人気ブログランキング |

タグ:入場行進曲 ( 1 ) タグの人気記事

 

センバツ行進曲「キセキ」・・・妥当だね。

<センバツ>入場行進曲は「キセキ」に決定

春の甲子園の行進曲、今年は「キセキ」だそうです。
たぶん「満場一致」だったのではないでしょうか?
久々に行進曲らしい行進曲という気がします。
息子が野球部で(まだ中学生だが)、昨年はこの曲を腐るほど聞かされました。
高校野球ファンの私としては、毎年このニュースを聞くと気持ちが昂ぶってきます。

歴代の行進曲を調べてみました。
***********************************************************************
センバツ高校野球入場行進曲一覧

1924年度――星条旗よ永遠なれ(ほか)
1925年度――カレドニアン・マーチ
1926年度――親しき戦友
1927年度――<入場式中止>
1928年度――モン・パリ・バレンシア
1929年度――観兵式行進曲
1930年度――われら戦友
1931年度――旧大会歌
1932年度――爆弾三勇士の歌
1933年度――青年度
1934年度――大会歌
1935年度――大会歌
1936年度――大会歌
1937年度――大会歌
1938年度――愛国行進曲
1939年度――大陸行進曲
1940年度――紀元2600年度奉祝歌
1941年度――国民進軍歌

戦争のため5年度間中断

1947年度--剣と槍
1948年度--鐘の鳴る丘
1949年度--異国の丘
1950年度--ハイスクール
1951年度--スポーツショー
1952年度--君が代マーチ
1953年度--黄色いリボン
1954年度--錨を上げて
1955年度--セントルイズ・ブルース
1956年度--雷神
1957年度--緑のこだま
1958年度--クワイ河マーチ
1959年度--皇太子のタンゴ
1960年度--誕生日
1961年度--バッファロー大隊マーチ
1962年度--上を向いて歩こう(坂本九)
1963年度--いつでも夢を(橋幸夫・吉永小百合)
1964年度--今日は赤ちゃん(梓みちよ)
1965年度--幸せなら手をたたこう(坂本九)
1966年度--ともだち(坂本九)
1967年度--世界の国から今日は(大阪万博テーマ曲)
1968年度--世界は二人のために(相良直美)
1969年度--三百六十五歩のマーチ(水前寺清子)
1970年度--世界の国から今日は
1971年度--希望(岸洋子)
1972年度--また逢う日まで(尾崎紀世彦)
1973年度--虹をわたって(天地真理)
1974年度--草原の輝き(アグネスチャン)
1975年度--おかあさん(森昌子)
1976年度--センチメンタル(岩崎宏美)
1977年度--ビューフル・サンデー(田中星児)
1978年度--愛のメモリー(松崎しげる)
1979年度--季節の中で(松山千春)
1980年度--ヤングマン(西城秀樹)
1981年度--青い珊瑚礁(松田聖子)
1982年度--ルビーの指環(寺尾聡)
1983年度--聖母たちのララバイ(岩崎宏美)
1984年度--キャツツ・アイ(杏里)
1985年度--星屑のステージ(チェツカーズ)
1986年度--青春(岩崎良美)
1987年度--Cha‐Cha‐Cha(石井明美)
1988年度--夢冒険(酒井法子)
1989年度--パラダイス銀河(光GENJI)
1990年度--約束(相川恵里=花と緑の博覧会テーマ曲)
1991年度--おどるポンポコリン(B‐B‐クイーンズ)
1992年度--どんなときも(槙原敬之)
1993年度--今ありて(大会歌)
1994年度--負けないで(ZARD)
1995年度--がんばりましよう(SMAP)
1996年度--TOMORROW(岡本真夜)
1997年度--これが私の生きる道(Puffy)
1998年度--硝子の少年度(KinKi Kids)
1999年度――長い間(Kiroro)
2000年度――ファーストラブ(宇多田ヒカル)
2001年度――TSUNAMI(サザンオールスターズ)・イエスタデイ、ブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ、
          ヘイ・ジュード(ビートルズ)
2002年度――明日があるさ「ウルフルズ」
2003年度――TSUNAMI(サザンオールスターズ)と、ビートルズの「イエスタデイ」
          「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」「ヘイ・ジュード」の3曲のメドレー
2004年度――世界に一つだけの花(SMAP)
2005年度――君こそスターだ(桑田佳祐)
2006年度――青春アミーゴ(修二と彰)
2007年度――TOKIO宙船(そらふね)(TOKIO)
2008年度――蕾(コブクロ)
2009年度――キセキ(GReeeeN)
***********************************************************************
こうして見ると長い歴史があるものです。
私的には甲子園の行進曲にピッタリだと思うのは1992年の「どんなときも」と1996年の「TOMORROW」の2曲。
まさにこのために作られたような曲だと当時思ったものです。
今年の「キセキ」はこの2曲に匹敵するかもしれません。

センバツが楽しみになってきました。

以下、記事本文引用
************************************************************************
<センバツ>入場行進曲は「キセキ」に決定
 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で3月21日に開幕する第81回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の入場行進曲が16日、男性グループ「GReeeeN(グリーン)」の「キセキ」に決まった。リーダーのHIDE(ヒデ)さん(28)は「聴いた人が熱くなれるようにと作った曲。甲子園では、熱い思いで頑張ってほしい」と球児にエールを送る。
 メンバー4人は、現役の歯学部生と歯科医師。東北の大学歯学部で出会い、全員が在学中の07年1月にデビューした。音楽と学業・職業を両立させるため、テレビ出演やライブなど顔を出す活動は一切していない。
 「キセキ」は、高校野球を舞台にしたテレビドラマ「ROOKIES(ルーキーズ)」(昨年4~7月放映)の主題歌。依頼を受け、一部のメンバーが受験した昨年2月の歯科医師国家試験直後に、約1週間で完成させた。曲はドラマとともに大ヒットし、CDの売り上げ枚数は08年のオリコン年間ランキングで4位になった。
 曲名の「キセキ」は、今まで歩んできた道のりの「軌跡」と、偶然起こる「奇跡」の二つの意味を持つ。HIDEさんは「野球でも、日々の積み重ねと試合での一瞬がある。日々の生活で忘れてしまいそうな大事なことを、この曲を聴いて思い出してもらえたら」と語る。
 HIDEさんとともに作詞を担当した92(クニ)さん(27)は「やりたいことを見つけたら、がむしゃらにやるべきだ。一生懸命に頑張っている人の思い出の曲になるのはうれしい」と話した。

by sakanoueno-kumo | 2009-01-17 00:15 | 高校野球 | Trackback | Comments(0)