人気ブログランキング |

タグ:佐川官兵衛 ( 2 ) タグの人気記事

 

八重の桜 第28話「自慢の娘」 ~西郷頼母と佐川官兵衛~

 山川大蔵ら主力部隊が入城して、一時的に活気づいた鶴ヶ城内でしたが、戦況は悪化の一途をたどっていくばかりでした。会津国境に出陣して守備していた主力兵が城に戻ったことで、新政府軍は続々と会津領に侵入します。日に日に増強されていく新政府軍に対して、会津藩には援軍の見込みもなく、まったくの孤立無援状態でした。それでも、会津軍首脳は徹底抗戦の姿勢を崩しません。そんななか、家老・西郷頼母はひとり降伏恭順の道を主張します。

 頼母の説くところによれば、この城はもはや保ち難く、ここら辺で、主君・松平容保をはじめ、自身も含めた重臣全員が腹を切り、それで事態を収拾させよというものでした。しかし、他の重臣たちは「そのようなことは、まだ早い」といって聞き入れず、主君の自害などとんでもないとはねつけます。負け戦をこれ以上続けて無益な血を流すより、戦争責任のある幹部の首と引き換えに戦を終結させ、残った者に会津再建を託そうという主張で、いま聞けば真っ当な主張のような気がしますね。しかし、当時の美徳はそうではなく、主君のために玉砕するは誉れ高きことで、ましてや主君に自害を推めるなど武士の風上にも置けないことでした。結局、頼母の主張に賛同するものはひとりもおらず、そればかりか、西郷は自制心を失っているとして軍議から外されました。そんな頼母に、容保は追い打ちを掛けるように、城外に駐留する部隊への伝令と、米沢藩への救援要請に向かうよう命じます。本来、この程度の任務は家老の役目ではなく、つまりは主命にかこつけた追放処分でした。

 「頼母、生きよ・・・。」

 頼母が会津を去ったあとに容保がひとり呟いた台詞ですが、つまりドラマの設定としては、このまま降伏を主張した頼母が会津にいては、藩内主戦派から命を狙われる恐れがあり、そうならないために容保が頼母を逃したという設定でしょうか? なるほど、そう解釈できなくはないですし、そのほうが感動的なシナリオではありますが、はたしてどうでしょうね。頼母を追放したあと容保は、家老・梶原平馬に命じて頼母を暗殺するよう刺客を送らせたという説もあります(結局、刺客の任にあたった者たちは、敢えて頼母を追わずに暗殺は実行されませんでした)。どうもこのドラマでは、容保という人が美しく描かれ過ぎているような気がします。

 籠城戦が始まって1週間が過ぎようとしていた慶応4年(1868年)8月28日夜、会津軍は城下の敵を一掃すべく大作戦を発令します。田中蔵人率いる朱雀士中二番隊、原田主馬率いる朱雀三番隊、春日佐久良率いる別撰隊、杉浦丈右衛門率いる正奇隊、田中左内率いる砲兵隊、小室金吾左衛門率いる進撃隊、辰野源左衛門率いる歩兵隊、間瀬岩五郎率いる朱雀足軽二番隊など約1000人の部隊が編成され、29日早朝を期して突撃するというものでした。戦況劣勢の会津軍にとっては、起死回生の作戦でした。

 出撃の前夜、壮行会が催され、容保より隊員一同を励ますためにが下賜されます。この席で総督の佐川官兵衛は、
「臣誓って西兵を撃攘せん、若し不幸にして利あらずんば再び入城して尊顔を拝せず」(『會津戊辰戦史』)
と、感涙にむせびながら並々ならぬ決意を述べ、これに感激した容保は、官兵衛に正宗の刀を下賜して激励します。ところが、その官兵衛が痛恨のミスを犯します。なんと、酒を飲み過ぎて寝過ごしてしまい、奇襲の機を逸してしまいます。なんともお粗末なミステイクですね。結果的にこの「大寝坊」がアダとなって会津軍はこの戦い(長命寺の戦い)に惨敗、この日の会津側の戦死者は110人とも170人ともいわれ、城下での戦いがはじまった8月23日以降、最大の死傷者を出す結果となりました。「失敗したら二度と城内には戻らない」と豪語した官兵衛。その言葉どおり、これ以後、降伏開城まで二度と入城することはなかったといいますが、当然ですよね。大事な大一番の決戦当日に主将が深酒で寝坊なんて、これこそ切腹ものか、軽くて追放処分ですよ。現代のサラリーマンでも、大切なプレゼン当日に責任ある立場の者が前夜の深酒で寝坊なんて、よくて降格・左遷、ヘタすりゃクビもんですよね。そんな官兵衛が最後まで会津藩兵を指揮し、恭順を唱えた頼母が追放された歴史を、後世の私たちはどう見るか・・・ですね。やっぱ、どう見ても、藩主の無能に尽きるのではないかと・・・。

 「自慢の娘」というタイトルでしたが、八重が容保の前で不発弾を分解して弾の仕組みを説明したというエピソードは、先走って前話の稿(参照:第27話)でふれてしまったので、よければそちらもご一読ください。



ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2013-07-16 16:57 | 八重の桜 | Trackback(2) | Comments(0)  

八重の桜 第25話「白虎隊出陣」 〜母成峠の戦いから十六橋の戦い〜

 奥羽越列藩同盟の瓦解によって枝葉刈りをほぼ終えた新政府軍は、いよいよ根本である会津藩鶴ヶ城下への突入を目指し、慶応4年(1868年)8月20日を期して進撃を開始。二本松を出陣した新政府軍約2000人は、会津国境のひとつ石筵口から母成峠に迫ります。母成峠を超えて猪苗代まで進めば、鶴ヶ城下まではもうわずか。新政府軍の指揮をとっていた土佐藩・板垣退助と薩摩藩・伊地知正治は、ここを突破して一気に鶴ヶ城下に攻め込む狙いでした。

 迎え撃つ会津藩側も、石筵口防衛のため母成峠を固めます。さらに、旧幕府歩兵奉行・大鳥圭介率いる伝習隊土方歳三率いる新選組も援軍に加わり、仙台、二本松藩兵の残党も守備に加勢しました。しかし、その数約800人。新政府軍との兵力の差は歴然としており、21日に両軍は激突するも、濃霧のため敵の発見が遅れたことも重なって、あえなく母成峠を突破されてしまいます。

 母成峠を破った新政府軍は、土砂降りの雨のなかを怒涛のように進撃。22日の夕方には先鋒隊が猪苗代湖北岸にある十六橋にたどり着きます。この十六橋を渡って戸ノ口原滝沢峠を超えれば、鶴ヶ城下は目前です。この橋が破壊されると、大きく迂回するか湖水を渡らなければ、会津には入れません。双方にとって勝敗を決する重要な橋でした。会津藩の猛将・佐川官兵衛も、もちろんこの橋の重要性は理解していたでしょうが、橋の破壊の指令が遅く、土工兵が橋げたの破壊を開始したとき、薩摩藩・川村与一郎率いる先鋒隊の銃撃を受け、たちまち橋を占領されてしまいました。出足の遅れが致命傷でした。橋の重要性を熟知しておきながら、なぜ破壊の指示がおくれたのでしょう? 「今やろうと思ってたのに〜!」ではすみません。勇猛果敢な猛将として知られる佐川官兵衛ですが、指揮官としての無為無策っぷりが露呈した戦だったといえます。

 十六橋をめぐる攻防戦が始まる少し前、会津藩前藩主・松平容保は城を出て滝沢峠の麓にある滝沢村に向かいました。その護衛として白虎隊士中隊も同行します。白虎隊は16歳から17歳の少年たちで構成された部隊というのは周知のところだと思いますが、さらに隊は士中隊、寄合隊、足軽隊と分かれていて、容保に同行した士中隊は、上級武士から構成される部隊です。その分、武士としての気位覚悟も植え付けられていたでしょう。

 容保が滝沢に本陣を置いてまもなく、戸ノ口原で新政府軍と交戦中の正奇隊、敢死隊、遊撃隊苦戦しているという報告が入り、援軍の要請を受けます。しかし、残っていたのは老年の藩士たちと白虎隊の少年たちだけでした。援軍の要請を受けた容保は、悩みに悩んだ末、白虎隊の出陣という苦渋の決断をします。本来、白虎隊は予備兵力でした。出陣を命じられた白虎隊士中二番隊は、日向内記を隊長とする42名の少年たち。敵は鶴ヶ城から約二里のところまで迫っており、兵力も戦況も劣勢のなか、予備兵力でしかも戦経験のない少年兵たちを送り込んでも「焼け石に水」であることは、火を見るより明らかでした。にもかかわらず白虎隊に出陣命令を下した容保。苦渋の決断というには、あまりにも浅はか短絡的としかいいようがありません。容保にしても官兵衛にしても、そんな会津軍執行部の無為無策によって、多くの尊い命が失われて行くんですね。戦場において、指揮官の無能ほど大罪はありません。


ブログ村ランキングに参加しています。
よろしければ、応援クリック頂けると励みになります。
   ↓↓↓


by sakanoueno-kumo | 2013-06-24 19:12 | 八重の桜 | Trackback(1) | Comments(0)