877年)、化芥所(ごみ処理施設)となっていた西の京刑場跡から姓名を朱書した瓦片と多数の白骨が発見され、調査の結果、これらは六角獄舎で斬首された乾らの遺骨であることがわかり、あらためて京都の竹林寺に移葬されました(別稿:幕末京都逍遥 その92 「竹林寺」)。


e0158128_18363208.jpg


この墓がいつ建てられたものなのか、京都の竹林寺から分骨されたのか、そのへんの情報はわかりませんでした。

まあ、他の天誅組隊士たちも、複数の墓が存在する場合が多いですからね。

乾の墓は大阪市天王寺区の正念寺にもあるそうです。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-12 00:46 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その11 「櫻井寺(天誅組本陣跡)」

文久3年8月17日(1863年9月29日)、天誅組隊士はいっせいに挙兵し、五條代官所を襲って代官の鈴木正信(源内)を殺害すると、ここ櫻井寺を本陣として五條新政府を号し、討幕の旗をあげました。


e0158128_18055115.jpg


現在、櫻井寺の入口には、「天誅組本陣跡」と刻まれた石碑が建てられています。


e0158128_18055538.jpg


明治100年を記念して建てられたもののようです。


e0158128_18172840.jpg


彼ら天誅組が五條で旗揚げしたのは、攘夷を望まれる孝明天皇大和行幸先鋒となり、御親兵として戦うためでした。

ところが、これに震え上がったのは当の孝明天皇。

自分は攘夷論ではあっても、幕府体制を否定する気は毛頭ない、討幕の先頭に立つなど滅相もない、と、京都守護職松平容保SOSを求めます。

そうして起こったのが、京の尊皇攘夷派が一掃された「八月十八日の政変」でした。


e0158128_18172586.jpg


彼らがここで旗揚げした翌日に京の政局は一変し、天皇の大和行幸の計画は頓挫します。

これにより天誅組は皇軍御先鋒の大義名分を失い、梯子を外されたかたちとなります。

つまり、天誅組は皇軍として旗揚げした翌日に「暴徒」となったんですね。


e0158128_18075133.jpg
e0158128_18172251.jpg


境内には、代官・鈴木源内を殺害した後に首を洗ったと伝えられる水盤があります。


e0158128_18130308.jpg


さらに、本堂の下に置かれたこんなものを見つけました。


e0158128_18130713.jpg


旧本堂の柱だそうです。


e0158128_18131141.jpg


「天誅組 槍尻之傷跡」と書かれています。

追討軍との戦闘時の傷ということでしょうか?


e0158128_18131496.jpg


確かに、言われてみればそのようにも見えます。


e0158128_18173120.jpg


天誅組がここで立ち上げた五條新政府は、わずか3日間の命でしたが、このとき五條新政府は、この年の年貢を半減することを宣言したそうです。

高速道路無料化とか高校無償化など、財源を無視して民衆に耳あたりの良い公約を掲げて一時的に政権を担ったどこかの党と似ていますね。

結局は絵に描いた餅、政府と名乗るには稚拙な集団だったということでしょう。

そうか!平成の世間交代は、天誅組の変だったのか!!!

どうりで短命に終わったはずです。



「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-11 07:29 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(2)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その10 「五條代官 鈴木源内墓所」

天誅組五條代官所襲撃によって殺害された代官・鈴木正信(源内)墓所が、五條代官所跡の石碑から北東200mほどのところにあります。


e0158128_17482808.jpg


墓は地元の人たちの墓地のなかにひっそりとあります。

その参道には、「鈴木源内外五士之墓」と刻まれた石碑があります。


e0158128_17483393.jpg


こちらがその墓です。


e0158128_17505757.jpg


文久3年8月17日(1863年9月29日)の五條代官所襲撃で殺されたのは、代官の鈴木源内をはじめ、役人の、長谷川岱祐、伊東敬吾、黒澤儀助、そして不運にもそこに居合わせた按摩師の嘉吉も巻き沿いになります。

また、後日、同じく役人の木村祐次郎、高橋勇蔵も落命します。

墓石は5基ですが、葬られているのは鈴木、長谷川、高橋、木村の4基と、伊東と黒澤が合祀された1基です。

嘉吉はここには葬られていません。


e0158128_17510266.jpg


代官の鈴木源内は700石の旗本で、前年に江戸から赴任してきたばかりでした。

温厚篤実な人物で、長寿の老人を表彰するなどして領民から慕われていたと伝わります。

幕府は、天領に対しては儒教風な善政主義をとり、代官を選任するときは、直参のなかから学識温で無欲な者を選びました。

由来、天領は大名への模範となる清廉な人物を任用したので、代官の中から汚職などの貪官汚吏が発生したことはほとんどなかったといいます。

いわゆる「悪代官」というのは、幕府直轄地にはほとんどいなかったようですね。

鈴木代官は、そういう幕府の考えを絵に描いたような代官で、善政への意欲が強く、殺される理由などどこにもありませんでした。


e0158128_17522385.jpg


中央のいちばん大きな墓石が鈴木源内の墓です。


e0158128_17535981.jpg


その左横が高橋勇蔵の墓。


e0158128_17541684.jpg


右横が長谷川泰助の墓。


e0158128_17560699.jpg


左出前が黒崎儀助伊東敬吾が合祀された墓。


e0158128_17561076.jpg


そして右手前が木村祐次郎の墓。

木村は、司馬遼太郎の短編『五条陣屋』で主人公のひとりとして描かれた人物です。

彼ら6人の首は、五条の須恵の道端に晒され、捨て札が立てられました。

捨て札に書かれた罰文は、司馬氏の『五条陣屋』のものを引用します。


「この者ども、近来違勅の幕府の意を受け、もっぱら有志(志士)の者を押えつけ、幕府を朝廷同様に心得、わずか三百年来の恩義を唱え、開闢以来の天恩を忘却し、これがため皇国を辱かしめ、夷荻の助けと成り侯事もわきまえず、かつ収斂の筋もすくなからず、罪重大、よって天誅を加える者也」


上記は司馬さんの創作ですが、おそらく似たようなものだったでしょう。

皇国を辱かしめたのは、どっちでしょうね。


e0158128_17583032.jpg


これらの墓は事件終息後、地元の人々が資金を出し合って建立したそうです。

幕府直轄地の役人だったという、ただそれだけで殺された5人。

維新後、天誅組の面々にことごとく位階が贈られ、靖国神社に祀られたのに対して、ひっそりと五條の領民たちとともに眠る6人。

いかに靖国神社というところが、維新後の薩長史観によって利用された偏った政治的神社であるかがわかりますね。

あんまり言うと炎上するので、このへんにしておきます。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-10 01:29 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その9 「民俗資料館(五條代官所長屋門)」

「その8」で紹介した五條代官所跡のすぐ近くに、天誅組の史跡公園があります。

ここには、五條代官所の長屋門があり、民俗資料館として天誅組の史料などが展示されています。


e0158128_16030788.jpg


公園の入口には、「明治維新発祥の地」と書かれた大きな看板塔があります。

「発祥の地」とはちょっと言い過ぎの感はありますが、まあ、天誅組が倒幕の導火線にはなったかもしれません。


e0158128_16042765.jpg


ここにも、「さきがけの地」と書かれた説明駒札が。


e0158128_16064786.jpg


こちらの石碑にも、「明治維新発祥地」と刻まれた銘板が埋め込まれています。

どうしても、天誅組の変があったから明治維新が成ったということにしたいみたいです。


e0158128_16064928.jpg


石碑の裏側には、「明治100年記念事業として、旧代官所跡(現史跡公園)に建立」と記されています。


e0158128_16083793.jpg


公園内です。

向こうに見えるのが五條代官所の長屋門です。


e0158128_16084028.jpg


こちらの石碑は「天誅組一五〇年記念碑」とありますから、つい最近建てられたもののようですね。

手前の石板には、乾十郎、井澤宜庵、橋本若狭という五條出身の天誅義士3人の名が刻まれています。


e0158128_16140862.jpg


文久3年8月17日(1863年9月29日)に天誅組に襲撃されて焼き討ちされた五條代官所に代わり、翌年の元治元年(1864年)10月、この地に幕府が新たな代官所を立て直しました。

明治3年(1870年)、代官所は五條県発足の折りに五條県庁となり、その後、警察大屯所中学校などに利用されていたそうですが、明治10年(1877年)に五條区裁判所となり、現在に至っています。

裁判所の改築の際、正門である長屋門と広場を五條市が譲り受け、広場を史跡公園、長屋門を民俗資料館として整備されたそうです。


e0158128_16141180.jpg


つまり、この長屋門は天誅組襲撃時のときのものではないということですね。

天誅組義挙の翌年に建てられたものということです。


e0158128_16141389.jpg
e0158128_16141615.jpg


長屋門は全長40mで、門脇に戸をつけ、その横に見張りのための出格子の窓をつけた番所がありました。


e0158128_16141994.jpg


長屋門の中は、天誅組資料館として古文書などの史料や天誅組史跡の写真パネルなどが展示されています。


e0158128_16214646.jpg
e0158128_16214907.jpg
e0158128_16215249.jpg


せっかくなので、吉村寅太郎のマグカップを購入しました。

坂本龍馬西郷隆盛などのグッズはいろんな観光地で売っていますが、吉村のマグカップは、ちょっとレアでしょう?(笑)

他にも藤本鉄石、松本奎堂のマグカップもありましたが、さすがにマニアックすぎて手が出ませんでした(笑)。

800円です。


e0158128_16222290.jpg


こちらは、長屋門下の石垣です。

なんか、城跡っぽくていいですね。


e0158128_16222831.jpg


現在はこうして五條市の観光誘致の顔となっている天誅組ですが、当時の五條の民衆にとっては、天誅組義挙というのはどのような事件だったのでしょうね。

観光案内の紹介文などでは、民衆は天誅組に協力的だったように書かれていましたが、果たしてそうだったでしょうか?

当時の幕府直轄地の民衆は、わりと恵まれた暮らしだったといいます。

五條の人たちにとっては、平穏な暮らしに突然襲いかかった暴徒でしかなかったんじゃないかと思うんですけどね。



「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-04 02:03 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その8 「五条代官所跡」

文久3年8月17日(1863年9月29日)に五條に入った天誅組は、五條代官所を襲撃します。

現在、代官所のあった場所は五條市役所になっています。


e0158128_15593777.jpg


庁舎前の噴水池付近小庭園に、「五條代官所跡」と刻まれた石碑説明板があります。


e0158128_15562062.jpg


午後4時頃、代官所を包囲した天誅組は、代官の鈴木正信(源内)に降伏を要求。

ゲベール銃隊を率いる池内蔵太が空砲で威嚇し、吉村寅太郎が率いる槍隊が裏門から突入しました。

突然の出来事に驚いた代官がこれを拒否するや、天誅組はすかさず武力で代官所を制圧。

代官所の人数は30人程で、意気軒昂な天誅組になす術もなく代官所方は敗北し、鈴木源内以下、5名が殺害されました。

その後、天誅組は代官所を焼き払います。


e0158128_15594012.jpg


なぜ天誅組が五條で旗揚げしたのかというと、天皇の行幸予定地である奈良に近かったことはもちろんですが、五條は幕府の直轄地であり、代官所の警備も手薄であったこと、古くから勤皇で知られた十津川郷が近く、いざというときには連携できるという思惑があったからでした。


e0158128_15594300.jpg


彼らがやったことは、どう考えても天誅とは言えず、単なるテロリズムでした。

妄信的尊皇攘夷を唱え、幕府の役人というだけで代官を殺害して首を晒し、やがて自滅していきます。

後世の二・二六事件における陸軍青年将校たちや、昭和の全学連のようなものだったでしょう。

天誅組をして「維新の魁」などと言う人がいますが、わたしは賛同できませんね。

ピュアなだけで大局観がなく、猪突猛進型青二才たちが起こした愚かしい事件と言わざるを得ません。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-03 01:38 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その7 「岡八幡宮」

文久3年8月17日(1863年9月29日)、国境の千早峠を越えて大和国に入った天誅組一行は、昼過ぎ、五條北方にある岡八幡宮で休息しました。


e0158128_15420999.jpg


このとき天誅組は100人以上に膨れ上がっていたといいます。


e0158128_15404906.jpg


鳥居の横には、天誅組を紹介する看板が設置されていました。

馬上は主将の中山忠光

このとき若干19歳です。

この人の姉が明治天皇の生母なので、明治天皇の叔父にあたります。

薄化粧を施し、緋絨の鎧に鍬形を打った兜をつけ、馬に乗った忠光の姿を見た何も知らない地元民たちは、役者の顔見世かと思ったという伝承が残っているそうです。


e0158128_15435309.jpg


鳥居の奥には割拝殿があります。


e0158128_15435506.jpg


割拝殿の奥にも鳥居があり、その向こうに本殿があります。


e0158128_15451226.jpg


中央に祀られているのが品陀和気命、右が天照大神、左が春日大神です。

かなり傷んでいます。


e0158128_15463348.jpg


境内には、かつてあった御神木の切り株が屋根に守られて鎮座しています。


e0158128_15491705.jpg
e0158128_15492071.jpg


説明板によると、御神木は本能寺の変があった天正10年(1582年)に植えられものと想定されていたそうですが、枯れてきたために昭和49年(1974年)に伐採したそうです。

かつては幹の直径が約2m、高さは30mに及ぶ巨木で、4m上で二又に別れ、地元では夫婦杉と称されてその威容を誇っていたそうです。

天誅組一行も、この巨木を見上げて勝利を誓ったかもしれません。


e0158128_15492325.jpg


切り株の根本に建てられた駒札にも、天誅組の説明が。


e0158128_15492879.jpg


こちらにも説明板があります。


e0158128_15505328.jpg


境内東側の広場です。

ここに一行が集結したのでしょうか?

天誅組の面々はここで隣の窪田家から湯茶の接待を受けたといわれています。


e0158128_15521695.jpg


北を見れば、金剛山が聳えます。

一行はあの千早峠を超えてやってきました。


e0158128_15521937.jpg


南には、五條の街が見下ろせます。

ひとときの休息を終えた天誅組一行は、陣形を整え、午後3時頃に代官所をめざして丘を駆け下って行きました。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-02 00:13 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(2)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その6 「千早峠」

文久3年8月17日(1863年9月29日)午前に観心寺に集まった天誅組一行は、大和国五條に向かうべく千早峠を東に進みました。

峠越えは急峻なため、千早村で三日市からの駕籠人足を返し、新たに千早村に100人の人足と駕籠10挺を徴発しようとしたそうですが、しかし、村では要求された駕籠と人数が整わず、三日市の人足18人を雇い、駕籠6挺を借りて、ようやく人足97人と駕籠を揃えて一行に差し出したといいます。

また、新たに木綿三反を購入し、菊の紋の旗を掲げました。


e0158128_15351733.jpg


当時の千早峠超えのコースとは少し違うようですが、現在、千早峠越えの街道は国道310号線となっています。

その頂上付近のトンネルの中が大阪府と奈良県の県境になっていて、そのトンネルを抜けると、奈良県五條市が一望できます。


e0158128_15351913.jpg


幕末の頃の五條は幕府の直轄地でした。

当時は「天領」と呼ばれていたはずです。

天領には殿様はおらず、幕府から代わる代わる代官が派遣されます。

代官は代官所にて政務を行いますが、幕藩体制が確立していた江戸時代においては、代官所の規模は諸藩と比べて規模が小さく警備も手薄でした。

幕末の五条代官所では、南大和7万石に対して代官1人、幕臣の手付3人、お抱えの手代10人(士分)しかいなかったといいます(他に下働きの足軽、中間はいました)。

7万石をわずか十数人の役人で統治していたわけですから、襲うのも容易なことだったでしょう。

そこに天誅組が目をつけたんですね。

そのあたりの内部事情は、五条出身の天誅組隊士だった乾十郎から、中山忠光吉村寅太郎ら幹部に筒抜けだったようです。


e0158128_15352286.jpg


標高700mを超える千早峠の頂上から見る五條の景色は、吸い込まれそうで少し足が竦みました。

中山、吉村ら天誅組の面々は、きっとこの景色を眺めて武者震いをしていたんじゃないでしょうか?

まだこのときは、孝明天皇大和行幸は行われると信じていたでしょうから。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-09-28 01:46 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その5 「観心寺」

三日市の宿場を早朝に発った天誅組一行は、河内の観心寺に立ち寄りました。

観心寺には、彼ら勤王の志士たちの精神的支柱である楠木正成首塚や、第97代天皇にして南朝第2代天皇の後村上天皇陵があります。


e0158128_15030499.jpg


山門横の大楠公騎馬像です。


e0158128_15050842.jpg


観心寺の寺伝によると、大宝元年(702年)に役小角によって開かれ、当初は雲心寺と称したとされますが、天長4年(827年)に空海がこの地を訪れ、「観心寺」の寺号を与え、その一番弟子の実恵が実質的な開祖となった寺院です。


e0158128_15111280.jpg


国宝金堂です。


e0158128_15142897.jpg


そして、こちらが正成の首塚


e0158128_15143285.jpg


天誅組一行は、この首塚前に勢ぞろいして戦勝祈願をしたといいます。

結成当初は38人だった天誅組も、ここに詣でたときには100人を超えていました。

彼らが尊敬してやまない大楠公の首塚を前に、士気は大いに高まったといいます。


e0158128_15184469.jpg


首塚前の広場を挟んで向かい側には、「天誅組讃蹟碑」があります。


e0158128_15184888.jpg


石碑の高さが260cm、幅が115cm厚さ19cm、台石の高さが45cmというどデカい石碑です。


e0158128_15202885.jpg


文章は漢文なので、わたしでは読解できません。


e0158128_15224554.jpg


観心寺では、地元の吉年米蔵という人物が握飯草鞋を100人分準備して待っていました。

米蔵は、ここで帰ろうとしましたが、中山忠光が許さず次の千早村まで同行したそうです。

また、軍資金を調達に出ていた藤本鉄石が合流したのも、ここ観心寺でした。


e0158128_15225134.jpg


石碑と首塚の間の広場です。

100人ぐらい余裕で集えます。


e0158128_15225442.jpg


おそらく、このロケーションは天誅組の面々が目にした光景とさほど変わっていないでしょう。

ここで士気を高めた天誅組は、いよいよ大和国に向けて出発します。



「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。





ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-09-26 21:07 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その4 「油屋本陣蹟」

文久3年8月16日(1863年9月28日)の夜に狭山を出発した天誅組一行は、翌17日未明、高野街道の三日市宿で休息を取ります。

このとき主将の中山忠光が泊まったと伝わる旅籠・油屋の跡地には、現在、「油屋本陣天誅組史跡」と刻まれた石碑と、門構えを演出したモニュメントが設置されています。


e0158128_14522876.jpg


三日市町は大阪高野山のちょうど中間地点に位置します。

昔の旅人は1日に8里(約32km)ほど歩いたといいますが、大阪から高野山の間がおよそ16里で、その中間地点の三日市が、朝、大阪を出発して夕方頃に着く場所だったため、古くから宿場町として栄えました。


e0158128_14523119.jpg


なかでも「油屋」は、江戸時代、本業は菜種油の製造・販売を営みながら、高野詣の本陣格の旅籠として有名だったそうです。


e0158128_14523468.jpg


ここが天誅組の宿場となったのは、天誅組河内勢のリーダーで天誅組小荷駄奉行となった水郡善之祐が、油屋の主人、油屋庄兵衛と親交があったためと伝わります。

ここ油屋に中山忠光をはじめ幹部たちが泊まり、残りの浪士や人足たちは、脇陣の菊屋鍋屋などで休息をとりました。


e0158128_14523840.jpg


モニュメントの説明書きによると、このとき当主の油屋庄兵衛は、三日市近在の村からの人足徴用や駕籠の手配などの世話をしたと伝えられているそうです。


e0158128_14564088.jpg
e0158128_14564394.jpg
e0158128_14564631.jpg


油屋本陣跡前の旧高野街道沿いには、いまも当時を偲ばせる古い家屋がいくつか建ち並びます。


e0158128_14565079.jpg


「三田市宿」再生しましょう・・・だそうです。


e0158128_14592324.jpg
e0158128_14592636.jpg


三日市駅前には、石碑や説明板などが設置されています。


e0158128_14592963.jpg


その一角には、今年(2018年)に設置されたばかりの楠木正成像が。

石像は、当時は多聞丸という名だった少年・正成に兵学を教える大江時親の姿です。

彼ら天誅組がこのコースを選んだのは、勤王の志士たちの精神的支柱である楠木正成ゆかりの地を通って士気を高める狙いだったといいます。

夜が明けて三日市を発った一行は、楠木正成ゆかりの観心寺に向かいます。



「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-09-25 00:34 | 天誅組の足跡を訪ねて | Comments(0)