人気ブログランキング |

タグ:乾十郎 ( 5 ) タグの人気記事

 

天誅組の足跡を訪ねて。 その16 「賀名生皇居跡(堀家住宅)」

櫻井寺本陣から天辻本陣に南下するちょうど中間地点あたりに、賀名生(あのう)という山里があるのですが、かつてここは、南北朝時代の一時期、南朝の行宮所が置かれた場所です。

現在、その場所は賀名生の里歴史公園として観光用に公園整備されています。


e0158128_23020273.jpg


延元元年/建武3年(1336年)12月28日、後醍醐天皇(第96代天皇・南朝初代天皇)は京を逃れて吉野山に潜行しますが、その途中、天皇は一時この地に滞在したと伝えられます。

そのとき、後醍醐天皇を手厚くもてなしたのが地元郷士の堀孫太郎信増という人物で、その後も、その縁で後村上天皇(第97代天皇・南朝第2代天皇)、長慶天皇(第98代天皇・南朝第3代天皇)、後亀山天皇(第99代天皇・南朝第4代天皇)はこの地に入られたときも、皇居となりました。


e0158128_23040928.jpg


この賀名生の里に、櫻井寺本陣から天辻本陣に移る途中の天誅組の面々が立ち寄ったと伝えられます。


e0158128_23303427.jpg


文久3年8月20日(1863年10月2日)に櫻井寺本陣から天辻本陣に移った天誅組は、その道中、かつて後醍醐天皇を手厚くもてなした堀孫太郎信増の子孫の邸に立ち寄ります。

地元出身の乾十郎らの手引きがあったのかもしれません。

現在、その堀家の屋敷が公園内に残っています。


e0158128_23303731.jpg


このとき、堀家で後醍醐天皇の遺品を見た吉村寅太郎は、そこが戦火に巻き込まれないようにと、「皇居」と書いた扁額を冠木門に掲げました。

それが、これ。


e0158128_23093164.jpg


墨の色がまったく色褪せてないやん!・・・と思ってしまいますが、実はこれはレプリカで、本物は隣の「賀名生の里歴史民俗資料館」に展示されています。


e0158128_23304174.jpg


資料館内は撮影禁止だったため実物の扁額の写真は撮れなかったのですが、博物館内で撮影OKだった観光マップの写真を見ると、写真左端になんとなく写りこんでいました。

これぐらいなら許していただけるでしょうか?


e0158128_23092858.jpg


屋敷はいまも「堀家」様の住居として使用されておられるそうで、見学には事前の申込みが必要だそうです。

この日は申込みをしていなかったので、外観の写真のみ。


e0158128_23094051.jpg


この日は日曜日だというのに、観光客はわたしひとりでした。

人里はなれた山里だし、天誅組とか南朝行宮とか、マニアックですからね。

ここは、以前の拙稿(太平記を歩く。 その147 「賀名生南朝皇居跡」)でも紹介していますので、よければ一読ください。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-21 22:16 | 天誅組の足跡を訪ねて | Trackback | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その14 「森田節齋宅跡・顕彰碑」

五條は、幕末の思想家・森田節齋の出身地です。

森田節齋は頼山陽に学び、頼三樹三郎梅田雲浜、宮部鼎造らと親しく交わり、その門下には吉田松陰久坂玄瑞がいました。

そして、同じ五條出身で天誅組の隊士となった乾十郎も、森田節齋に学びました。


e0158128_18543016.jpg


現在、市内の住宅地の一角に、「森田節齋宅跡」と刻まれた石碑があります。


e0158128_18543474.jpg


説明板です。

サビサビで一部読めません。


e0158128_18583157.jpg


石碑から500mほど北上したところには、森田節齋頌徳碑が建立されています。


e0158128_18583453.jpg


文久3年8月17日(1863年9月29日)、天誅組が五條の地で挙兵すると、京にいた節齋は中川宮朝彦親王へ上申するなどの援護運動をしたといいます。

その行動で幕府に目をつけられた節齋は、紀伊国に逃れて髪をおろし、愚庵と号して身を潜め、明治改元目前の慶応4年7月26日(1868年9月12日)、病でこの世を去ります。


e0158128_18583887.jpg


一説には、天誅組が五條で挙兵したのは、尊皇攘夷思想の指導者だった節齋の出身地であったことも理由のひとつだったと言われます。


e0158128_18584163.jpg


この頌徳碑は、明治42年(1909年)、勤皇の志士たちに多大な影響を与えた維新の功労者として節斎に従四位の位階が追贈され、それを記念して、義捐金を募って大正2年(1912年)に建てられたそうです。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-18 01:28 | 天誅組の足跡を訪ねて | Trackback | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その12 「乾十郎宅跡・顕彰碑・墓所」

「その11」で紹介した櫻井寺の南側に、五條出身の天誅組隊士・乾十郎の住居がありました。

現在、その跡地には石碑が建てられています。


e0158128_18251927.jpg


乾十郎は4歳にして孟子を諳んじるほどの秀才だったといい、同じく五條出身の森田節斎儒学を、その弟の仁庵医学を、そして京に出て梅田雲浜国学を学びます。


e0158128_18252205.jpg


大坂に出て町医を開業した後、再び五條に戻って医者をする傍ら、吉野川に放流する材木に課せられる材木税不当として紀州藩に撤廃を談じ込み成功させたり、容認はされなかったものの、吉野川の水を大和平野に疎通させて灌漑設備を整えようと上書したりしています。


e0158128_18252591.jpg


現在は櫻井寺の南の大通りより一筋南の細い路地に石碑が建ちますが、当時は、櫻井寺の門前に住居があったそうで、挙兵前は五條代官所に近いこの地で代官所の様子を探り、挙兵後は櫻井寺に本陣を布く手筈を整えたといいます。


e0158128_18294566.jpg


近くには、乾十郎顕彰碑が建てられています。


e0158128_18294899.jpg


贈正五位乾十郎先生顕彰碑」と刻まれています。

乾は明治24年(1891年)に靖国に合祀され、明治31年(1898年)に正五位を贈られました。

天誅組隊士のほとんどが、明治に入って名誉回復となり、位階が贈られています。

でも、彼らのやったことは、所詮はテロリズム

幕府の役人というだけで何の罪のない代官を殺害し、それを「義挙」と言っているわけですからおかしな話です。

殺された鈴木正信(源内)たちのことを思えば、釈然としないものがあります。

明治政府の贈った位階というのは、自分たちが作った新政府を正当化するための道具に過ぎなかったというのが、よくわかりますね。


e0158128_18295228.jpg


顕彰碑裏面には、「獄中歌」と題して次の詩が刻まれています。


いましめの 縄は血汐に染まるとも あかき心は などかはるべき


いわゆる辞世の句ですね。

乾十郎の兄・乾竹次郎の孫である乾材三の揮毫で、碑は昭和12年(1939年)に建てられました。


e0158128_18315881.jpg


顕彰碑の前の石碑には、坂本龍馬勝海舟とも親交があったと書かれています。

これはあまり知られていませんが、いくつかの文献に出てくる話です。

文久3年6月2日(1863年7月17日)、土佐藩士で神戸海軍操練所の塾生だった廣井磐之助仇討を龍馬が助けますが、このとき見物人のなかに乾がいて、「助勢の士一同凱歌を唱。山号谷応じ、凄々愴々」と、その模様を伝えています。

また、同月11日、龍馬は勝海舟の使いとして乾のもとを訪ねていますが、伝わるところによると、陸奥陽之助(宗光)が水戸藩士兜惣助らに狙われている乾を救助してくれるよう龍馬に頼み、龍馬は乾を助けたといいます。

五條代官所襲撃2ヶ月前のこと。

せっかく龍馬に救ってもらった命を無駄に使っちゃいましたね。


e0158128_18362234.jpg


五條市岡口一丁目には、乾十郎の墓があります。


e0158128_18362502.jpg


司馬遼太郎の短編『五条陣屋』では、代官所の手代になり損ねて恨みを持っている狂人として描いています。

あるいは、多少そういう要素があったのかもしれません。


e0158128_18362830.jpg


天誅組壊滅のあと、乾は大阪に逃亡して潜伏していましたが、やがて捕縛されて京の六角獄(別稿:幕末京都逍遥 その90 「六角獄舎跡」)に投獄されます。

そして元治元年7月19日(1864年8月20日)の禁門の変(蛤御門の変)によって起きた大火災によって京都の町は火の海となり、火災に乗じて囚人が逃亡することを恐れた西町奉行所の役人・滝川具挙が、判決が出ていない状態のまま独断で囚人37名の処刑を断行しました。

そのなかには、乾を含む天誅組隊士16名が含まれていました。

獄舎で斬首された乾らの遺体は、西の京刑場にまとめて埋められ、その後、幕末のドサクサのなか忘れ去られていましたが、それから13年後の明治10年(1877年)、化芥所(ごみ処理施設)となっていた西の京刑場跡から姓名を朱書した瓦片と多数の白骨が発見され、調査の結果、これらは六角獄舎で斬首された乾らの遺骨であることがわかり、あらためて京都の竹林寺に移葬されました(別稿:幕末京都逍遥 その92 「竹林寺」)。


e0158128_18363208.jpg


この墓がいつ建てられたものなのか、京都の竹林寺から分骨されたのか、そのへんの情報はわかりませんでした。

まあ、他の天誅組隊士たちも、複数の墓が存在する場合が多いですからね。

乾の墓は大阪市天王寺区の正念寺にもあるそうです。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-12 00:46 | 天誅組の足跡を訪ねて | Trackback | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その9 「民俗資料館(五條代官所長屋門)」

「その8」で紹介した五條代官所跡のすぐ近くに、天誅組の史跡公園があります。

ここには、五條代官所の長屋門があり、民俗資料館として天誅組の史料などが展示されています。


e0158128_16030788.jpg


公園の入口には、「明治維新発祥の地」と書かれた大きな看板塔があります。

「発祥の地」とはちょっと言い過ぎの感はありますが、まあ、天誅組が倒幕の導火線にはなったかもしれません。


e0158128_16042765.jpg


ここにも、「さきがけの地」と書かれた説明駒札が。


e0158128_16064786.jpg


こちらの石碑にも、「明治維新発祥地」と刻まれた銘板が埋め込まれています。

どうしても、天誅組の変があったから明治維新が成ったということにしたいみたいです。


e0158128_16064928.jpg


石碑の裏側には、「明治100年記念事業として、旧代官所跡(現史跡公園)に建立」と記されています。


e0158128_16083793.jpg


公園内です。

向こうに見えるのが五條代官所の長屋門です。


e0158128_16084028.jpg


こちらの石碑は「天誅組一五〇年記念碑」とありますから、つい最近建てられたもののようですね。

手前の石板には、乾十郎、井澤宜庵、橋本若狭という五條出身の天誅義士3人の名が刻まれています。


e0158128_16140862.jpg


文久3年8月17日(1863年9月29日)に天誅組に襲撃されて焼き討ちされた五條代官所に代わり、翌年の元治元年(1864年)10月、この地に幕府が新たな代官所を立て直しました。

明治3年(1870年)、代官所は五條県発足の折りに五條県庁となり、その後、警察大屯所中学校などに利用されていたそうですが、明治10年(1877年)に五條区裁判所となり、現在に至っています。

裁判所の改築の際、正門である長屋門と広場を五條市が譲り受け、広場を史跡公園、長屋門を民俗資料館として整備されたそうです。


e0158128_16141180.jpg


つまり、この長屋門は天誅組襲撃時のときのものではないということですね。

天誅組義挙の翌年に建てられたものということです。


e0158128_16141389.jpg
e0158128_16141615.jpg


長屋門は全長40mで、門脇に戸をつけ、その横に見張りのための出格子の窓をつけた番所がありました。


e0158128_16141994.jpg


長屋門の中は、天誅組資料館として古文書などの史料や天誅組史跡の写真パネルなどが展示されています。


e0158128_16214646.jpg
e0158128_16214907.jpg
e0158128_16215249.jpg


せっかくなので、吉村寅太郎のマグカップを購入しました。

坂本龍馬西郷隆盛などのグッズはいろんな観光地で売っていますが、吉村のマグカップは、ちょっとレアでしょう?(笑)

他にも藤本鉄石、松本奎堂のマグカップもありましたが、さすがにマニアックすぎて手が出ませんでした(笑)。

800円です。


e0158128_16222290.jpg


こちらは、長屋門下の石垣です。

なんか、城跡っぽくていいですね。


e0158128_16222831.jpg


現在はこうして五條市の観光誘致の顔となっている天誅組ですが、当時の五條の民衆にとっては、天誅組義挙というのはどのような事件だったのでしょうね。

観光案内の紹介文などでは、民衆は天誅組に協力的だったように書かれていましたが、果たしてそうだったでしょうか?

当時の幕府直轄地の民衆は、わりと恵まれた暮らしだったといいます。

五條の人たちにとっては、平穏な暮らしに突然襲いかかった暴徒でしかなかったんじゃないかと思うんですけどね。



「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。




ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-10-04 02:03 | 天誅組の足跡を訪ねて | Trackback | Comments(0)  

天誅組の足跡を訪ねて。 その6 「千早峠」

文久3年8月17日(1863年9月29日)午前に観心寺に集まった天誅組一行は、大和国五條に向かうべく千早峠を東に進みました。

峠越えは急峻なため、千早村で三日市からの駕籠人足を返し、新たに千早村に100人の人足と駕籠10挺を徴発しようとしたそうですが、しかし、村では要求された駕籠と人数が整わず、三日市の人足18人を雇い、駕籠6挺を借りて、ようやく人足97人と駕籠を揃えて一行に差し出したといいます。

また、新たに木綿三反を購入し、菊の紋の旗を掲げました。


e0158128_15351733.jpg


当時の千早峠超えのコースとは少し違うようですが、現在、千早峠越えの街道は国道310号線となっています。

その頂上付近のトンネルの中が大阪府と奈良県の県境になっていて、そのトンネルを抜けると、奈良県五條市が一望できます。


e0158128_15351913.jpg


幕末の頃の五條は幕府の直轄地でした。

当時は「天領」と呼ばれていたはずです。

天領には殿様はおらず、幕府から代わる代わる代官が派遣されます。

代官は代官所にて政務を行いますが、幕藩体制が確立していた江戸時代においては、代官所の規模は諸藩と比べて規模が小さく警備も手薄でした。

幕末の五条代官所では、南大和7万石に対して代官1人、幕臣の手付3人、お抱えの手代10人(士分)しかいなかったといいます(他に下働きの足軽、中間はいました)。

7万石をわずか十数人の役人で統治していたわけですから、襲うのも容易なことだったでしょう。

そこに天誅組が目をつけたんですね。

そのあたりの内部事情は、五条出身の天誅組隊士だった乾十郎から、中山忠光吉村寅太郎ら幹部に筒抜けだったようです。


e0158128_15352286.jpg


標高700mを超える千早峠の頂上から見る五條の景色は、吸い込まれそうで少し足が竦みました。

中山、吉村ら天誅組の面々は、きっとこの景色を眺めて武者震いをしていたんじゃないでしょうか?

まだこのときは、孝明天皇大和行幸は行われると信じていたでしょうから。




「天誅組の足跡を訪ねて。」シリーズの他の稿はこちらから。
   ↓↓↓

天誅組の足跡を訪ねて。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


更新を通知する


by sakanoueno-kumo | 2019-09-28 01:46 | 天誅組の足跡を訪ねて | Trackback | Comments(0)